もし関羽が呉に降伏していたら世界史はどうなった?救われたかもしれない命の数は数億人?

2022年4月11日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

父・関羽とともに亡くなる関平

 

三国志(さんごくし)ファンにはおなじみの話ですが、荊州(けいしゅう)をめぐる激闘の末、関羽(かんう)呂蒙(りょもう)率いる呉軍に敗れ、関羽自身も処刑されてしまいます。

 

三国志演義_書類

 

それほど三国志に詳しくない方でも、『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の準主役ともいえる関羽のことはご存知でしょうし、この関羽が殺されてから蜀の運命には暗雲たちこめ、劉備(りゅうび)張飛(ちょうひ)たちの運命も続々と死に向かっていくことは、耳にしたことがあるかもしれません。

 

敗れる関羽雲長

 

それほどの歴史の分岐点となった「関羽の敗北」。

 

孫権に気に入られる孫峻

 

ですがこの際、呉の君主である孫権(そんけん)は、「関羽ほどの英雄を殺すのは惜しい。どうだ、私のもとで働かないか?」と声をかけているのです。

 

義理に厚い関羽は、当然この申し出を突っぱねて処刑されるわけですが、はたして、このとき関羽が呉への降伏を受け入れていたら、いったいどうなっていたのでしょうか?

 

青龍偃月刀を持つ関羽

 

まず「関羽があそこで死ななかったら」という一点だけで、実にたくさんの人が「死なずに済む」ことになるのです。もっとも、それとは逆に、「関羽があそこで死ななかったら、たぶん死ぬことになっていた人」も何人かいるのですが、それでも「関羽が死ななかったら救われていた命」のほうが圧倒的に多いのです。

 

もしかしたら、数億人単位の命にまで影響があったかもしれません!

 

正史三国志_書類

 

※なお、本稿の考察は『三国志演義』の展開に則ったイフ展開となります為、『正史』を典拠とすると解釈が変わってくるであろうことを、あらかじめ申し添えておきます。

 

 

関羽が呉に降伏したら生き残った人たち:その1

周倉

 

まずは関羽が呉に投降していたら助かっていた人たちの代表格を挙げてみましょう。わかりやすいのは、蜀の諸将たちです。というのも、おそらく関羽が呉に投降するとなったら、「いつかは劉備様のところに返してくれ」という条件付での降伏となったことでしょう(この条件を容れない限り、孫権が関羽を説得して降伏させることは不可能なはず!)。

 

関羽と周倉05 関羽、周倉

 

このように関羽が名分を立ててくれた上で降伏すれば、周倉(しゅうそう)王甫(おうほ)を含め、関羽の死を聞いてその後を追った多くの蜀将が、関羽とともに投降していたことでしょう。

 

劉備とはぐれて心配する関羽

 

そして投降した関羽軍は、「劉備軍とは戦わない。曹操軍と戦う時だけ出動する」という条件も孫権にのませているはずですので、劉備や張飛も「いつか関羽が帰ってきてくれる!それまでの辛抱じゃ!」と希望をつなぎ、彼らの寿命も延びていたかもしれません。

 

関連記事:関平の死因は関羽との関係性にあった?苛烈な父を制御できなかった温厚な性格

関連記事:商売の神様・関羽のご利益って何?関帝廟はどんな人が参拝すべき?

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記

 

 

 

関羽が呉に降伏したら死んでいた人たち:その1

はじ三倶楽部 スマホの誤変換でイライラする参加者(はてな)

 

いっぽう、関羽が呉に投降するというイフ設定では、むしろ死ぬことになる人たちは誰でしょう?

 

いうまでもなく、魏の諸将たちです。というのも、降伏した関羽たちは、「劉備様には矛を向けないが、いつか劉備様のもとに返してくれるという好条件を容れてくれた孫権には恩返しをしたい」と考えるはず。

 

敵を相手にして奮闘する張遼

 

曹操軍と孫権軍の戦いが起こった時は、むしろ鬼神のごとき働きを見せ、曹操軍に突撃したことでしょう。張遼(ちょうりょう)徐晃(じょこう)のような、この時代の曹操軍の勇将が何人か、呉に加わった関羽軍の前に命を落とし、曹操陣営の人材は大打撃を受けていたかもしれません!

 

関連記事:関羽を討った呂蒙は能力はあったの?本当に有能だったのか?

関連記事:関羽はどうして赤ら顔設定なの?赤ら顔になったストーリーと意味を紹介

 

張遼

 

 

関羽が呉に降伏したら死んでいた人たち:その2

糜芳

 

また、関羽が生き残っていたら死ぬことになった人たちの名簿には、以下の名前も加えねばならないでしょう。

 

糜芳(びほう)

傅士仁(ふしじん)

です。

 

呉に下る糜芳、孫権

 

糜芳と傅士仁は、荊州を巡る戦いにて、「関羽はもう終わりだ」とサッサと呉軍に投降することで関羽軍敗退の潮目を作った人物。関羽が呉に投降すれば、この二人の立場はめちゃくちゃ悪くなっていたことでしょう。

 

関羽自身が手を下さなくとも、どさくさに紛れて周倉あたりに殺されていたかもしれません。もっとも、糜芳と傅士仁はけっきょく夷陵(いりょう)の戦い前後の流れの中で、関羽の息子の関興(かんこう)に殺されますので、この二人は関羽が生きていても死んでいても、もはや命運尽きていた人たちと言えなくもないですが。

 

関連記事:【if三国志】もしも、劉備が皇帝に即位しなかったら?

関連記事:もしも、孫権が早死にしていたら三国志はどうなった?

 

関羽

 

 

まとめ:関羽が呉に降伏したら生き残った数億単位の人たち!

曹操の頭痛の原因は関羽?

 

しかし、ここまで名前を挙げた武将たちの運命など、実は小さい問題にすぎません。関羽が死んだ後、実は曹操の帷幕(いばく)にて、以下のようなことが起きるのです。

 

・曹操の宮殿に関羽の霊が出る

・「不吉だから、宮殿を建て替えよう」と曹操が言い出す

・新宮殿のために「切ってはいけない梨の木」を切ってしまった曹操は、祟りで病に伏せる

 

華佗(華陀)と曹操

 

・その病を治すために名医華佗(かだ)を召喚する

・華佗のことが気に入らなかった曹操は華佗を殺してしまう

・華佗は死の直前に、自らの医術のすべてを後世に遺すべく著した『青嚢書(せいのうしょ)』という書物を獄吏に託す

・ところがその『青嚢書』は獄吏の奥さんのせいで燃やされてしまう

 

おわかりでしょうか?

 

華佗(華陀)

 

関羽の死は、三国随一の名医、華佗の死とも因縁がつながっているのです。もし関羽が呉に投降していたら、華佗が曹操のところに召喚されることもなく、華佗はもう少し長生きをして、おそらく『青嚢書』を完成させていた。

 

そしてその『青嚢書』はズサンな獄吏夫婦の手になどは渡らずに、しかるべきルートで発表されていたことでしょう。三国志物語のあれであれだけの大活躍をした華佗の秘伝の医術が書物にまとめられ、無事に後世に伝わっていたら?

 

同年小録(書物・書類)

 

おそらく、医学の進歩は数世紀分早くなり、中国でたくさんの人の病気を治すことに役立ったのみならず、『青嚢書』はきっとギリシャ語やラテン語にも翻訳されて、世界中に広まる名著となっていたことでしょう。関羽が生きていたら、そのインパクトは三国志の展開にとどまらず、世界史全体を変えるだけのインパクトがあったのです。

 

華佗(華陀)

 

しかもそれが、軍事や政治ではなく、医学史のほうに影響が出ていたと想像すると、あそこで関羽が生きていたら助かった命は「数億人単位」にまで昇ったのではないでしょうか。直接に華佗を殺したのは曹操とはいえ、なんという惜しい話!

 

関連記事:周泰の傷を治療したのは華佗だった?孫権の要請により周泰を救った華陀

関連記事:五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

逆に見ると、関羽一人が死んだことで、どれだけその後の歴史の展開に深刻な影響があったことか!

やはり、関羽、おそるべし!

 

関連記事:三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは

関連記事:3925名に聞きました!三国志演義エピソードをどうしても削るならどれ?

 

if三国志

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
YASHIRO

YASHIRO

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。 好きな歴史人物: タレーラン(ナポレオンの外務大臣) 何か一言: 中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

-if三国志
-, ,