日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

この記事の所要時間: 255

三国時代 江戸

 

江戸時代、戦乱のない平和な時間は人々の知識欲を高め、

出版活動が盛んになりました。

これまで大陸から伝わった金属活字による印刷から

一枚彫りの木製版による印刷に変わり、挿絵の技術も発展したことも

出版業界に大きな影響を与えました。

 

学術書や教養書が数多く出版されるかたわら、

浮世絵や娯楽的な好色本などもたくさん出版されました。

物語性を重視した長編小説も登場し、

絵が中心の草双紙に対して、文章が中心の洒落本(しゃれぼん)という

ジャンルが誕生しました。

 

洒落本は、主に遊里を舞台としていて

男女の遊びを会話体で描いたものですが、

中にはこんな三国志のパロディまであったのです!

 

 

 

通人三国志

空城も計 孔明

作者:夢中楽介(むちゅうらくすけ)

成立:1781年刊

内容:

孔明のすすめで、劉備は関羽・張飛の義兄弟と共に日本へやってきます。

生活のために店でも開こうと、

吉原近くで三人は料亭を開きます。

 

孔明も中国で大きな借金を作り、借金取りをまいて来日し、

劉備のもとへ転がり込んできます。

 

ある日、司馬仲達が借金を取り立てにやってきます。

孔明は劉備に計略を授け、司馬仲達を無事に追い払いました。

 

(要するに借金を踏み倒したんですね……)

 

 

賛極史(さんごくし)

三人(魏 呉 蜀)

作者:千代丘(ちよおか)草庵主人

成立:1789年刊

内容:

劉備は孔明にあとのことを託して隠居し、名前を徳玄と改めます。

隠居先には孔明ゆかりの地である臥竜岡を選びます。

 

ある日、のんびりと暮らしている劉備のもとへ客人が訪れます。

なんと、曹操と孫権でした。

三人して昔を懐かしみ、物見遊山の旅行に出かけます。

道中、かつての戦いの日々を思い出したり懐かしんだりして会話が弾みます。

 

(名前を改めたくせに、文字をひっくり返しただけなんですね……)

 

 

通俗子

通俗子 張飛 女性

作者:昌平庵渡橋(しょうへいあんときょう)

成立:1800年刊

内容:

主人公宴徳(劉備玄徳らしいです)は、花扇という名の芸者に恋をしていました。

しかしそこへ不侫(関羽らしいです)が「待った」をかけます。

不侫も花扇に恋をしており、彼女を巡って二人は果し合いになります。

 

そこへ、「ちょっとお待ちよお二人さん!」と間に入ったのは

芸者の町妃(張飛らしいです!!)でした。

町妃はうまいこと立ち回って二人を仲直りさせた上に、

三人は意気投合して義兄弟の契りを結びます。

 

(なんと張飛が女性になってしまいました……!)

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

よく読まれてる記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

三国志平話

 

よく読まれてる記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

 

近藤勇と関羽

よく読まれてる記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

劉備読書

 

よく読まれてる記事:何から読めばいいの? 三国志入門向けの小説と漫画を紹介!!

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3…
  2. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  3. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…
  4. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  5. 【シミルボン】カルトの手法は変わらない太平道の信者獲得法
  6. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパル…
  7. なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?
  8. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将
  2. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  3. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  4. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!
  5. 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?
  6. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 116話:劉備、失意の中白帝城に没す! 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ 呂玲綺(りょれいき)とはどんな人?史実でも実在したの? 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント? 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  2. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  3. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?
  4. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  5. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  6. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  7. 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者
  8. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP