時代を超越したスーパードクター華佗のあり得ない治療法と最後を紹介

2022年5月10日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

華佗(華陀)

 

さてタイトルから察して頂けていることでしょう。今回は三国志(さんごくし)に出てくるスーパーミラクルハートキャッチドクター・華陀(かだ)先生のお話です。そのエピソードの数々はもう偉業の数々と言っては良いような逸話持ちの医師で、名医、神医とまで言われた三国時代の医師ですね。

 

三国志演義_書類

 

今回はそんなスーパーハイパー(中略)華陀先生のエピソードを、三国志演義(さんごくしえんぎ)含めてお話しましょう。

 

 

 

 

関羽の恩人としてなじみ深い華佗

五禽戯と華佗(華陀)

 

まずは三国志演義の華陀からご紹介しましょう。華陀と言えば名医、というイメージがこの当時からあったのか、かなり初期から登場します。周泰(しゅうたい)の傷の治療や孫策(そんさく)の傷の治療をし、かくして周泰は助かるものの後に孫策は呪いの果てに重症化し、亡くなりました。この時のイメージから呉にいる医師というイメージがありますね。

 

碁をうつ関羽

 

そんな華陀の最大の活躍場と言えば「名医名患者」。

 

 

華陀の治療を受けながら碁をうつ関羽

 

毒矢を受けた関羽(かんう)の患部の骨と肉を削り、この際に麻酔を使うと言ったのを関羽は拒否。結果として関羽は平気な顔でお酒を飲みながら馬良(ばりょう)と碁を打ち、華陀はそのまま手術。関羽は華陀を名医と言い、華陀もまた関羽を名患者と言って笑って別れます。何気に一緒に碁を打っている馬良も凄いだろこれ。

 

関連記事:関羽が受けた毒矢手術から読み取る豆知識!囲碁エピソードの時には華佗と面識があった?

関連記事:周泰の傷を治療したのは華佗だった?孫権の要請により周泰を救った華陀

 

関羽

 

 

 

演義では曹操の頭を手術しようとして殺される

 

華佗(華陀)

 

その後、華陀は頭痛が酷くなった曹操(そうそう)に呼ばれます。この時に華陀は「頭の中に出来物がありますから、麻酔して脳を切り開いて取り除きましょう」と現代でもびっくりの外科手術を提示、曹操は華陀は自分を殺すつもりだと怒り、投獄して殺してしまいました。

 

華佗(華陀)と曹操

 

この時に筆者も大好き横山(よこやま)三国志では華陀が「以前、関羽将軍は腕を切り開いた時に麻酔もせずに平然としていたのに、曹操様は怖いんですか?」「頭と腕じゃ開く怖さが違うわ!!」という結構真っ当な怒りで投獄されましたが、まぁ、現代でもちょっと怖いですよね。気持ちは分かります。

 

関連記事:華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?

関連記事:三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物?

 

鍾会の乱

 

 

陳登の寄生虫を取り除く華佗

華佗(華陀)と陳登

 

ではそんな華陀先生のとんでもエピソードを、華陀伝からいくつか紹介しましょう。時はたぶん赤壁(せきへき)の戦いよりも前のこと。広陵(こうりょう)陳登(ちんとう)(なます)を食べて食中毒にかかりました。この時に華陀は「腹の中に虫がいますね」と今で言う寄生虫を見抜き、この寄生虫を吐き出させて治しました。

 

しかも「三年後には再発しますから良い医者を傍において下さい」とアドバイス。実に三年後、再発して陳登は亡くなりました。これは寄生虫によるアナフィラキシーを、既に理解していたかもしれません。

 

関連記事:ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

 

劉禅

 

 

 

産婦人科もこなす華佗

華佗(華陀)と双子

 

お次は曹操の部下、李通(りつう)とのエピソード。ある年、李通の妻が流産しました。痛ましい話です。しかしそれからだいぶ経っても、李通の妻は重い病に苦しんでいました。華陀はそれを聞くと「お腹に子がいるからです」と言いました。李通は流産であったことを話すも、華陀は子がまだお腹にいると言い、外科手術で子を取り出して治したと言います。これはかなり驚きのエピソード、医師として産婦人科にも通じていたのでしょうか。

 

関連記事:【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言

関連記事:三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!

 

三国志と異民族

 

 

患者を怒らせて病気を治す華佗

挑発する華佗(華陀)

 

とある太守が重い病に苦しんで、華陀が赴きました。華陀はびっくりするほどの高い薬代を要求し、助かるならと払うけれど太守の診察も治療もしないまま。あまつさえ「病気は治せません!ごめんね!」と手紙を書いて逃走。怒り狂った太守は追手を差し向けようとするも息子に邪魔され、怒りのまま吐血をするとすっかり治ったと言います。

 

実はこれは怒らせることで血を吐き出させる治療法で、太守の息子はそれを知っていた、というオチです。しかし、華陀先生結構驚きの治療法で治しますね……。

 

関連記事:主君に毒を盛られたら?【あの手この手の解毒法】

関連記事:名将でも病気には敵わない!名将が頼った三国時代の医術

 

はじ三倶楽部

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-