日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗

この記事の所要時間: 310




13人の妻達(曹操)

 

曹操(そうそう)は子沢山であり、同時に複数の妻を娶った女好きでも知られます。

ところが、この曹操(そうそう)は美女に夢中になった為に、

曹安民(そうあんみん)や曹昴(そうこう)、そして典韋(てんい)

という猛将を失った事があります。

 

前回記事:33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操




美女、鄒氏(すうし)との出会い

鄒氏

 

西暦197年、張繡(ちょうしゅう)という武将が曹操(そうそう)に降伏します。

曹操(そうそう)は、降伏した張繡(ちょうしゅう)に会いに行きますが、

その途中で絶世の美女鄒氏(すうし)を見つけて一目惚れしてしまいます。

 

聴けば鄒氏(すうし)は、張繡(ちょうしゅう)の戦死した叔父の妻で未亡人でした。

本来なら、諦めないといけない所ですが、メロメロになった曹操(そうそう)は

鄒氏(すうし)を強引に自分の妻にしてしまうのです。




曹操は強引に権力を使って自分の妻にした

曹操018

 

張繡(ちょうしゅう)に取っては鄒氏(すうし)は叔母の妻であり兄嫁です、

曹操(そうそう)の権力をカサに着た態度に張繡(ちょうしゅう)は怒りますが、

張繡(ちょうしゅう)が怒っていると知った曹操(そうそう)は、

逆に張繡(ちょうしゅう)を暗殺しようと策を巡らします。

 

これには張繡(ちょうしゅう)がブチ切れてしまい、

殺される前に殺してしまおうと曹操(そうそう)暗殺を決意するのです。

 

 

名参謀の賈詡(かく)が曹操暗殺を実行する

賈詡

 

この張繡(ちょうしゅう)には参謀として賈詡(かく)という男が付いていました。

後に曹操(そうそう)の参謀として活躍する人物です。

 

賈詡(かく)は、鄒氏(すうし)に夢中になり、

城から出ない曹操(そうそう)には暗殺出来る隙があると見て

曹操(そうそう)のボディーガードである豪傑、典韋(てんい)に

酒を贈って飲ませます。

 

 

 

典韋も酒を飲み油断する

典韋 悪来

 

典韋(てんい)が酒を飲んでいる間に賈詡(かく)は

胡車児(こしゃじ)という男に典韋(てんい)の武器を盗ませます。

 

それから、賈詡(かく)は城の回りを手勢で囲んで一斉に踏み込んだのです。

典韋(てんい)は慌てて武器を手に取ろうとしますが、

すでに武器は奪われ、どうにもなりません。

 

典韋は鬼のような強さを発揮

鬼 典韋

 

典韋(てんい)は素手で張繡(ちょうしゅう)の配下と戦い、

武器を奪って奮戦します。

泥酔しているにも関わらず、典韋(てんい)は鬼のように強く

張繡(ちょうしゅう)軍は、典韋(てんい)の守る門を抜けません。

典韋(てんい)は最後には、無数の矢を受けて

ハリネズミのようになりながら、立ったまま絶命したと言われます。

 

しかし、典韋(てんい)が守る門以外は呆気なく開かれてしまい、

曹操(そうそう)は、ようやく事態を知って、狼狽してしまいます。

怒涛の如く進んで来る張繡(ちょうしゅう)軍に対し、

こちらは少数、、戦況は圧倒的に不利でした。

 

曹操の息子たちが曹操を守る

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

ですが、この時に曹操(そうそう)の子である

曹昴(そうこう)、そして曹操の甥にあたる曹安民(そう・あんみん)が

進み出て、曹操(そうそう)を守るべく死力を尽くして戦います。

 

二人は曹操(そうそう)を逃がす事に成功しますが、自分達は逃げ切れず、

張繡(ちょうしゅう)の手に掛かって戦死してしまうのです。

 

曹操(そうそう)は猛将である典韋(てんい)、

そして息子の曹昴(そうこう)、曹安民(そう・あんみん)を失った事で、

声を上げて号泣し、自分の油断を責めたのです。

 

名参謀・ 賈詡(かく)のがまた活躍をする

曹操VSかく

 

この張繡(ちょうしゅう)は、その後、劉表(りゅうひょう)を頼って

曹操(そうそう)と戦い、賈詡(かく)の活躍もあり

何度か曹操(そうそう)を敗走させますが、

後に曹操(そうそう)が袁紹(えんしょう)と対立するようになると、

 

「今ならば、曹操(そうそう)は袁紹(えんしょう)に勝つ事を優先し、

殿が降伏しても喜んで受け入れるでしょう、、」

 

という賈詡(かく)の進言を受け入れて曹操(そうそう)に降伏し

軍師の賈詡(かく)と共に順調に昇進していく事になります。

 

曹操も敵である軍師を受け入れる

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

この時に曹操(そうそう)が部下と息子、甥の仇として

張済(ちょうさい)を討たなかったのは、袁紹(えんしょう)を相手に

味方が必要という事もあったのですが、

自分の油断と奢りが張済(ちょうさい)を背かせたという

失敗への反省があったからだと思います。

 

流石は曹操(そうそう)、仇を恨んで済ますのではなく、

自分の奢りを認識できる所は天下統一の寸前まで行った

英傑足る人であると思いますね。

 

関連記事:偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

関連記事:意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  2. 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?
  3. 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?
  4. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  5. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  6. 【出世の花道】三国志時代の人々はどのように出世した?
  7. 曹操が遺言で見せた女性への愛情
  8. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  2. 【シミルボン】首絞め、兜取り、不意打ち何でもありの三国志時代の一騎打ち
  3. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  4. 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家
  5. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  6. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集! 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣 キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか? 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】
  2. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  3. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  5. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  6. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  7. 上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?
  8. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP