三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

通俗子 張飛 女性
この記事の所要時間: 255

三国時代 江戸

 

江戸時代、戦乱のない平和な時間は人々の知識欲を高め、

出版活動が盛んになりました。

これまで大陸から伝わった金属活字による印刷から

一枚彫りの木製版による印刷に変わり、挿絵の技術も発展したことも

出版業界に大きな影響を与えました。

 

学術書や教養書が数多く出版されるかたわら、

浮世絵や娯楽的な好色本などもたくさん出版されました。

物語性を重視した長編小説も登場し、

絵が中心の草双紙に対して、文章が中心の洒落本(しゃれぼん)という

ジャンルが誕生しました。

 

洒落本は、主に遊里を舞台としていて

男女の遊びを会話体で描いたものですが、

中にはこんな三国志のパロディまであったのです!

 

 

 

通人三国志

空城も計 孔明

作者:夢中楽介(むちゅうらくすけ)

成立:1781年刊

内容:

孔明のすすめで、劉備は関羽・張飛の義兄弟と共に日本へやってきます。

生活のために店でも開こうと、

吉原近くで三人は料亭を開きます。

 

孔明も中国で大きな借金を作り、借金取りをまいて来日し、

劉備のもとへ転がり込んできます。

 

ある日、司馬仲達が借金を取り立てにやってきます。

孔明は劉備に計略を授け、司馬仲達を無事に追い払いました。

 

(要するに借金を踏み倒したんですね……)

 

 

賛極史(さんごくし)

三人(魏 呉 蜀)

作者:千代丘(ちよおか)草庵主人

成立:1789年刊

内容:

劉備は孔明にあとのことを託して隠居し、名前を徳玄と改めます。

隠居先には孔明ゆかりの地である臥竜岡を選びます。

 

ある日、のんびりと暮らしている劉備のもとへ客人が訪れます。

なんと、曹操と孫権でした。

三人して昔を懐かしみ、物見遊山の旅行に出かけます。

道中、かつての戦いの日々を思い出したり懐かしんだりして会話が弾みます。

 

(名前を改めたくせに、文字をひっくり返しただけなんですね……)

 

 

通俗子

通俗子 張飛 女性

作者:昌平庵渡橋(しょうへいあんときょう)

成立:1800年刊

内容:

主人公宴徳(劉備玄徳らしいです)は、花扇という名の芸者に恋をしていました。

しかしそこへ不侫(関羽らしいです)が「待った」をかけます。

不侫も花扇に恋をしており、彼女を巡って二人は果し合いになります。

 

そこへ、「ちょっとお待ちよお二人さん!」と間に入ったのは

芸者の町妃(張飛らしいです!!)でした。

町妃はうまいこと立ち回って二人を仲直りさせた上に、

三人は意気投合して義兄弟の契りを結びます。

 

(なんと張飛が女性になってしまいました……!)

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

よく読まれてる記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

三国志平話

 

よく読まれてる記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

 

近藤勇と関羽

よく読まれてる記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇

劉備読書

 

よく読まれてる記事:何から読めばいいの? 三国志入門向けの小説と漫画を紹介!!

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. kawauso タイムスリップ 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイム…
  2. 劉禅 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  3. 曹沖 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  4. 曹操議員 これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  5. 朝まで三国志 曹操 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…
  6. 爆笑三国志 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  7. 気球 三国志 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  8. photo credit: Searching via photopin (license) 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 関羽
  3. 三国志 居酒屋
  4. photo credit: Rebellious Phase via photopin (license)
  5. photo credit: Les Eaux Tremblantes via photopin (license)
  6. キングダム 政
  7. 朝まで三国志
  8. 劉備
  9. 水滸伝
  10. 8月分週間まとめ

おすすめ記事

  1. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑) 曹操&袁紹花嫁泥棒
  2. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将 夏侯覇
  3. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン ナポレオンと曹操
  4. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将 真田丸 武田信玄
  5. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い 子供 桃園
  6. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介 朝まで三国志

三國志雑学

  1. 呉夫人
  2. 陶謙
  3. 王莽
  4. 袁術と孫策
  5. 董允 劉禅

ピックアップ記事

  1. 魔王曹操
  2. 曹操
  3. 始皇帝
  4. 袁術
  5. 9-2_インスタグラム
  6. 曹丕
  7. 西遊記 三国志
  8. photo credit: Blooms in the dark (greenfly)! via photopin (license)

おすすめ記事

曹丕 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ! 諸葛一族 魏や呉にもいた諸葛一族の話 photo credit: Taliessin's Folly via photopin (license) 棗祇(そうし)とはどんな人?新しい兵糧収入法を考え曹操の覇業を支えた功臣 岳飛 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.2 photo credit: Fishing Net Float via photopin (license) 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの? 孫策 たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策 太平道 黄巾賊 6話:三国志は黄巾の乱から始まった photo credit: Searching via photopin (license) 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書と言われるの?

おすすめ記事

  1. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ かなえ 鼎
  2. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! 劉備読書
  3. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 吉川元春 wiki
  4. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! 竹 f
  5. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの? 魯粛の生涯07 曹操
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部 朝まで三国志
  7. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か? 石川
  8. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り 戦え于禁㈰03

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP