編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

夏候惇と言えば独眼竜?

この記事の所要時間: 136

夏侯惇

 

曹操(そうそう)のいとこにして、腹心の夏候惇(かこうとん)。

字は元譲(げんじょう)。

チャームポイントは左眼の眼帯★

彼は、曹操が旗揚げのときから常に従い、

曹操の死とともに、自らもこの世を去ったという、腹心中の腹心です。

 

 

 

気になる夏侯惇の戦績は0勝2敗

三国志 川

 

小柄な曹操のとなりに、ドドンと立ちふさがり、

曹操に斬りかかる雑魚兵たちを、ざっくざっくとやっつける大男。

そんなイメージの夏候惇ですが、

実は、実績がほとんどありません。

 

大きな戦いで軍を指揮したのは、2回しかない上に、

どちらも負け戦なのです。

 

198年、沛の劉備が、呂布軍の高順から攻撃を受けました。

その救援にかけつけますが、高順に敗れてしまいます。

 

また、202年、博望坡の戦いの際、夏候惇は、撤退する劉備を追撃します。

李典が「伏兵があるから、追うのはやめましょう!」と助言しましたが、

夏候惇はききません。

敵陣につっこみ、案の定伏兵に散々に叩かれてしまいます。

 

 

独眼竜の由来

英雄 雷

 

193年、曹操が、父親を殺されたために

徐州(じょしゅう)に報復しに行きます。

その隙に、今度は呂布(りょふ)が

曹操の拠点である兗州(えんしゅう)を奪ってしまいます。

 

夏候惇は、呂布討伐に引き返す曹操に従いますが、

そのとき戦で、呂布軍の武将、曹性の放った矢が

左眼に刺さってしまいます。

 

このときの夏候惇の行動がすごいのです。

 

刺さった矢を、眼球ごと引き抜くと、

「父からいただいた精、母からいただいた血を捨てるわけにはゆかぬ!」

と叫んで、食べてしまったのです!

 

自分の眼を、食べたのです!!(二回言いました)

 

さらに、曹性の顔面を突き刺して、あっというまに討ち取ってしまいます。

すさまじいエピソードです。

 

 

おまけ:独眼竜とは

三国志 夢

 

 

この記事では、隻眼の武将夏候惇のことを、「独眼竜」と書きましたが

独眼竜という言葉は、まだ三国時代には存在していません。

 

私たち日本人は、独眼竜というと「伊達政宗」を思い出す方が

ほとんどだと思います。

 

はじめて「独眼竜」と呼ばれたのは、

唐末に活躍した李克用(りこくよう)という武将です。

彼は隻眼の猛将であったため、独眼竜と呼ばれました。

 

黄巣の乱で頭角を現し、のちに後梁を建国する朱全忠(しゅぜんちゅう)と

戦いました。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 弱点 蟻

 

よく読まれてる記事:曹操には弱点はないの?

 

曹沖

よく読まれてる記事:幻の皇帝? 曹操が最も愛した息子……曹沖について

 

現実主義曹操

 

よく読まれてる記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

 

 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

関連記事

  1. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)…
  2. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  3. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  4. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  5. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  6. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  7. あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由
  8. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末
  2. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ
  3. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1
  4. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  5. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  6. 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの? 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった? 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄 これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

おすすめ記事

  1. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  2. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者
  3. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  4. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  5. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将
  6. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  7. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  8. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP