架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志チャンネル

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】

この記事の所要時間: 34

若かりし劉備 チャライ★

おとぼけ:今回劉備(りゅうび)について話しましょうか。

 

Kawauso:劉備(りゅうび)で。

 

石川:三国志の主人公と言ったら、劉備玄徳・曹操孟徳・孫権仲謀の

この三人ですよね。

その中でも主人公格なのが劉備玄徳ですよね。

だって三国志のお話自体が劉備玄徳が漢、それから張飛っていう人たち と義兄弟の契りを結ぶ所から始まってる感じですよね。

 

おとぼけ:なるほど。

(コメントを読みながら)コメント、おとぼけ聞き流しって(笑)。

 

ちなみにKawausoさんは劉備についてどう思います?

 

Kawauso:劉備っていうのはですね、若干スルーしてたんですけど。

 

 

 

主人公をスルーしていたkawauso氏

劉備 kawauso

 

おとぼけ:スルーしてた?主人公の劉備を。

 

Kawauso:こんなに知ってるのにフィクションくさいっていう変なとこですよね。

皇帝までのぼる人なので、朝の皇帝になりますけど、上まで昇ったら、つまり漢も長とはいえ、

個人的なものだけでこれを戦うってことは普通はしないんですよ。

だって自分の国のことも考えられない人ですからね。

 

おろぼけ:なるほど。

 

Kawauso:だけどやっちゃうんですよ。おれは皇帝劉備玄徳でなくて漢ありきなんだと。

一番最初の皇帝に下した命令が功を奏するわけなんですよ。

個人としての意思が国家の責任としての立場を上回るフィクション みたいなんですよね。だけど本当なんですよ。

 

おとぼけ:本当なんだ。

 

石川氏にとっての劉備劉備は?

石川 蒼天航路

 

石川:だから僕も劉備玄徳っていうのはさっき言った吉田英治の三国志を

読み始めたのはその時は漢の回から始まってるんですよ。

一方で劉備には胡散臭さが

付きまとってるなっていう、読んでる間終始感じてた印象なんですよね。

で、最初それを生きながら結局、最後は個人的な恨みと言うか

憎しみから漢の仇討ちのために落ちて敗れて死んでしまうと。

 

ただ、歴史全体を見直していってみると、のちに劉備玄徳の配下に

なった武将で魏延(ぎえん)という人がいたんですが、

要はヤクザ、はっきり言ってヤクザですっていうような人がいて、

ヤクザの魏延(ぎえん)をものすごく劉備は可愛がったんですよね。

 

いきなり凄い位に抜擢したり、考えてみると劉備って一番しっくり

くるのがヤクザの親分なんですよね。

 

任侠の世界で契りを結んだ義兄弟達に対して、ものすごく厚遇したと思うんですよ。

 

コミック版の蒼天航路に描かれている劉備玄徳っていうのは、

劉備(りゅうび)につきまとっている、聖人君主的なイメージとは

かけ離れた野放図で掴みどころがない、でも懐が深い人物として描かれ ているんですが、あれがものすごくしっくりきたんですよ。

 

劉備ってのはやっぱり仲間内の親分、良くも悪くもお山の大将として

石川:担がれやすい人だったし、担いでる人たちを厚く具したという意味で

海洋を中心に人が集まったというってのは分かるんですよ。

それはなんでも劉備玄徳が本来持っている魅力というか

個性なんじゃないかと思います。そういう感じがしますね。

 

告知タイム – cha-ngokushi様

cha-ngokushi

 

おとぼけ:もう時間も迫ってきてるので、軽く告知というか報告が、

これですねcha-ngokushiさんの八宝茶なんですけども、すごくお洒落で、

諸葛孔明だったですね、呂布奉先だったり、誰ですかそちらは?

 

石川:これは周瑜(しゅうゆ)ですね。これは孔明(こうめい)。

 

おとぼけ:これは近日中にはじさんの方でご紹介したいなと思っておりますのでもしよろしければ、こちらの方を見ていただければと思います。

 

三国志 八宝茶

 

紹介記事:cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

 

 

告知タイム – はじめての三国志LINEスタンプ

はじめての三国志 LINEスタンプ

 

あと、デザイナーのよりぶりんがお前ら宣伝しろよってことで、

LINEスタンプの方を今審査中なんですよね。

 

育てる三国志の華

 

はじめての三国志といえばこういったゆるキャラがすごく

特徴的なんですけど、こういったものも今審査中ということで

早ければ三か月後、夏頃にはリリースできるかなと思ってます。

 

はじめての三国志 LINE

 

追伸:LINEの気まぐれで審査が早く終わりました。

2015年6月28日午後22時に販売開始

 

 

kawauso氏が好きな「はじめての三国志」のキャラクター

かわうそ 三国志

 

Kawausoさん、はじめての三国志の中で好きなキャラクターっていますか?

 

Kawauso:この中ではですね、許褚(きょちょ)が分からなかった。

はじめ、典韋(てんい)だと思ってたんだけど、

許褚 三国正史 食べる

 

上が許褚

典韋 悪来

下が典韋
石川:なんかばたついちゃいましたね(笑)

 

おとぼけ:なんかこのぐだぐだ感(笑)まぁ1回目だからいいんじゃないかと。

 

石川:この辺は改善の余地ありってことで

 

おとぼけ:これは黒歴史ですね。第1回目は。逆にレアですよ。

こういった回が見られるっていうのは。

じゃあみなさんこんな感じでご視聴ありがとうございました。

 

石川:ありがとうございました。

 

おとぼけ:またお会いしましょう。また次もあるんで。

はじめての三国志

 

おとぼけ&石川:ばいばい。

 

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】

はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】

 

(文字起こし:小林奈津子)

 

 

関連記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – あなたの心の中にも袁術…
  2. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【00…
  3. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編…
  4. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【…
  5. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【0…
  6. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001…
  7. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネ…
  8. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったき…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介
  2. 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介
  3. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  4. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  5. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  6. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説! 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 三国志の時代に象兵はいたの? 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった?

おすすめ記事

  1. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス
  2. 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった
  3. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚
  4. 【はじめての水滸伝】役級を一挙公開、これが好漢だ!
  5. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)
  6. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!
  7. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見どころ紹介

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP