架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

夏候惇と言えば独眼竜?

この記事の所要時間: 136

夏侯惇

 

曹操(そうそう)のいとこにして、腹心の夏候惇(かこうとん)。

字は元譲(げんじょう)。

チャームポイントは左眼の眼帯★

彼は、曹操が旗揚げのときから常に従い、

曹操の死とともに、自らもこの世を去ったという、腹心中の腹心です。

 

 

 

気になる夏侯惇の戦績は0勝2敗

三国志 川

 

小柄な曹操のとなりに、ドドンと立ちふさがり、

曹操に斬りかかる雑魚兵たちを、ざっくざっくとやっつける大男。

そんなイメージの夏候惇ですが、

実は、実績がほとんどありません。

 

大きな戦いで軍を指揮したのは、2回しかない上に、

どちらも負け戦なのです。

 

198年、沛の劉備が、呂布軍の高順から攻撃を受けました。

その救援にかけつけますが、高順に敗れてしまいます。

 

また、202年、博望坡の戦いの際、夏候惇は、撤退する劉備を追撃します。

李典が「伏兵があるから、追うのはやめましょう!」と助言しましたが、

夏候惇はききません。

敵陣につっこみ、案の定伏兵に散々に叩かれてしまいます。

 

 

独眼竜の由来

英雄 雷

 

193年、曹操が、父親を殺されたために

徐州(じょしゅう)に報復しに行きます。

その隙に、今度は呂布(りょふ)が

曹操の拠点である兗州(えんしゅう)を奪ってしまいます。

 

夏候惇は、呂布討伐に引き返す曹操に従いますが、

そのとき戦で、呂布軍の武将、曹性の放った矢が

左眼に刺さってしまいます。

 

このときの夏候惇の行動がすごいのです。

 

刺さった矢を、眼球ごと引き抜くと、

「父からいただいた精、母からいただいた血を捨てるわけにはゆかぬ!」

と叫んで、食べてしまったのです!

 

自分の眼を、食べたのです!!(二回言いました)

 

さらに、曹性の顔面を突き刺して、あっというまに討ち取ってしまいます。

すさまじいエピソードです。

 

 

おまけ:独眼竜とは

三国志 夢

 

 

この記事では、隻眼の武将夏候惇のことを、「独眼竜」と書きましたが

独眼竜という言葉は、まだ三国時代には存在していません。

 

私たち日本人は、独眼竜というと「伊達政宗」を思い出す方が

ほとんどだと思います。

 

はじめて「独眼竜」と呼ばれたのは、

唐末に活躍した李克用(りこくよう)という武将です。

彼は隻眼の猛将であったため、独眼竜と呼ばれました。

 

黄巣の乱で頭角を現し、のちに後梁を建国する朱全忠(しゅぜんちゅう)と

戦いました。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 弱点 蟻

 

よく読まれてる記事:曹操には弱点はないの?

 

曹沖

よく読まれてる記事:幻の皇帝? 曹操が最も愛した息子……曹沖について

 

現実主義曹操

 

よく読まれてる記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

関連記事

  1. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  2. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  3. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/1…
  5. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて…
  6. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  7. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  8. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 袁術ってどんな人? 【002】
  2. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超
  3. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  4. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  5. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  6. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう! こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介 合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった? 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 クリスマスの日には三国志の人々は何をしていたの?

おすすめ記事

  1. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  2. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】
  4. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  5. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  6. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  7. 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】
  8. 三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP