編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗

この記事の所要時間: 310




13人の妻達(曹操)

 

曹操(そうそう)は子沢山であり、同時に複数の妻を娶った女好きでも知られます。

ところが、この曹操(そうそう)は美女に夢中になった為に、

曹安民(そうあんみん)や曹昴(そうこう)、そして典韋(てんい)

という猛将を失った事があります。

 

前回記事:33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操




美女、鄒氏(すうし)との出会い

鄒氏

 

西暦197年、張繡(ちょうしゅう)という武将が曹操(そうそう)に降伏します。

曹操(そうそう)は、降伏した張繡(ちょうしゅう)に会いに行きますが、

その途中で絶世の美女鄒氏(すうし)を見つけて一目惚れしてしまいます。

 

聴けば鄒氏(すうし)は、張繡(ちょうしゅう)の戦死した叔父の妻で未亡人でした。

本来なら、諦めないといけない所ですが、メロメロになった曹操(そうそう)は

鄒氏(すうし)を強引に自分の妻にしてしまうのです。




曹操は強引に権力を使って自分の妻にした

曹操018

 

張繡(ちょうしゅう)に取っては鄒氏(すうし)は叔母の妻であり兄嫁です、

曹操(そうそう)の権力をカサに着た態度に張繡(ちょうしゅう)は怒りますが、

張繡(ちょうしゅう)が怒っていると知った曹操(そうそう)は、

逆に張繡(ちょうしゅう)を暗殺しようと策を巡らします。

 

これには張繡(ちょうしゅう)がブチ切れてしまい、

殺される前に殺してしまおうと曹操(そうそう)暗殺を決意するのです。

 

 

名参謀の賈詡(かく)が曹操暗殺を実行する

賈詡

 

この張繡(ちょうしゅう)には参謀として賈詡(かく)という男が付いていました。

後に曹操(そうそう)の参謀として活躍する人物です。

 

賈詡(かく)は、鄒氏(すうし)に夢中になり、

城から出ない曹操(そうそう)には暗殺出来る隙があると見て

曹操(そうそう)のボディーガードである豪傑、典韋(てんい)に

酒を贈って飲ませます。

 

 

 

典韋も酒を飲み油断する

典韋 悪来

 

典韋(てんい)が酒を飲んでいる間に賈詡(かく)は

胡車児(こしゃじ)という男に典韋(てんい)の武器を盗ませます。

 

それから、賈詡(かく)は城の回りを手勢で囲んで一斉に踏み込んだのです。

典韋(てんい)は慌てて武器を手に取ろうとしますが、

すでに武器は奪われ、どうにもなりません。

 

典韋は鬼のような強さを発揮

鬼 典韋

 

典韋(てんい)は素手で張繡(ちょうしゅう)の配下と戦い、

武器を奪って奮戦します。

泥酔しているにも関わらず、典韋(てんい)は鬼のように強く

張繡(ちょうしゅう)軍は、典韋(てんい)の守る門を抜けません。

典韋(てんい)は最後には、無数の矢を受けて

ハリネズミのようになりながら、立ったまま絶命したと言われます。

 

しかし、典韋(てんい)が守る門以外は呆気なく開かれてしまい、

曹操(そうそう)は、ようやく事態を知って、狼狽してしまいます。

怒涛の如く進んで来る張繡(ちょうしゅう)軍に対し、

こちらは少数、、戦況は圧倒的に不利でした。

 

曹操の息子たちが曹操を守る

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

ですが、この時に曹操(そうそう)の子である

曹昴(そうこう)、そして曹操の甥にあたる曹安民(そう・あんみん)が

進み出て、曹操(そうそう)を守るべく死力を尽くして戦います。

 

二人は曹操(そうそう)を逃がす事に成功しますが、自分達は逃げ切れず、

張繡(ちょうしゅう)の手に掛かって戦死してしまうのです。

 

曹操(そうそう)は猛将である典韋(てんい)、

そして息子の曹昴(そうこう)、曹安民(そう・あんみん)を失った事で、

声を上げて号泣し、自分の油断を責めたのです。

 

名参謀・ 賈詡(かく)のがまた活躍をする

曹操VSかく

 

この張繡(ちょうしゅう)は、その後、劉表(りゅうひょう)を頼って

曹操(そうそう)と戦い、賈詡(かく)の活躍もあり

何度か曹操(そうそう)を敗走させますが、

後に曹操(そうそう)が袁紹(えんしょう)と対立するようになると、

 

「今ならば、曹操(そうそう)は袁紹(えんしょう)に勝つ事を優先し、

殿が降伏しても喜んで受け入れるでしょう、、」

 

という賈詡(かく)の進言を受け入れて曹操(そうそう)に降伏し

軍師の賈詡(かく)と共に順調に昇進していく事になります。

 

曹操も敵である軍師を受け入れる

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

この時に曹操(そうそう)が部下と息子、甥の仇として

張済(ちょうさい)を討たなかったのは、袁紹(えんしょう)を相手に

味方が必要という事もあったのですが、

自分の油断と奢りが張済(ちょうさい)を背かせたという

失敗への反省があったからだと思います。

 

流石は曹操(そうそう)、仇を恨んで済ますのではなく、

自分の奢りを認識できる所は天下統一の寸前まで行った

英傑足る人であると思いますね。

 

関連記事:偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

関連記事:意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を…
  2. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部
  4. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせ…
  5. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  6. よりぶりんって、何者?
  7. 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  8. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  2. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  3. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/24〜7/31】
  5. 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大富豪大戦』をAppStoreにて配信をスタート
  6. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る! 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰? ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落ちした魏の武将 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/3〜7/9】

おすすめ記事

  1. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?
  2. 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  4. ドリフターズの主人公・島津豊久ってマイナーだけど何をした人なの?
  5. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  6. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将
  7. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  8. もう!待ちきれない真三国無双8の発売日はいつ?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP