よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

この記事の所要時間: 235

華陀 麻沸散

 

三国時代の医師、華佗(かだ)

麻沸散(まふつさん)」という麻酔薬を使って

全身麻酔を施し、外科手術をしていたことで有名です。

 

 

 

華佗の秘伝の書の行方

関羽 呪い 反骨心

 

曹操(そうそう)の怒りを買って処刑されることになりました。

華佗は、自らの秘術が書かれた一冊の本を差し出して

獄吏にこうお願いします。

「この本を使って、これからも人の命を救ってください」

しかし獄吏は、勝手にそんなものを受け取ったら

罰を受けると思い、断ります。

 

華佗も獄吏の心中を察し、無理強いせず、

本に火をかけて燃やしてしまいました。

 

こうして、華佗の秘術は、世の中から消えてしまったのです。

 

 

麻沸散とはなにか

f63575b5710e10000de7dff078e05b2a_m

 

麻酔薬「麻沸散」の原料は、

後世の多くの研究者たちが、様々な仮説を立てています。

 

チョウセンアサガオ、マンダラゲ、トリカブト、マンドラゴラなど。

 

しかし、近年の薬学者の中では、インドタイマ(大麻)であるという

説が最も有力だそうです。

 

 

インドタイマとは

大麻 華佗

アサの一種で、含有成分のテトラヒドロカンナビノールが

幻覚作用を引き起こします。

マリファナといったほうが、ぴんと来る方もいるかもしれません。

 

タイマは古くはギリシャ時代に書かれた『歴史』(ヘロドトス著)に

登場します。

また、古代イランでは、占いや幻術にタイマが使われていました。

 

イスラムの勢力が拡大したときに、インドにもタイマが入り、

栽培、輸出がされたため、以降はインドタイマと呼ばれるようになりました。

 

 

麻賁=麻勃=麻沸散?

東方 光

 

『新農本草経』という中国最古の本草書の中に、

タイマの花が登場します。

「麻賁(まふん)」または「麻勃(まぼつ)と呼ばれ、

幻覚作用が指摘されています。

 

この書は、後漢の成立なので、

ちょうど三国時代の寸前ということになります。

 

時代的な重なりと、名前の音が似ていることから、

これが麻沸散なのではないかと考える説があるのです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

華陀

 

よく読まれてる記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか

三国志 麻雀

よく読まれてる記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

孔子 儒教

よく読まれてる記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…
  2. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  3. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神に…
  4. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  5. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  6. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  7. 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る
  8. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  2. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  3. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  4. 【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー
  5. 文聘(ぶんぺい)のリアル三國無双!五虎大将軍の関羽を倒し呉王・孫権には空城の計を使っちゃう!
  6. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

おすすめ記事

  1. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  2. どうして曹操は嫌われているのか!?別に否定もしません
  3. 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  4. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  5. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  6. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編
  7. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将
  8. 劉伶(りゅうれい)とはどんな人?奇行が目立つ竹林の七賢の一人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP