夏候惇と言えば独眼竜?

夏侯惇

 

曹操(そうそう)のいとこにして、腹心の夏候惇(かこうとん)。

字は元譲(げんじょう)。

チャームポイントは左眼の眼帯★

彼は、曹操が旗揚げのときから常に従い、

曹操の死とともに、自らもこの世を去ったという、腹心中の腹心です。

 

 

[adsense]
 

気になる夏侯惇の戦績は0勝2敗

三国志 川

 

小柄な曹操のとなりに、ドドンと立ちふさがり、

曹操に斬りかかる雑魚兵たちを、ざっくざっくとやっつける大男。

そんなイメージの夏候惇ですが、

実は、実績がほとんどありません。

 

大きな戦いで軍を指揮したのは、2回しかない上に、

どちらも負け戦なのです。

 

198年、沛の劉備が、呂布軍の高順から攻撃を受けました。

その救援にかけつけますが、高順に敗れてしまいます。

 

また、202年、博望坡の戦いの際、夏候惇は、撤退する劉備を追撃します。

李典が「伏兵があるから、追うのはやめましょう!」と助言しましたが、

夏候惇はききません。

敵陣につっこみ、案の定伏兵に散々に叩かれてしまいます。

 

 

独眼竜の由来

英雄 雷

 

193年、曹操が、父親を殺されたために

徐州(じょしゅう)に報復しに行きます。

その隙に、今度は呂布(りょふ)が

曹操の拠点である兗州(えんしゅう)を奪ってしまいます。

 

夏候惇は、呂布討伐に引き返す曹操に従いますが、

そのとき戦で、呂布軍の武将、曹性の放った矢が

左眼に刺さってしまいます。

 

このときの夏候惇の行動がすごいのです。

 

刺さった矢を、眼球ごと引き抜くと、

「父からいただいた精、母からいただいた血を捨てるわけにはゆかぬ!」

と叫んで、食べてしまったのです!

 

自分の眼を、食べたのです!!(二回言いました)

 

さらに、曹性の顔面を突き刺して、あっというまに討ち取ってしまいます。

すさまじいエピソードです。

 

 

おまけ:独眼竜とは

三国志 夢

 

 

この記事では、隻眼の武将夏候惇のことを、「独眼竜」と書きましたが

独眼竜という言葉は、まだ三国時代には存在していません。

 

私たち日本人は、独眼竜というと「伊達政宗」を思い出す方が

ほとんどだと思います。

 

はじめて「独眼竜」と呼ばれたのは、

唐末に活躍した李克用(りこくよう)という武将です。

彼は隻眼の猛将であったため、独眼竜と呼ばれました。

 

黄巣の乱で頭角を現し、のちに後梁を建国する朱全忠(しゅぜんちゅう)と

戦いました。

 

[adsense]
 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 弱点 蟻

 

よく読まれてる記事:曹操には弱点はないの?

 

曹沖

よく読まれてる記事:幻の皇帝? 曹操が最も愛した息子……曹沖について

 

現実主義曹操

 

よく読まれてる記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

 

[adsense]
 

この記事を書いた人:東方明珠(とうほうめいしゅ)

東方明珠 三国志

■HN:

東方明珠(とうほうめいしゅ)

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

中国の歴史が大好きで、

ハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を拝借しています。

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

関連記事

  1. 小帝(少帝劉弁)と董卓
  2. 董卓
  3. 周瑜と孫策
  4. 韓信

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP