二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ




劉備 危機一髪

 

どうして、中国と台湾は、お互いが正統な中国だと言いあっているのか?

日本も無関心ではいられない、この問題を はじさんでは三国志に例えて解説するよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:怪談話のルーツは中国にあり!オカルト集、捜神記とは?

関連記事:中国人のオシャレアイテム冠の歴史を語ろう

 

 

台湾はどこにあるの?

1000px-LocationTaiwan.svg

 

台湾は、日本の南に位置する、さつまいものような形をした大陸です。

大きさは九州と同じ位ですが、富士山を超える標高の山が連なり、

多数派で平地に住む漢民族と有史以前から高地に住む先住民族で構成されます。

 

台湾は17世紀頃から、オランダや、明の遺臣である武将鄭成功の支配を経て、

清の時代には、極めて緩い支配を受けるようになります。

 

三国志に例えると、台湾は益州に相当します、一応漢の領土ですが、

その土地は中央からは遠く険しく、支配は余り届きませんでした。

 

 

 

台湾の歴史が大きく動くきっかけとなった日清戦争

台湾の歴史が大きく動くきっかけとなった日清戦争

 

台湾の歴史が大きく動くのは、19世紀の末、日清戦争で勝利した日本が
台湾の領有権を得て、その近代化に取り組んだからです。

これを三国志に当てはめると、日本は劉焉(りゅうえん)に当てはまります。
叛乱を討伐に行った劉焉は、そのまま益州に居座りその支配者になります。
その支配は、息子の劉璋(りゅうしょう)の時代まで二代30年程続きます。

 

関連記事:劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

関連記事:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

 

台湾は50年に渡る日本の植民地統治

Taiwan_history

 

さて、台湾ではその後、50年に渡る日本の植民地統治がありましたが、
1945年の日本の敗戦で日本は台湾を手放します。
それから、4年の後、1949年、中国大陸で覇権を争っていた
中国共産党(毛沢東)と国民党(蒋介石)の決着がつき、
中華人民共和国が成立して毛沢東が政権を掌握します。

 

中華民国を建国した蒋介石

劉備と曹操の対談

一方で敗れた国民党の蒋介石は台湾に逃げてきて中華民国を建国します。

これを三国志に例えると、蒋介石は劉備(りゅうび)、
毛沢東は曹操(そうそう)になります。

劉備は、中国の大半を抑えた曹操に勝てず、孔明の天下三分の計に従い
弱っちい益州の劉璋を攻撃して降伏させて、ここに後漢の正統である蜀を建国します。

 

関連記事:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計

関連記事:あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王

 

台湾と中国の領土問題

 

現在、中国共産党は、台湾は中国の領土だと主張していますが、
一方の台湾、国民党は、国民党政権こそ正統で、中国共産党は、
国民党の領地である中国全土を不当に支配していると言っています。

 

これは、劉備が自分は後漢皇帝の血を引く存在で中国全土を治める
正統な権利を持っていると主張しているのに対して、曹操が後漢の献帝を
擁立しているから自分こそが正統な支配者だと言い合しているのに
似ていると思います。

 

いかがでしょうか?複雑な台湾と中国の問題、三国志で解説すると、
かなりザックリではありますが分かりやすいでしょ?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介

関連記事:意外!中国人は三国志をあまり読んでない!?

 

【西洋文明に遭遇した日本の開国秘話に迫る!】
こんにちは西洋

 




関連記事

  1. 異民族に好かれる董卓
  2. 頭痛に悩む曹操
  3. 曹操のムスコ達アイキャッチ2

    デザイン担当:よりぶりん

    集まれ曹操の25人の息子たち・その3

    曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙…

  4. 曹操探検隊
  5. 蜀の姜維
  6. 劉備と徳川家康

    はじめての変

    みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

    中国史好きの皆さんが密かに気になっている…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP