曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

この記事の所要時間: 39




裏切り 呂布

 

三国志史上、最強の武将として知られる人中の鬼人呂布(りょふ)、、

しかし、強い連中がゴロゴロしている三国志世界で、

より呂布(りょふ)の存在に異彩を加えているのは、

彼の病癖(?)とも言える裏切りの連続でしょう。

 

およそ恩とか義理とは縁遠い彼は、少なくとも6人の英傑に

仕えたり、世話になりながら、全てを裏切っています。

 

ざっと、呂布(りょふ)の裏切りの遍歴を見ていきましょう。

 

前回記事:35話:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!




呂布の生涯

呂布 最強 曹操

 

辺境に生まれた呂布(りょふ)は、幼い頃に両親を亡くし、

丁原(ていげん)という男に拾われ養子になります。

 

しかし、洛陽で菫卓(とうたく)が大金と将軍の地位と赤兎馬を餌に

呂布(りょふ)を引き抜こうとすると

これにあっさりと応じて養父の丁原(ていげん)を殺害、、




呂布は董卓と共にするが

董卓&呂布

 

ところが、その菫卓(とうたく)とも、絶世の美女

貂蝉(ちょうせん)を巡って不仲になり

王允(おういん)の誘いにのり、菫卓(とうたく)を殺害、、

 

菫卓(とうたく)の仇討ちに長安に攻め上ってきた

李傕(りかく)・郭汜(かくし)の軍に敗れると

今度は、袁術(えんじゅつ)の配下になろうとして、

歓待はされますが、仕官は結局は拒否されます。

 

 

袁術は呂布の性格などを見抜いていた

袁紹&袁術

 

無能の評判が高い袁術(えんじゅつ)ですが、

呂布の胡散臭さを見抜いて使わなかったのは

相当な人物鑑定眼と言えるでしょう。

 

 

呂布は袁紹のところに行く

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

次には呂布(りょふ)は袁術(えんじゅつ)とは

犬猿の仲である袁紹(えんしょう)の下に行き、ここでは手柄を立てますが、

手柄を自慢し過ぎて袁紹(えんしょう)に煙たがられ、

殺されかけて逃亡し、次には張楊(ちょうよう)を頼って暗殺されかかり、

次には張邈(ちょうばく)と連携して兗州を陥れ、曹操(そうそう)と対決しますが、

これに勝てずに兗州を放棄してしまいます。

 

曹操に破れ、呂布は劉備を頼りに行く

劉備主役

 

今度は、呂布(りょふ)は徐州を陶謙(とうけん)から引き継いでいた

劉備(りゅうび)を頼ります。

呂布(りょふ)の言動に一貫性がない事を劉備(りゅうび)は怪しみますが、

その武力には魅力があったので目をつぶり配下に加えます。

 

ところが、劉備(りゅうび)が袁術(えんじゅつ)と戦う為に

本拠地下邳を留守にすると呂布(りょふ)はその隙を突いて

徐州を奪い独立してしまうのです。

 

劉備は呂布に裏切られる

劉備 呂布 裏切り

 

劉備(りゅうび)は、やむなく一時、呂布(りょふ)と和睦して

あべこべに呂布(りょふ)の配下のような立場になりますが、

呂布(りょふ)は矢張り劉備(りゅうび)に脅威を感じて

これを攻撃した為に劉備(りゅうび)は逃げて曹操(そうそう)を頼っていくのです。

 

呂布が目障りになったので曹操が動く

呂布VS曹操

 

その後の呂布(りょふ)は、曹操(そうそう)と袁術(えんじゅつ)

との間を行ったり来たりします。

しかし、呂布(りょふ)がいよいよ目ざわりとなった曹操(そうそう)が

直接に軍を率いて呂布(りょふ)を攻撃すると多勢に無勢になり

呂布(りょふ)は追い詰められます。

 

困った呂布(りょふ)は、袁術(えんじゅつ)に援軍を求めますが、

曹操(そうそう)と戦い疲弊した袁術(えんじゅつ)には

呂布(りょふ)に援軍を送る力はありません。

 

ついに呂布(りょふ)は曹操(そうそう)に捕まり最後を迎えています。

 

呂布の人生

呂布 あっけない 最後

 

このように呂布(りょふ)は、少なくとも6名の英傑に関わり、

裏切ったり迷惑を掛けたり殺されかけたりしています。

 

ただ、呂布(りょふ)はただの恩知らずの裏切り野郎と断言するには、

惜しい、妙に情に厚い所もあるのです。

 

例えば、劉備(りゅうび)が留守にした下邳を奪い取った時ですが、

和睦を求めてきた劉備(りゅうび)を見殺しにはせず、

袁術(えんじゅつ)に攻められた劉備(りゅうび)に

自らが援軍に出向きこれを助けています。

 

まあ、「元はと言えば呂布が、、」という劉備(りゅうび)の言い分も分かりますが

根っからの悪党であれば、和睦を受け入れず

劉備(りゅうび)が袁術(えんじゅつ)に殺されるのを

黙ってみている方法もあったのです。

 

これを考えると呂布(りょふ)は無節操ではあるが、場面、場面では、

男気を発揮している部分もある好漢の部分もあったと言えるでしょう。

 

ただ、中長期的な天下を狙うビジョンがないので、

全てが行き当りばったりで、それだけに裏切りが際立つのだと思います。

 

関連記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:呂布も関羽も愛した名馬:『赤兎馬』ってどんなウマ?

関連記事:呂布の裏切りについて考察

関連記事:菫卓を守った最強のボディーガード呂布

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操…
  2. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されてい…
  3. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  4. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー
  5. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  6. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  7. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和V…
  8. 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!?
  2. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  3. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】
  4. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  5. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  6. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった? たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想! 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10】 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 曹操が嫌われた本当の理由は価値観の相違だった

おすすめ記事

  1. 徳川斉昭とはどんな人?色々やり過ぎて嫌われた水戸の天才藩主
  2. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う
  3. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  4. 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯
  5. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから?
  6. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?
  7. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚
  8. ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP