ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介

この記事の所要時間: 334




官渡の戦いと2

 

官渡(かんと)の戦いとは、曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)の

両雄の間で行われた、長江以北の覇権を決定づけた戦争の事です。

 

この戦いで袁紹(えんしょう)は没落し、

魏の勢力範囲がほぼ決定した重要な戦争でもあります。

 

狭い意味では、官渡決戦のみを指しますが、広義には官渡の前哨戦である、

白馬・延津の戦いや最期の烏巣急襲までを含めている事もあります。

 

しかし、戦いが長い上に登場人物も多いので、ここでは要点だけを

纏めて官渡決戦について紹介致しましょう。

 

前回記事:43話:孫策、後事を孫権に託して病没する




①曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)の勢力範囲

朝まで三国志 袁紹

 

袁紹・・・冀州、并州、青州、幽州(現在の河北、山西、山東)

曹操・・・兗州、櫲州、司隷、徐州(現在の河南から江蘇省長江以北)




②両者の動員兵力(三国志演義による)

曹操軍

 

袁紹・・・総兵力70万人

曹操・・・総兵力7万人

 

 

③白馬・延津の戦い

顔良&文醜

 

袁紹(えんしょう)は、曹操(そうそう)の下にいた劉備(りゅうび)が

徐州を占拠して反曹操(そうそう)を宣言した隙を突いて、

17万の兵力を率いて、黄河を渡り曹操(そうそう)軍の拠点、

白馬と延津を襲いました。
それを知った曹操(そうそう)は、急いで劉備(りゅうび)を蹴散らし、

白馬と延津に取って返します。

 

袁紹軍の総大将は、顔良(がんりょう)でしたが、曹操(そうそう)は

荀攸(じゅんゆう)の助言に従い、自軍を二分して干禁(うきん)を

陽動作戦に使い、白馬から数キロ離れた延津に移動させます。

 

顔良(がんりょう)は、これに掛かり、軍を二手に分けて、延津には7万、

白馬には、自身が10万の兵力を持って渡海。

 

それを見た曹操(そうそう)は、15万の全力で白馬の顔良に襲いかかり、

曹操軍にいた関羽(かんう)が顔良(がんりょう)を斬り殺しました。

 

袁紹(えんしょう)は次に、文醜(ぶんしゅう)を繰り出していきます、

ですが、再び、荀攸8じゅんゆう)の計略に掛かり

囮の輜重隊に襲いかかり、文醜(ぶんしゅう)は孤立して討ち取られます。

※演義では、関羽(かんう)が討ち取った事になっています。

 

④官渡の戦い

袁紹 曹操

 

緒戦で勝利した曹操(そうそう)ですが、袁紹(えんしょう)軍の本隊が

渡海してくると、形成を不利と見て、白馬と延津を廃棄し、

かねてより築城していた官渡城に入ります。

袁紹(えんしょう)軍は、70万人という大軍に対して、

曹操(そうそう)が動員できたのは7万人と10分の1しかなく、

加えて兵糧に乏しい状態。

 

曹操(そうそう)は短期決戦を狙い、袁紹(えんしょう)の70万の大軍に、

細かく兵を出し損害を与えます、袁紹(えんしょう)大軍を活かし、

軍を左右に大きく広げて、曹操(そうそう)軍を包み込む戦略を採用しました。

 

包囲殲滅を恐れた曹操(そうそう)は、官渡城に籠城し、ここから、

官渡の戦いは籠城の持久戦に突入していきます。

 

⑤烏巣の急襲

2128ee6fb985ffd3d2b047ff9f39c711_m

 

持久戦でもっとも疲弊したのは曹操(そうそう)軍でした。

官渡城は完全に包囲され、食糧は、袁紹(えんしょう)軍の輜重隊を

襲って奪うという状態であり、曹操(そうそう)も不安を覚えて、

許都に撤退を考え手紙を送って、戦略的な撤退を訴えます。

 

しかし、許都で留守を守る荀彧(じゅんいく)は、

「今、撤退すれば袁紹の追撃を受けて全滅は免れません。

天下を取りたいなら、今は辛抱です、勝機は必ず来ます」

と返信し、曹操(そうそう)は踏みとどまる決意をしました。

 

一方で袁紹(えんしょう)軍は、度重なる曹操軍の輜重隊への

襲撃に困り果てていました。

その被害数は、輜重の車が数千台という規模であり、

それがボディーブローのようにじわじわと効いてきたのです。

 

そこで、襲われるリスクを抑える為に、食糧の集積場所を減らし

烏巣(うそう)という場所に全ての食糧を集めて補給を円滑にする事を考えて実行します。

 

ところがこの情報は、袁紹(えんしょう)の配下にいたものの、

待遇が悪かった許攸(きょゆう)という人物が曹操軍に投降して曹操にもたらされます。

 

曹操(そうそう)に投降した許攸(きょゆう)は、

「袁紹軍の食糧庫は烏巣に集結していて守りも手薄、

僅かな手勢でも派遣すれば、これを焼き払える」と進言。

 

曹操(そうそう)は、この情報を信じて、烏巣に5千名の軽騎兵を派遣し、

手薄な警備兵を蹴散らして烏巣の食糧庫を焼き払います。

 

⑥官渡決戦、その後、、

袁紹逝く! ゆるキャラ

 

これにより、形成は逆転、70万人の兵力は即座に、飢えるようになり

戦意を喪失、袁紹(えんしょう)は大慌てで包囲を解いて、黄河を越えて、

自領に引きかえしていきました。

 

この官渡の戦いは、短期決戦派と持久戦派で袁紹(えんしょう)軍の内部でも

意見の対立があり、袁紹(えんしょう)も優柔不断だったので、

対立は解消されませんでした。

 

敗戦後は、その抗争がさらに激化、袁紹(えんしょう)は対応に苦慮し、

西暦202年に病気を得て、死去しています。

 

関連記事:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

関連記事:顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:45話:象対蟻か?袁紹vs曹操




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  2. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し…
  3. 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  4. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を…
  5. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  6. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  7. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  8. 3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  3. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  4. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  5. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  6. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部 そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR) 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

おすすめ記事

  1. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  2. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  3. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  5. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり
  6. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  7. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!
  8. 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP