三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか




関羽とシリア

 

2003年にイラク戦争が起きてから、一向に収束の気配がない

イラク問題、それどころか武装過激派集団ISISがイラクを過半制圧するなど

事態は、より泥沼化しているようにも見えます。

 

日本も自衛隊を派遣した、このイラク戦争、そもそも、どういう経緯で起きたのか?

いつも通り、三国志で例えながら解説してみます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?

関連記事:【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説

 

 

サダム・フセインは皇帝を自称した袁術(えんじゅつ)

袁術 伝説 ゆるキャラ

フセインは、イラクのバース党を率いる独裁者でした。

恐怖政治を敷いていましたが、一方でイラクの近代化を促進して、

イラクは中東諸国ではかなり近代化が進んだ国でもありました。

 

袁術は、国内政治では全然有能ではありませんが、

一応、サダム・フセインの立場に置いておきます。

 

 

アメリカは、後漢皇帝を擁立する曹操(そうそう)

曹操躍進

 

アメリカは、曹操に相当するでしょう、この時点で献帝を擁立していて

中国において確固たる地盤を持ち、しかも献帝を利用して周辺国に、

号令を下せる地位にありました、国連において大きな影響力を持つ

アメリカに対応していると思います。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

ロシアや中国、フランスは袁紹(えんしょう)公孫瓚(こうそんさん)

袁紹VS袁術

アメリカ主導の多国籍軍に反対したロシアや中国、フランスは

袁紹や公孫瓚、劉焉(りゅうえん)等が当たります。

 

はじまりは、アメリカが、イラクが国連で保有を禁止されている

大量破壊兵器を保有していると発言した事です。

 

イラクのフセイン大統領は、そのような物は保有していないと主張。

国連査察団を入れて、調査させて、大量破壊兵器は無い事を

証明しました。

 

関連記事:劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

関連記事:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

 

戦争がしたいアメリカ、その理由とは?

戦争がしたいアメリカ、その理由とは?

 

ところが、戦争がしたいアメリカは信用せずに無理難題を突きつけて、

最終的には、フセインが国外に退去しないと攻撃を加えると

最期通牒を送るまでになりました。

 

その背後には、イラクの石油資源がありましたが、フセインは、

これに激しく反発し、「アメリカの侵略を阻止する」と徹底抗戦を表明します。

これが、イラク戦争に発展してしまうのです。

 

アメリカ(曹操)がフセイン(袁術)が対立

 

こちらを三国志に当てはめると、袁術の皇帝即位が出てきます。

元々、袁術を目ざわりだと思っていた曹操は、袁術が皇帝を自称すると、

「これこそ、漢の天下を無視するものであり、反逆である」と言い、

 

呂布や、孫策や劉表、と言った、袁術を取り巻く群雄に、

お金と官位をばら撒いて、これを討伐するように命令します。

 

つまり、曹操を中心とした多国籍軍と呼べますね。

 

ただ、袁術から遠い、袁紹や公孫瓚、劉焉は、曹操に同調せず、

黙殺しているので、これは中国やフランス、ロシアに当たります。

 

袁術は、周囲から皇帝即位を止めるように忠告されますが、

 

袁術「お前らだって、漢を見限っているのは一緒だろ!」

 

と袁術も決して譲らず、結局袁術は、孤立して曹操や、

劉備(りゅうび)、呂布(りょふ)の攻撃によって、ダメージを受けて自滅します。

 

曹操が袁術を攻撃した理由

袁術の最後

 

アメリカは、表面上は大量破壊兵器、後には、イラクの民主化を

スローガンにしましたが、内心は石油利権が目的でした。

 

曹操も袁術の皇帝自称はどうでもよく、ただ、ライバルを潰せる

よい口実が出来たと思ってそれを利用したのです。

恐らく、曹操に追従した群雄も、そうだったのでしょう。

 

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し

関連記事: これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

 




関連記事

  1. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)
  2. 孔明
  3. 華陀と麻沸散
  4. 後宮にいる美女の階級事情

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP