ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

呂布の英雄石像




董卓えらそう 独裁

 

洛陽に壊滅的な被害を与えたのち、さっさと長安遷都した董卓は、

新しい都でも、再び残虐な行為を繰り返します。




遷都したての長安

泣く民027

 

前漢と後漢の間に挟まれた新王朝の末期に

赤眉(せきび)の乱という農民反乱が起きました。

 

この時に都であった長安は、すっかり焼け野原になっていて

残っているのは高祖廟(こうそびょう)と官舎の一部だけだったので

董卓に連れてこられた献帝は、そこを仮住まいにすることになりました。

 

董卓は、洛陽の民数百万人も引き連れてきて、長安へ移住させました。

もちろん、兵士として使うためです。

しかし、民は飢えに苦しみ、行軍中

死体の山を踏みつけながら進んだといいます。




董卓、好き放題

董卓紙幣

 

董卓は長安に遷都すると、自らを「尚父(しょうほ)」と

称しました。

これは、周の武王が太公望のことを「尚父」と呼んだことに

ちなんでいます。

 

また、董卓は青いほろのついた馬車で市内を移動しました。

青いほろの馬車というのは、皇太子専用の車です。

人々ははじめこそ、眉をひそめていましたが、

そのうち気に入らないものはかたっぱしから処刑されることに

恐れをなして、ただひたすら目を合わせないようにしたといいます。

 

董卓は、弟や親族を諸侯に任ずるばかりか、

愛妾に生ませた赤ん坊までも侯に封じました。

その赤ん坊は、金印と紫の印綬のおしゃぶりをくわえていたそうです。

 

長安にあった銅像や鐘などは、すべてつぶされて、

劣悪な小銭が大量に作られました。

貨幣価値はガクッと下がり、そのうち貨幣の流通も滞ります。

経済もめちゃくちゃになってしまったのです。

 

関連記事:後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん)

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

 

 

董卓を殺した呂布は英雄に……?

呂布 英雄石像

 

董卓が呂布に殺されたと知ると、長安市内は喜びにあふれました。

人々は、なけなしの金をはたいて祝いの酒や肉を買い求め、

一時的に長安の町が活性化したほどでした。

 

董卓暗殺の首謀者は王允(おういん)でしたが、

実行したのは呂布です。

呂布の功労は認められ、奮威(ふんい)将軍の称号を得、

さらに侯に封じられました。

 

政治は王允、軍権は呂布。

しかし、この体勢は長続きせず、董卓の配下だった

李傕(りかく)と郭汜(かくし)に逆転され、

王允は殺され、呂布は長安を追われてしまうのです。

 

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

関連記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

 

 

 

耳で聞いて覚える三国志





よく読まれている記事

董卓戦上手なの?

 

関連記事:董卓は実は名将軍であるという根拠

 

董卓&呂布

 

よく読まれてる記事:うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!

 

 

相国 董卓 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

 

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 公孫攅と劉備 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  2. 張遼・楽進・李典 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  3. 過労死する諸葛孔明 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  4. 曹操と夏侯惇 夏侯惇の功績は戦よりも内政の方が大きい!?
  5. 孔明と司馬懿 諸葛亮の乗っているイメージが強い四輪車は、本当にあったのか?
  6. 疫病が流行った村 赤壁の戦いの時の風土病は乱世では当たり前だった?
  7. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  8. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操 三国志演義に登場する兵器

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬岱
  2. 始皇帝(キングダム)
  3. 曹丕
  4. 陸遜
  5. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠
  6. 騙し合う呂布と袁術
  7. 郭嘉

おすすめ記事

  1. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! 七星剣
  2. 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!
  3. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説!
  4. 【薩摩vs大英帝国】薩英戦争は勘違いから始まったってホント?
  5. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  6. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」

三國志雑学

  1. 劉備の黒歴史
  2. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  3. 凌統
  4. 怒る陳宮
  5. 荀彧


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 楊懐
  2. 賈詡
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 荀彧
  5. 呂布を心配する張楊(ちょうよう)
  6. 張飛、劉備、曹操
  7. 降参する姜維

おすすめ記事

明治天皇 明治天皇とはどんな人?天皇に即位から西南戦争、人柄まで解説 呂蒙を慰める孫権 これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の年齢は信長より若かった! 周瑜 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、揚州(ようしゅう)編 一人で逃げる曹操 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利! 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP