はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

84話:龐統登場と同時に左遷(笑)

この記事の所要時間: 337

周瑜逝く

 

劉備(りゅうび)が荊州を手中に収めた頃、

呉の重臣、周瑜(しゅうゆ)が死にます。

 

孔明(こうめい)は劉備の名代で、その葬儀に参加しますが、

この時に周瑜の柩を運んできた人物の中に龐統(ほうとう)を発見します。

 

前回記事:83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃

 

孔明と龐統の関係性

孔明 龐統 軍師

 

二人は荊州で司馬徽(しば・き)に学んでいた頃からの同門であり、

孔明は龐統の才能を高く評価していました。

 

孔明:「今は、どうしているのだ龐統、呉に仕えているのか?」

 

龐統:「いやあ、、残念ながら俺は必要ではないらしい、、

今でも仕官もせずブラブラしているさ」

 

孔明は、それを聞くと、すかさず紹介状を書いて、

龐統に劉備に仕官するように言いました。

 

龐統は、この紹介状を懐に、荊州に渡り、劉備に面会を願い出ています。

 

劉備に対しても横柄な龐統

龐統

 

ところが、この龐統、身なりも構わず、言葉使いも横柄で

相手が劉備だろうと少しも態度を改めません。

 

しかも、龐統は折角、孔明から貰った紹介状も、

懐に仕舞ったまま、劉備に見せませんでした。

 

劉備:(なんじゃ、こいつは、、

これが人に雇ってもらおうという態度か気にいらんのう)

 

龐統を仕方なく採用した劉備

龐統 ガチャポン

 

劉備は、不採用にしようかとも思いましたが、

荊州を領有したばかりで人手が必要だったので、

学者だという龐統の事務処理能力を買って、

ド田舎の来陽県に飛ばしてしまいます。

 

龐統は反論もせずに来陽県に赴任したものの、

それからは仕事もせず、朝から晩まで執務室で酒ばかり

飲んで時間になったら帰るというグータラ生活を送ります。

 

まったく仕事をしない龐統

龐統2

 

仕事が山のように溜まっても放置している龐統に来陽県の

県民は我慢できなくなり、劉備に直訴しました。

 

「県令が仕事をしてくれません、何とかして下さい」

 

劉備は驚き、かつ怒りましたが、真相を確かめようと

監督官として張飛(ちょうひ)を来陽県に派遣しました。

 

張飛を派遣した劉備

長坂の戦い 張飛

 

来陽県に就くと、裁判所の前には、訴訟の決済を求める

人々が列を造り、役所では、役人達が仕事もできずに

困っていました。

 

張飛:「やい!県令、お前、どういう料簡(りょうけん)でいやがる!」

 

張飛は龐統の執務室に怒鳴りこむと、龐統は、

昼寝の真っ最中です。

 

「やあ、これは、張将軍、こんなド田舎へ、何用だね?」

 

張飛:「やあ!じゃねえんだ、お前、仕事もしないで

酒ばかり飲んでいるようだな!!

一体、何が気に喰わないで、こんな事をする!」

 

すると、龐統は大あくびをして答えました。

 

龐統:「ああ、仕事の催促ですか、あほらしい、

こんな田舎の仕事なぞ半日あれば片付く、、

どおれ、、やってみましょうか」

 

龐統は、顔を洗って歯を磨き、

衣服を整えると、裁判所に向かいました。

 

すると、どうでしょう、龐統は起訴状を一読するだけで、

テキパキと判決を下していきます。

法律書も読まないのに、その判決は的を射ていて、

妥当で、役人達も目を丸くしています。

 

列を成していた訴訟人達は、あっと言う間にいなくなりました。

 

龐統:「さて、次は役所だな、、ああ、退屈だ、、」

 

今度は、役所に入ると、机に山のように積まれた書類を

流れるように見て、印を押し、担当の役人に正確な指示を出して

いきました。

 

それまで、死んだようだった役所は、一気に忙しくなり

役人は対応にてんてこまいです。

 

結局、なんだかんだでお昼前には、来陽県の仕事は、

全て、片付いてしまいました。

 

張飛:「すげえ、、あんた、一体、何者なんだ!」

 

龐統:「荊州、襄陽の出身で龐統士元と申す、、

あだ名は鳳雛(ほうすう)、、ああ、そう言えば、

孔明と魯粛(ろしゅく)からの紹介状があったな、、」

 

張飛は紹介状を受け取るとびっくり仰天、

すぐに襄陽の劉備に、この事を連絡しました。

 

劉備もまさか龐統があの鳳雛に驚き

雷怖くない 能ある劉備

 

劉備も張飛からの連絡を受けて大慌て、、

劉備:「あの横柄な男が、水鏡先生が言われた鳳雛だったのか!

こうしてはいられぬ、来陽県から呼び戻さなければ」

 

こうして、龐統は、左遷された来陽県から戻されて、

孔明と同様に軍師として劉備に仕える事になります。

 

かつて、水鏡が、臥龍(ふくりゅう)と鳳雛、

一人でも得れば天下は手の中にあると言われた双璧を

劉備は、二人とも手にいれたのです。

 

しかし、いかに龐統が横柄でも、孔明の手紙を見せなかったのは

やや作為的なニオイを感じてしまいます。

 

何で龐統は劉備に紹介所を見せなかったの?

劉備 人望

 

龐統は恐らく、孔明の紹介という色眼鏡で劉備が自分を見るのを

気に入らず、劉備を試すつもりもあって、わざと紹介状を見せず

自分を飾らず、劉備と面会したのでしょう。

 

世慣れた苦労人劉備も、横柄で身なりの良くない龐統の才を見抜けず

これを左遷してしまうのですから、、

孫権(そんけん)や曹操(そうそう)では、

矢張り龐統を見抜くのは難しかったかも知れません。

 

 

耳で聞いて覚える三国志


 

次回記事:85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利

 

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人…
  2. 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文…
  3. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  4. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…
  5. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  6. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  7. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?
  8. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる」と予言していた仙人
  2. なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?
  3. 始皇帝の偉大な業績!漢字を統一し意思疎通を容易にした中国の産みの親
  4. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  5. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  6. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1 プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい? 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い? おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした 妻子を人質に取られすぎな劉備 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ

おすすめ記事

  1. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】
  3. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  4. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン
  5. 【第3話】戦え!于禁文則ん「曹操救出 黄巾の残党との戦い」
  6. 大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選
  7. 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった?
  8. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP