広告募集
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌

この記事の所要時間: 238

黄忠VS夏侯淵

 

戦乱のイメージしかない三国志の時代ですが、

その傍らでは、あるスポーツが大ブームになっていました。

 

王充(おうじゅう)が著作に書いてしまう程の

三国で今一番ホットなスポーツ、撃壌(げきじょう)を紹介しちゃいますよ。

 

 

 

大の大人が夢中になってしまう撃壌とは?

撃壌

 

撃壌とは、遥か堯(ぎょう)帝の時代から中国人の心を捉えて離さないスポーツです。

そのプレイスタイルについて、説明しましょう。

 

撃壌をプレイする上で必要なもの

張任

①服装、※ラフでよい

②使うもの、壌という木製の沓(くつ)の形をしたアイテムを複数

 

撃壌のルール

撃壌

①、地面に、壌を立てて置いておく

 

②、30歩から40歩離れた地点から、別の壌を投げて、

地面に立てた壌を撃つ事が出来ればポイント

 

※壌を撃つ、だから撃壌という

 

撃壌は、何名でプレイしたのか?

 

プレイ人数を見ると、四、五人が出ている事から、

これは、1投ずつ、壌を投げていき、より壌を倒した回数が

多い人が勝ちというシンプルなルールのようです。

今風にいうと、玉を投げないボーリングみたいな感じですかね?

 

 

本当にあったスポーツだったのか?

張飛にお酒 だめだよ

撃壌は後漢初期の思想家として有名な王充の著作である、

論衡の芸増編に出てくるような歴とした由緒あるスポーツです。

 

なんだか、ヒマ人が酔った勢いで始めた悪ふざけが、

そのままスポーツ化したようなイメージなのですが、

王充がわざわざ書いた位ですから、広く名士が、

楽しむような紳士なスポーツだったのだと推測されます。

 

撃壌から産まれた鼓腹撃壌

たぬき

撃壌は一般に鼓腹撃壌(こふく・げきじょう)という四文字熟語で

語られる事が多いです。

 

意味は、腹いっぱい食べて、お腹を太鼓のようにポンポン叩きつつ、

地面を踏みしめて踊るという事。

つまり、世の中が治まって、泰平である事を称えた歌なのです。

 

そのような世の中なら、明日の命を考えず毎日のように

撃壌に興じるという事も可能だったでしょう。

そうして考えると、三国時代の知識人が撃壌に興じたというのも、

また別の意味が見えてくるような気がします。

 

撃壌を楽しみつつ、とんでもない詩を詠んだ老人

張松

さて、この撃壌には、撃壌歌という太古の昔の老人が、

まさに撃壌を楽しみながら詠んだという歌が残っています。

これが結構、とんでもない内容なので紹介しましょう。

 

日出而作、日入而息、鑿井而飮,耕田而食 帝力于我何有哉。

 

この意味を簡単に説明しますと、、以下の通り

 

翻訳:日が昇ったら働き、日が沈んだら休む。

井戸を掘って水を飲み、田圃を耕して喰う

俺には、帝の力なんか何も関係ない

 

どうでしょう?この歌は、俺は帝の世話になんかならない、

俺が生きていけるのは俺のお陰という詩なのです。

 

何だか皇帝がいるのが前提の社会では発表をはばかられる内容ですが、

これは反逆の詩ではなく、天下太平の世の中では、皇帝の事を考える

ような事なく、人々は暮らしを楽しむ事が出来るという意味になります。

 

撃壌を楽しんでいる間、人々は戦乱を一時でも忘れられた

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

三国志の時代は戦乱の世ですから、絶えず死が隣り合わせにあります。

でも、僅かな時間、撃壌に熱中している間は、その戦乱を忘れて、

太平の時代のように無心に遊んでいられた事でしょう。

 

これこそ、撃壌が三国志の時代にホットなスポーツになった、

一つの由縁かも知れません。

どんな乱れた世でも、スポーツに心の安らぎを求める気持ちは、

昔も今も一緒なんですね。

 

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

関連記事:三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

撃壌は、木沓の形をしているという事は、元々は、本当に履いている

木沓を立てて、それを倒して遊んでいたという事だと思います。

 

靴と言えば、筵と沓を造らせたら、天下一の劉備玄徳がいますが、

彼が撃壌を楽しんだかどうかは謎です。

 

いや、辛かった下積み時代を思いだすから、やらなかったかな・・

 

関連記事:三国時代の経済ってどうなってたの?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

 

こちらの記事もよく読まれています

三国志 英雄たちの宴

 

よく読まれてる記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

司馬懿 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武…
  2. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛が…
  3. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  4. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  5. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4…
  7. フビライ・ハンとは何者?モンゴル帝国のラスボスに迫る!
  8. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 士仁(しじん)は何で関羽を裏切ったの?呉へ降伏してしまった蜀の武将
  2. 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇
  3. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  4. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?
  5. 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】
  6. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【反逆編】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの? 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる? 【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?

おすすめ記事

  1. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  2. 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?
  3. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  4. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相
  5. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  6. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  7. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  8. 魏や呉にもいた諸葛一族の話

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP