よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介




官渡の戦いと2

 

官渡(かんと)の戦いとは、曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)の

両雄の間で行われた、長江以北の覇権を決定づけた戦争の事です。

 

この戦いで袁紹(えんしょう)は没落し、

魏の勢力範囲がほぼ決定した重要な戦争でもあります。

 

狭い意味では、官渡決戦のみを指しますが、広義には官渡の前哨戦である、

白馬・延津の戦いや最期の烏巣急襲までを含めている事もあります。

 

しかし、戦いが長い上に登場人物も多いので、ここでは要点だけを

纏めて官渡決戦について紹介致しましょう。

 

前回記事:43話:孫策、後事を孫権に託して病没する




曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)の勢力範囲

朝まで三国志 袁紹

 

袁紹・・・冀州、并州、青州、幽州(現在の河北、山西、山東)

曹操・・・兗州、櫲州、司隷、徐州(現在の河南から江蘇省長江以北)




②両者の動員兵力(三国志演義による)

曹操軍

 

袁紹・・・総兵力70万人

曹操・・・総兵力7万人

 

 

③白馬・延津の戦い

顔良&文醜

 

袁紹(えんしょう)は、曹操(そうそう)の下にいた劉備(りゅうび)が

徐州を占拠して反曹操(そうそう)を宣言した隙を突いて、

17万の兵力を率いて、黄河を渡り曹操(そうそう)軍の拠点、

白馬と延津を襲いました。
それを知った曹操(そうそう)は、急いで劉備(りゅうび)を蹴散らし、

白馬と延津に取って返します。

 

袁紹軍の総大将は、顔良(がんりょう)でしたが、曹操(そうそう)は

荀攸(じゅんゆう)の助言に従い、自軍を二分して干禁(うきん)を

陽動作戦に使い、白馬から数キロ離れた延津に移動させます。

 

顔良(がんりょう)は、これに掛かり、軍を二手に分けて、延津には7万、

白馬には、自身が10万の兵力を持って渡海。

 

それを見た曹操(そうそう)は、15万の全力で白馬の顔良に襲いかかり、

曹操軍にいた関羽(かんう)が顔良(がんりょう)を斬り殺しました。

 

袁紹(えんしょう)は次に、文醜(ぶんしゅう)を繰り出していきます、

ですが、再び、荀攸8じゅんゆう)の計略に掛かり

囮の輜重隊に襲いかかり、文醜(ぶんしゅう)は孤立して討ち取られます。

※演義では、関羽(かんう)が討ち取った事になっています。

 

④官渡の戦い

袁紹 曹操

 

緒戦で勝利した曹操(そうそう)ですが、袁紹(えんしょう)軍の本隊が

渡海してくると、形成を不利と見て、白馬と延津を廃棄し、

かねてより築城していた官渡城に入ります。

袁紹(えんしょう)軍は、70万人という大軍に対して、

曹操(そうそう)が動員できたのは7万人と10分の1しかなく、

加えて兵糧に乏しい状態。

 

曹操(そうそう)は短期決戦を狙い、袁紹(えんしょう)の70万の大軍に、

細かく兵を出し損害を与えます、袁紹(えんしょう)大軍を活かし、

軍を左右に大きく広げて、曹操(そうそう)軍を包み込む戦略を採用しました。

 

包囲殲滅を恐れた曹操(そうそう)は、官渡城に籠城し、ここから、

官渡の戦いは籠城の持久戦に突入していきます。

 

⑤烏巣の急襲

2128ee6fb985ffd3d2b047ff9f39c711_m

 

持久戦でもっとも疲弊したのは曹操(そうそう)軍でした。

官渡城は完全に包囲され、食糧は、袁紹(えんしょう)軍の輜重隊を

襲って奪うという状態であり、曹操(そうそう)も不安を覚えて、

許都に撤退を考え手紙を送って、戦略的な撤退を訴えます。

 

しかし、許都で留守を守る荀彧(じゅんいく)は、

「今、撤退すれば袁紹の追撃を受けて全滅は免れません。

天下を取りたいなら、今は辛抱です、勝機は必ず来ます」

と返信し、曹操(そうそう)は踏みとどまる決意をしました。

 

一方で袁紹(えんしょう)軍は、度重なる曹操軍の輜重隊への

襲撃に困り果てていました。

その被害数は、輜重の車が数千台という規模であり、

それがボディーブローのようにじわじわと効いてきたのです。

 

そこで、襲われるリスクを抑える為に、食糧の集積場所を減らし

烏巣(うそう)という場所に全ての食糧を集めて補給を円滑にする事を考えて実行します。

 

ところがこの情報は、袁紹(えんしょう)の配下にいたものの、

待遇が悪かった許攸(きょゆう)という人物が曹操軍に投降して曹操にもたらされます。

 

曹操(そうそう)に投降した許攸(きょゆう)は、

「袁紹軍の食糧庫は烏巣に集結していて守りも手薄、

僅かな手勢でも派遣すれば、これを焼き払える」と進言。

 

曹操(そうそう)は、この情報を信じて、烏巣に5千名の軽騎兵を派遣し、

手薄な警備兵を蹴散らして烏巣の食糧庫を焼き払います。

 

⑥官渡決戦、その後、、

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

これにより、形成は逆転、70万人の兵力は即座に、飢えるようになり

戦意を喪失、袁紹(えんしょう)は大慌てで包囲を解いて、黄河を越えて、

自領に引きかえしていきました。

 

この官渡の戦いは、短期決戦派と持久戦派で袁紹(えんしょう)軍の内部でも

意見の対立があり、袁紹(えんしょう)も優柔不断だったので、

対立は解消されませんでした。

 

敗戦後は、その抗争がさらに激化、袁紹(えんしょう)は対応に苦慮し、

西暦202年に病気を得て、死去しています。

 

関連記事:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

関連記事:顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:45話:象対蟻か?袁紹vs曹操




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!
  2. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷ん…
  3. 王翦の一族はその後どうなるの?秦の中華統一に貢献した一族
  4. 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話
  5. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  6. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  7. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  8. 三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  2. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者
  3. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  4. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚
  5. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  6. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

三國志雑学

  1. 羊コ 羊祜 魏と晋
  2. 結婚を喜ぶ孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志

おすすめ記事

狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く 【李傕・郭汜祭り 7日目】最期の勝者?仲間達を蹴落し勝ち残った董承(とうしょう) 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 張魯 劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上 【新企画】本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年』5/19(土)配信決定! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部

おすすめ記事

  1. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?
  2. 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道)
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介
  4. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器
  5. 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る 真田丸 武田信玄
  6. 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの? 周瑜と孫策
  7. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい
  8. あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP