華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

華陀 麻沸散

 

三国時代の医師、華佗(かだ)

麻沸散(まふつさん)」という麻酔薬を使って

全身麻酔を施し、外科手術をしていたことで有名です。

 

 

[adsense]
 

華佗の秘伝の書の行方

関羽 呪い 反骨心

 

曹操(そうそう)の怒りを買って処刑されることになりました。

華佗は、自らの秘術が書かれた一冊の本を差し出して

獄吏にこうお願いします。

「この本を使って、これからも人の命を救ってください」

しかし獄吏は、勝手にそんなものを受け取ったら

罰を受けると思い、断ります。

 

華佗も獄吏の心中を察し、無理強いせず、

本に火をかけて燃やしてしまいました。

 

こうして、華佗の秘術は、世の中から消えてしまったのです。

 

 

麻沸散とはなにか

f63575b5710e10000de7dff078e05b2a_m

 

麻酔薬「麻沸散」の原料は、

後世の多くの研究者たちが、様々な仮説を立てています。

 

チョウセンアサガオ、マンダラゲ、トリカブト、マンドラゴラなど。

 

しかし、近年の薬学者の中では、インドタイマ(大麻)であるという

説が最も有力だそうです。

 

 

インドタイマとは

大麻 華佗

アサの一種で、含有成分のテトラヒドロカンナビノールが

幻覚作用を引き起こします。

マリファナといったほうが、ぴんと来る方もいるかもしれません。

 

タイマは古くはギリシャ時代に書かれた『歴史』(ヘロドトス著)に

登場します。

また、古代イランでは、占いや幻術にタイマが使われていました。

 

イスラムの勢力が拡大したときに、インドにもタイマが入り、

栽培、輸出がされたため、以降はインドタイマと呼ばれるようになりました。

 

 

麻賁=麻勃=麻沸散?

東方 光

 

『新農本草経』という中国最古の本草書の中に、

タイマの花が登場します。

「麻賁(まふん)」または「麻勃(まぼつ)と呼ばれ、

幻覚作用が指摘されています。

 

この書は、後漢の成立なので、

ちょうど三国時代の寸前ということになります。

 

時代的な重なりと、名前の音が似ていることから、

これが麻沸散なのではないかと考える説があるのです。

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

華陀

 

よく読まれてる記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか

三国志 麻雀

よく読まれてる記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

孔子 儒教

よく読まれてる記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

■好きなこと(趣味):

本屋さんをはしごすること

 

■好きな三国志の人物:

孫策と周瑜

 

■幸せを感じる瞬間

自分の書いた文章に素敵なイラストを描いてもらったとき

 

■出没場所

動物園

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 李カク(李傕) 樊稠、李傕
  2. 戦え于禁
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 朶思大王
  5. 若かりし劉備
  6. 北伐したくてたまらない姜維

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP