曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

この記事の所要時間: 328
photo credit: bellagio via photopin (license)

photo credit: bellagio via photopin (license)

 

日々、刻々と動いている世界情勢、でも、情報が氾濫しすぎて、

一体、何が、どうなっているのかが、まるで分からない。

 

そういう方は多いと思います、そこで、はじめての三国志では、

世界情勢を三国志で例えて解説しようと思います。

 

 

シリア内戦は、そもそもどういう事?

 

ISISと政府軍、そして欧州とアメリカの軍事介入で泥沼の内戦の

様相を呈してきているシリア、しかし、そもそも内戦に至るまでの

シリアの状態は、どうだったのでしょう?

 

シリアには独裁者が存在していた

 

そもそも、シリアは、アサド大統領という独裁者が

親子二代に渡り、40年以上支配していました。

 

アサド大統領は、もちろん、イスラム教徒ですが、シリアでは

少数に位置する人々でアラウィー派と呼ばれる人々でした。

 

その人口比率は10%しかなく民心を得る為に、常に少数派

アラウィー派の国民を優遇していたのですが、

それが、多数派であるスンニ派の国民の反発を受けていて、

食糧問題等も引き金になり、遂に内乱が勃発してしまったのです。

 

アサド大統領を三国志に例えると

photo credit: vigne et main via photopin (license)

photo credit: vigne et main via photopin (license)

 

ここまでを三国志に例えると、アサド大統領は後漢皇帝を擁して、

漢王朝を牛耳っていた宦官、十常侍にあたります。

 

そして、多数派のスンニ派は、外戚の何進や、宦官の専横で権力が振るえない

袁紹(えんしょう)や袁術(えんじゅつ)、曹操(そうそう)のような

後漢王朝の官僚達だと言えます。

 

三国志の場合には、霊帝(れいてい)没後の次の後継者を誰にするかで、

宦官と外戚、そして外戚に肩入れする後漢の官僚が激しく争っていきます。

 

さて、シリア内戦に話を戻すと、政府軍と反政府軍の内戦は激化します。

悪い事に、この内戦につけ入り勢力を伸ばそうとする勢力が現れます。

 

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

関連記事:十常侍ってなんぞや?

 

政府軍と反政府軍以外にも新たな勢力

 

それがアメリカ、イスラエル、トルコ、サウジアラビアのような

シリアの周辺国やシリアを敵視している国です。

 

彼等はアサド政権が武器を持たない反政府勢力を

弾圧しているとして内戦に肩入れし反政府勢力を支援します。

 

この動きに対して逆にアサド政権に肩入れをする

ロシアや中国のような勢力も現れます。

 

これを三国志に例えると、宦官と外戚の泥沼の抗争の末に、

董卓(とうたく)が、洛陽に入ったようなものです。

 

しかし、洛陽に入った董卓は暴政を敷いたので、民は苦しみ懐かず

周辺の諸候は、漢王朝の復興を大義名分に反董卓連合軍を興します。

 

こうして、外戚と宦官の争いは中国全土を巻き込む内戦になります。

シリアの場合と同様の状況です。

 

何でシリアの内戦は終わらないの?

 

さて、シリアの内戦は、もう4年が経過しましたが、

一向に終わる気配を見せません。

 

何故かというとシリアに入り込んだイスラム過激派や

テロリスト勢力が、シリアの政権を握るべく動き始めたからです。

 

もう、政府側と反政府側の内戦を止めるという次元ではなく

シリア内戦に参加してテロリストや外国勢力が

シリアの支配権と資源を狙い始めたのです。

 

今話題のテロ組織 ISIS(イスラーム国)も参入し複雑化

ISIS wikipeda

 

ここには、ISISのような過激なイスラム原理主義勢力も参入し

内戦に拍車を掛けてしまいました。

 

さて、三国志も、董卓を排除して漢王朝を再興するという大義名分は

董卓が洛陽を焼いて、長安に撤退した事で雲散霧消します。

 

その後、袁紹劉表(りゅうひょう)、馬騰(ばとう)、袁術(えんじゅつ)、

曹操(そうそう)のような諸候達は、連合軍を解体して、お互いに争うようになり、

中国は、強力な支配者がいない100年の内乱に突入しました。

 

シリアも同様で、アサド大統領の勢力は宦官のように消滅こそしていませんが、

完全に内乱で弱体化して一勢力に過ぎなくなり、

各地で、各国の軍隊や部族が乱立して内戦を続ける状態になったのです。

 

そして、シリアにおいても三国志の曹操のような強力な指導者が現れない限り

内乱の終息は難しいでしょう。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

シリア 関羽

 

よく読まれてる記事:劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ

 

 

よく読まれてる記事:三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか

 

 

よく読まれてる記事:二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で解説したよ

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将…
  2. 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界
  3. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  4. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  5. 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍
  6. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  7. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  8. 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 阿部正弘とはどんな人?絶対倒れないヤジロベー政治家に迫る
  2. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  3. 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】
  4. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  5. 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?
  6. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった? 董太后、王族ボンビーから一転セレブ 献帝の祖母の波瀾人生 情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ! 【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○! 徳川慶喜の功績って一体何があるの!? 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯

おすすめ記事

  1. 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証
  2. 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!
  3. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?
  4. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  5. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ
  6. 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介
  7. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ
  8. 井伊直弼には家紋が二つあるのはどうして?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP