編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

この記事の所要時間: 330

抜き出た曹操

 

某三国志ゲームを荀彧で始める。
コツコツと名声を挙げて主君である曹操との友好度もMAX。
そんな時に曹操から「陳宮の代わりに軍師になってくれぬか」とお願いされました。
勿論断ります。

だって自分は荀彧なんです。

任せられるは尚書令であり、軍師ごときの器ではありません。

せっかく荀攸も郭嘉も程昱も推挙してあげたんだから軍師なんて彼らにやらせてくださいよ。
そうすると当然、曹操はたちまち不機嫌になり友好度もダダ下がり。

何を献策しても用いてくれなくなってしまいました。
三国志ゲームをしているとよくあることです。(少なくとも自分は)

さて、三国志演義では若干地味な王佐の才は実際どのような仕事をしていて、その権力は如何ほどのものだったのでしょうか。

 

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

 

献帝獲得までのお仕事

荀彧 曹操

 

荀家は名家なので曹操に仕える前の荀彧も当時のエリートたちが進むような出世街道を辿っていました。
当時の潁川太守である陰修の主簿(秘書)も勤めていたとの話もありますが、当の荀彧伝にはその記載はありません。(鍾繇伝に記載があります)
献帝が帝位に就いた後に孝廉に推挙され、最初の官職は守宮令。

これは帝の文房具の管理をするという若干地味なお仕事です。

 

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

 

董卓の乱で荀彧は出世コースを外れる

董卓&呂布

 

董卓の乱で都が荒れると、荀彧は約束された出世コースを自ら外れます。
守宮令として働いていた期間は数ヶ月~1、2年程度でした。

 

荀彧 袁紹

 

その後袁紹を無視した荀彧は、未だ発展途上にあった曹操軍に身を置きます。
そこで曹操が「我が子房がやってきた!」と喜んだのは有名な話です。
荀彧が唯一軍師と呼んでもいい仕事をしていたのはこの時でした。

三国志荀彧伝には曹操が鎮東将軍になった頃に荀彧はいつも司馬として従っていた、との記載があります。
ここで言う司馬は、軍を統制する警察官のような役割と考えられます。
曹操はなんでも荀彧に相談したがるので、戦についての献策もしていたのではないでしょうか。

 

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓

 

献帝獲得後のお仕事

現実主義曹操
さて、献帝を許に迎えて以降、荀彧は長く侍中守尚書令という役職に就きます。
侍中は皇帝の傍に侍して質問などに答える教育係兼お世話係です。
尚書は帝への上奏文を管理する役職で、尚書令は尚書たちを統べる長官でした。
その仕事の性質上都を離れることはできないため、曹操軍の司馬という役割はここで終了となります。

それ以降は主に内政を取り仕切る役割になったために軍記物の三国志演義では荀彧の影が薄くなってしまうわけです。

 

曹操の覇業を支えた荀彧

荀彧 曹操

侍中や尚書令の仕事に加え、荀彧にはもうひとつ重要な役割がありました。
それは、何かと弱気になり泣き言を言う曹操を鼓舞すること。
官渡の戦いの前には袁紹との戦力差に弱気になる曹操を「公は袁紹よりすごいから大丈夫」と奮い立たせ、いざ戦が始まると「食料も不足してるし怖いから帰りたい」との泣き言をわざわざ手紙で送ってくる主君に「ここで帰るのは馬鹿だし、こうすれば多分勝てるんじゃないかと思うから頑張ってください

(実際はやんわり言ってるはずです)」と窘めます。

もしかすると、この手のかかる主君のお守り役が他の何にも勝る荀彧の功績かもしれません。

 

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?

関連記事:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝

 

曹操よりも凄い?!荀彧の権力

荀彧

 

荀彧は尚書令という地位に長くいましたが、この尚書令という官職、実は結構なくせ者です。
上で簡単に帝への上奏文を管理する仕事、と書きましたがそれだけではありません。いえ、それだけでも大変に権威のある仕事なのですが・・・・・・。

まず、上奏文を帝に上奏するかどうかは尚書が判断します。
つまり尚書、ひいては尚書令の荀彧のお眼鏡に適わなければ曹操ですら帝に上奏することはできなくなってしまうのです。
劉備や孫権からの上奏も間違いなくまずは尚書台で検閲したと思われます。
荀彧は許都を離れることはできませんでしたが、その場にいながら中国全土の情勢を知ることができたわけです。

 

直接、皇帝と話すことができた荀彧

皇帝いっぱい

 

また、彼は侍中という直接皇帝と話ができる立場にいました。
後漢での侍中は他の役職との兼任が普通でしたが、これ以上の最強のタッグはないと思えるほどです。
自分の意に副わない上奏はなにかと理由をつけて却下し、皇帝に入れ知恵をして思うままの詔を出させる、ということもやろうと思えば可能なわけです。
これは荀令君には逆らえませんわ。

 

曹操が荀彧に(あまり)逆らえない理由はもうひとつありました。
それは荀彧が後に魏の内政を支えることになる有能な人材を多く推挙していることです。
その上陳羣は荀彧の娘婿に当たりますし、鍾繇に至っては「顔回(孔子の高弟)没後に九つの徳を完備し、同じ過ちを二度と繰り返さない者はただ荀彧ひとりだ」と心酔といっていいほど賞賛しています。
彼らに一斉にそっぽを向かれるようになることは曹操も避けたかったはずです。

 

ちなみに荀彧は曹操からの「三公になれ」という要請を何度も何度も何度も何度も(十数回)お断りしています。
三国志荀彧伝には欲のない荀彧の美談のように書かれていますが本当に慎み深かっただけなのでしょうか?
そのお話はまた次の機会にします。

 

関連記事:幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について

関連記事:ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 魏王

 

よく読まれてる記事:三国志初心者の為の諸葛孔明ってどんな人

 

荀彧

よく読まれてる記事:権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる

 

photo credit: Bamboo trees via photopin (license)

photo credit: Bamboo trees via photopin (license)

 

関連記事:荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能

 

 

この記事を書いた人:伊庭ぽち

伊庭ぽち

自己紹介:三度の飯とおんなじくらい中国史が好きな伊庭ぽちと申します。

浪漫溢れる古代中国に魅せられて、歴史物小説を書いたり書かなかったりまた書いたりを繰り返しています。

関連記事

  1. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…
  2. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉…
  3. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  4. 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?
  5. 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざま…
  6. 三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計
  7. もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  8. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  2. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家
  3. 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]
  4. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  5. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  6. 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる! 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか? 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側
  2. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?
  3. 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!!
  4. 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?
  5. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  6. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  8. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP