袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志の時代に象兵はいたの?

この記事の所要時間: 157

三国志 象兵

 

三国志演義』の中には

南蛮の王が象(ぞう)兵を用いて戦うシーンが出てきます。

 

これは、物語を盛り上げるための演出なのか

それとも実際の戦いにも象が使われていたのか

検証してみたいと思います。

 

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

 

 

象の飼育は殷時代から

殷の大様002

 

殷代の青銅器には、リアルな象をかたどったものが

数多くあります。

また、象牙の簪(かんざし)や桶(おけ)なども多数見つかっています。

 

中国河南省安陽県にある殷代の都跡、「殷墟(いんきょ)」では

複数の王墓と一緒に「獣葬墓」が見つかっています。

 

獣葬墓とはその名の通り、動物を埋葬した墓で、

ウマ、スイギュウ、シカ、ブタ、イヌなどのほかに、

トラ、ヒョウ、クジラなどの珍しい動物の骨もありました。

象の墓にいたっては、2個も発見されました。

 

このことから、殷王室には動物園があり、

珍獣を集めていたのではないかと言われています。

 

また、南方から貢物としてやってくる象とは別に、

「獲象」していたという記述も見つかっています。

殷代には中原にも野生の象がいたのです。

 

漢の時代までには、中原の野生の象はいなくなっていました。

しかし、漢時代の歴史書である『漢書』にも

漢王宮には動物園があり、象が飼育されていたとあります。

象は人々にとって比較的、身近な動物であったと考えられます。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓

 

 

象兵の記録は春秋時代から

始皇帝 はじめての三国志

 

春秋時代の書物、『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』に

象を戦で使用した記録があります。

 

紀元前506年、(そ)の昭王(しょうおう)は

呉(ご)軍との戦争の際に、

象のしっぽに火を縛りつけて、敵陣に放ちました。

 

時代が下り、漢時代。

司馬遷は『史記』大宛列伝の中で、

「インドでは人々は象に乗って戦う」と書いています。

 

中国において、かなり古代から象兵による戦いは行われていて、

漢の時代にも、象兵の概念は生きていました。

 

つまり、三国時代に象兵はいたと考えてもいいのではないでしょうか。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 

 

耳で聞いて覚える三國志

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

セイリュウ刀と蛇矛 張飛

 

よく読まれてる記事:英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

 

三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操

よく読まれてる記事:三国志演義に登場する兵器

 

三国志 武器

よく読まれてる記事:華麗なる中華世界を彩る三国志の武器

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

 

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

関連記事

  1. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今…
  2. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  3. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  4. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【6/12〜6/1…
  6. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  7. 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な…
  8. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について
  2. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  3. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?
  4. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  5. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかった よかミカンって、何者? 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!? 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

おすすめ記事

  1. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  2. 【キングダム】競争率高すぎ!秦国には大将軍希望者で溢れていた!
  3. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  4. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  5. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?
  6. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  7. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  8. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP