キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?

この記事の所要時間: 334




空城も計 孔明

 

三国志演義』、諸葛孔明による第一次北伐の際のエピソードに

登場するのが有名な『空城の計』です。

 

馬謖の敗退によって窮地に陥る蜀軍。

 

司馬仲達率いる魏の軍勢15万が迫った時、

城を守る孔明にはわずか2000名の兵士が付き従うのみでした。

 

このピンチを乗り切るために孔明が用いた策略こそが『空城の計』です。

 

一体どんな作戦だったのでしょうか?




そもそも籠城戦のメリットとは?

548e8ccb150cdadf2b899ee096598f06_m

城や砦に立てこもって守りに徹する戦い方を籠城戦と呼びます。

 

城や砦は高い城壁に囲まれ、守りやすく攻めにくい場所です。

 

また、多くの場合、城や砦は高い場所に建設されていますが、

これは高い位置から見渡すことで敵軍の規模や行動を把握しやすくする狙いの他、敵軍に勾配を登って攻略する必要を強いる効果があります。

 

更に、高い位置から弓を用いて攻撃することが可能で、より効率的に敵兵を狙い撃つこともできます。

 

城を力攻めにすることは、攻め手にとって重い負担となり、落とせたとしても多数の犠牲を強いられることになります。

かの兵法書『孫子』にも、城攻めは下策とあり、むやみに籠城する敵を攻撃してはいけないと戒めています。




じゃあ、籠城すれば必ず勝てるの?

食べ物 経済の安定

もちろん、籠城すれば必ず勝てるというわけではありません。

守り手にとって籠城戦が有効となるのは、いくつかの条件が揃った場合だけです。

 

・城内の物資の備蓄が十分であること。

・城外からの援軍が期待できること。

・敵軍が城攻めできる期間が限られていること・

 

籠城戦に持ち込んだ場合、守備側にとってまず不安の材料となるのは物資、特に食糧の備蓄です。

城の中に立てこもって戦うわけですから、当然城内にある食料の備蓄はどんどん目減りすることになります。

外部から補給をうけられる状況であれば別ですが、普通はこの食料の備蓄が、籠城する側にとっての生命線になるわけです。

 

つまり、籠城戦はその性質上、継続可能な期間が限定される戦術でもあるわけです。

攻め手にとっては城を包囲した上でただ待っているだけで、城内では食糧がなくなっていき、敵兵が勝手に餓死してくれるわけですから。

 

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

 

城攻めに有効な水攻めとは?

水攻め 写真

 

地勢的な条件が整っている場合、攻め手が包囲した城を水攻めにすることもあります。

城の近くに河川がある場合は、堤防を作って河をせき止め、城全体を水没させて守り手側の弱体化を早めることが狙いです。

 

実際に水攻めを用いた事例としては、曹操が下邳城に立てこもる呂布軍を攻略する際に行ったものが有名ですね。

また、羽柴秀吉による備中高松城の戦いも良く知られているところです。

 

 

それでも、守る側にとって籠城戦は極めて有効な戦術

蒟蒻問答 孔明と張飛

 

上記の通り、籠城戦にはいくつものデメリットがあることも事実です。

しかし、少数の兵で多数の軍勢に対抗するために籠城戦が有効であるという事は間違いない事実です。

 

ただし、これも戦力の差があまりに極端な場合は話が違ってきます。

第一次北伐の際の孔明と仲達の戦力差では、本来籠城戦も有効な手段とは言えない状況だったのです。

そこで、孔明が思いついた窮余の一策が『空城の計』でした。

 

『空城の計』とは?

諸葛孔明

 

『兵法三十六計』の第三十二計に書かれているのが『空城計』(空城の計)です。

敵軍に比して自軍が圧倒的に劣勢である場合、籠城戦を試みても勝つことは困難となります。

そこで、敵軍に自軍の兵力を錯覚させるために用いるのが『空城の計』です。

 

読んで字のごとく、『空城の計』とは城の門を開け放ち、一見、守備を放棄したように見せかける戦術です。

敵軍の指揮官が有能で慎重であれば、敵が城内に自軍を誘いこみ、伏兵で攻撃しようと構えていると疑い攻めこんでこなくなる、という寸法です。

 

関連記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

なぜ司馬仲達は『空城の計』に引っかかったのか?

司馬イ仲達

 

孔明は兵士たちに城の中を掃き清め、門を開け放ち、姿を隠して音を立てないように命じます。

そして自分は城門の上で香を焚き、琴を奏でました。

 

孔明の様子を知った司馬仲達は、これが孔明の奇策であると疑います。

仲達と共に従軍してた息子の司馬昭は、これが孔明の『空城の計』であることを看破して城内に攻め入ることを進言しますが、

仲達は孔明程の知恵者が危ない橋を渡るとは考えにくいとし、城の中に伏兵がいることを案じて撤退してしまいました。

 

実は、この時の孔明の『空城の計』は、相手が司馬仲達のような有能な指揮官であったからこそ、

その心理的な落とし穴につけ込むことの出来た作戦であったと言えるでしょう。

 

仲達が孔明の思惑を深読みしたばかりに、その奇計を恐れさせたのです。

 

もし相手が物を考えない無能な指揮官であれば、何も考えずに城内に突撃、そのまま城は攻め落とされていたに違いありません。

 

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:何から読めばいいの? 三国志入門向けの小説と漫画を紹介!!

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったのか?

関連記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

 

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

孔明 劉備の剣とハンコ

 

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

よく読まれてる記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

 

劉備読書

 

よく読まれてる記事:何で日本人は三国志が好きなの?

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

関連記事

  1. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  2. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  3. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  4. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司…
  5. 三国志って何?はじめての人向け
  6. 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった?
  7. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  8. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!
  2. これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術
  3. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック!
  4. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  5. 黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話
  6. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!! 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた? 黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?

おすすめ記事

  1. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操軍】
  2. 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長
  3. インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ!
  4. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  5. 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名使者
  6. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  8. 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP