ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

曹操には弱点はないの?

曹操の弱点(蟻)

 

曹操 油断

曹操(そうそう)というと、誰もが戦の天才であると連想すると思います。

それは否定できない事実で曹操は戦略マニアでもあり、

戦争のバイブル、孫子に独自の注釈をつけている程です。

 

そんな三国志の英雄・曹操に弱点はあったのでしょうか?

 

 

蟻には成れても象にはなれなかった曹操?

曹操 弱点 蟻

生涯戦勝率は8割5分位はあり、大きな戦争は赤壁のような

例外を除けばいずれも勝っているといえるでしょう。

 

しかし、赤壁を見ると隠された曹操の致命的な欠点に思い辺ります。

 

それは、曹操が大軍を使うのが下手であるという事です。

 

 

奇計が得意の曹操

呂布 VS 曹操

曹操という人物は、正攻法と奇攻法では、

ダントツで奇攻法が得意という人物でした。

 

それは、曹操がライバルとした群雄達が、例えば呂布(りょふ)や

袁紹(えんしょう)のように兵力において

曹操を遥かに上回っているケースが多かったからです。

 

特に袁紹は曹操の宿敵でありながら、相手は70万、

曹操は7万というように動員出来る兵力に差があり

 

さながら、蟻の曹操が象の袁紹に挑むような

戦いになっていました。

 

三国志前半の最大の合戦・官渡の戦い

曹操VS袁紹ありゾウ

兵力がせめて同数なら、正攻法でも勝算はありますが

10倍も違えば、もう正面攻めは無謀でしかありません。

 

そこで、曹操は奇襲、夜襲、少数の精鋭での弱点の襲撃など

身軽な蟻のフットワークを活かして袁紹を苦しめました。

 

事実、袁紹を倒すまでの曹操の戦略は冴え、凄味さえ感じさせます。

 

と・こ・ろ・が、、、、、、、、、、

 

袁紹を破り、80万人という大軍を擁するようになると、

曹操の戦略には、精彩が欠けてくるようになります。

 

いや、決して無能ではなく、荊州の劉琮(りゅうそう)などは、

大軍勢を背景に一兵も損なわず降伏させているのですが、、

 

この大軍を的角に動かして、どうのこうのという

戦略的な冴えが全然見られなくなるのです。

 

 

長坂の戦い劉備を逃がす

逃げる劉備追う曹操

 

1万人に満たない劉備(りゅうび)軍も、

50万の兵力で追い詰めながら

結局取り逃がして、江夏の拠点を与えてしまうし、

 

呉に対しても、降伏文書は中々風流ですが、

以後は、北方の兵を慣れない河に浮かべて船酔いさせるなど

折角の大軍を持てあます様子が見えるのです。

 

赤壁の戦いでは大軍を活かせず

曹操 船酔い

赤壁の戦い(せきへきのたたかい)では80万の大軍を擁するも活かす事は出来ず、

7万前後の劉備孫権(そんけん)の連合軍の前に敗北、

皮肉な事にその撤退作戦においては、見事な手腕を発揮して

荊州の南部を温存できています。

 

 

潼関の戦いでもギリギリ攻略

馬超021

その後も、馬超(ばちょう)や韓遂(かんすい)の連合軍

10万と潼関の戦い(どうかんのたたかい)を起しますがなんとか勝利したものの、

曹操軍の戦死者は1万人以上という

大きな代償を支払っています。

 

この時も曹操軍の兵力は馬超韓遂連合軍を上回っていますが

その大軍を度々、馬超の突撃に破られます。

 

 

五斗米道の教祖の張魯を討伐する曹操

五斗米道 はじめての三国志

 

その後の張魯(ちょうろ)との戦いでは当初は地形で苦戦しつつも、

計略で勝利しますが、この時の兵力は10万人で、

張魯軍が数万という事を考慮してか大軍ではありません。

 

こうして見ると、曹操が扱える兵力の最大は、10万人で、

それを超えると動かすのが下手になると言えるようです。

 

 

定軍山の戦いでは夏侯淵を失う

黄忠

 

この後も曹操は、漢中を守備していた夏候淵(かこうえん)が

蜀の五虎将軍黄忠(こうちゅう)に討ち取られると、

自ら大軍を率いて親征しますが、漢中は天然の要害で、

劉備が守るのを抜く事が出来ず

結局は撤退し漢中を蜀に奪われています。

 

 

曹操の弱点をまとめてみた

曹操女性の敵2 ゆるキャラ

こうして見ると、曹操の得意とする戦いは、

敵よりも少数で、戦況も不利である状態からの

奇策による戦いであるといえます。

 

自らが最強になってからの曹操の横綱相撲は、

どこか不格好に見えてなりません。

 

皆さんは、どのように感じられますか?

 

 

こちらの記事もよく読まれています

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?

 

曹操 詩

 

よく読まれてる記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ

 

 

よく読まれてる記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

笑う曹操

 

よく読まれてる記事:実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

■好きな三国志の人物:

袁術 自分に正直だから、、嘘ゴメン、やっぱ劉備

■幸せを感じる瞬間:

三度のご飯を頂いている時。

■宝くじが当たったら?

自宅を古本屋に改装して嫌な客は追い出す頑固親父になる。

■世界最後の日、あなたは何をしていますか?

明日の朝ごはんの事を考えています。

■出没場所

電脳空間

■何か一言:

実は、kawausoはホログラフで存在しません(嘘)

 

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  2. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  3. 張飛の男気人生 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  4. 三国志ライター よかミカンさん 中国人の質問!三国志で好きな人物を聞かれた時に気をつける事
  5. ホウ徳、馬超 錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?
  6. 曹操にコテンパにされる袁紹 官渡決戦は寛治vs猛政統治モデルの激突だった!
  7. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介
  8. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. 一人で逃げる曹操
  3. 陳羣 九品官人法の書物
  4. 孫権 弔い出陣
  5. 孔明もコペルニクスに似ていた
  6. 司馬徽と劉表
  7. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  8. 袁術
  9. 武田信玄

おすすめ記事

  1. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛 紂王
  2. 荀攸は魏王就任に賛成していた?荀攸の思惑と魏王就任賛成の理由 荀攸と曹操
  3. 黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった! 光武帝を解説する荀彧
  4. 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者 内心復讐を企む楊阜(ようふ)
  5. 福山藩主としての阿部正弘は領民には迷惑な君主だったの? 玉乗りをしている阿部正弘
  6. 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 亡くなる袁紹

三國志雑学

  1. 美化された袁紹に羨む袁術
  2. 兵士と禰衡
  3. 袁術
  4. 夏侯惇


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操
  2. 王翦
  3. 曹操を逃す関羽
  4. 泣いている織田信長
  5. 于禁

おすすめ記事

呉の勢力を率いる孫策 孫策が生きていたら三国志はどうなったの? 李傕、李カク、孫堅 孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚の易京城はどんな城? 若い曹操に「天下を掴むのは君だ!」と言う王儁 三国志のあらすじを分かりやすく紹介 太行山に入り山賊になる劉備三兄弟 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備 上杉謙信 軍神上杉謙信をコテンパン!謎の軍師白井入道 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将 陸遜の部下の兵士 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP