広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

この記事の所要時間: 235

華陀 麻沸散

 

三国時代の医師、華佗(かだ)

麻沸散(まふつさん)」という麻酔薬を使って

全身麻酔を施し、外科手術をしていたことで有名です。

 

 

 

華佗の秘伝の書の行方

関羽 呪い 反骨心

 

曹操(そうそう)の怒りを買って処刑されることになりました。

華佗は、自らの秘術が書かれた一冊の本を差し出して

獄吏にこうお願いします。

「この本を使って、これからも人の命を救ってください」

しかし獄吏は、勝手にそんなものを受け取ったら

罰を受けると思い、断ります。

 

華佗も獄吏の心中を察し、無理強いせず、

本に火をかけて燃やしてしまいました。

 

こうして、華佗の秘術は、世の中から消えてしまったのです。

 

 

麻沸散とはなにか

f63575b5710e10000de7dff078e05b2a_m

 

麻酔薬「麻沸散」の原料は、

後世の多くの研究者たちが、様々な仮説を立てています。

 

チョウセンアサガオ、マンダラゲ、トリカブト、マンドラゴラなど。

 

しかし、近年の薬学者の中では、インドタイマ(大麻)であるという

説が最も有力だそうです。

 

 

インドタイマとは

大麻 華佗

アサの一種で、含有成分のテトラヒドロカンナビノールが

幻覚作用を引き起こします。

マリファナといったほうが、ぴんと来る方もいるかもしれません。

 

タイマは古くはギリシャ時代に書かれた『歴史』(ヘロドトス著)に

登場します。

また、古代イランでは、占いや幻術にタイマが使われていました。

 

イスラムの勢力が拡大したときに、インドにもタイマが入り、

栽培、輸出がされたため、以降はインドタイマと呼ばれるようになりました。

 

 

麻賁=麻勃=麻沸散?

東方 光

 

『新農本草経』という中国最古の本草書の中に、

タイマの花が登場します。

「麻賁(まふん)」または「麻勃(まぼつ)と呼ばれ、

幻覚作用が指摘されています。

 

この書は、後漢の成立なので、

ちょうど三国時代の寸前ということになります。

 

時代的な重なりと、名前の音が似ていることから、

これが麻沸散なのではないかと考える説があるのです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

華陀

 

よく読まれてる記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか

三国志 麻雀

よく読まれてる記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

孔子 儒教

よく読まれてる記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10…
  3. 【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい…
  4. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  5. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をした…
  6. 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  7. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  8. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で?
  2. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖
  3. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  4. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  5. 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説
  6. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰? 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの? 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能! 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

おすすめ記事

  1. 黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生
  2. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  3. 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ
  4. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  5. 意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い
  6. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  7. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  8. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP