春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめての孫子】第7回:凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。

この記事の所要時間: 415

 

さて、「はじめての孫子」第7回目です。

 

戦わずして勝つのが最上の策であり、戦わざるをえない場合は勝つための態勢を整えてから戦わなければいけない。

ここまで孫子はそう主張しています。

 

しかし、実際の戦場においては偶然の要素がどうしたって絡んでくるものではないか?

 

そういう疑問が出てくるのも当然です。

孫子は戦いにおける偶然性を無視していたわけではありません。

むしろ、その偶然性をコントロールすることこそが、合戦においては重要であると語っています。

 

そして、その偶然性を大きく左右するのが、軍(兵)の勢いであると、孫子は唱えています。

 

前回記事:【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

「形篇」の要点

孫子の兵法 曹操

 

  • 軍を自分の手足の如く扱えるよう、準備を整えよ
  • 戦いとは正攻法と奇策のせめぎあい。そこに、勢いが生じてくる
  • 蓄積された力を一気に放出して、勢いを作れ!!
  • 軍を勝利させるのはその勢いであって個人の武勇ではない

軍隊を手足のごとくコントロールし勝利するための四要素「分数」「形名」「奇正」「虚実」

兵士

 

指揮官がいかに有能であっても、兵士が指揮官の指示に従わなかったり、命令がきちんと伝達できなければ、戦に勝つことはできません。

命令の伝達が遅れ、部隊がのろのろと行動していれば、敵はすかさずその隙をついて攻勢に出てくるでしょう。

 

孫子は指揮官が指揮下の部隊を己の手足のように自在に指揮して勝利するために必要な4つの要素を上げています。

 

ひとつ目は「分数」。ここでは部隊の編成を意味します。

 

軍隊は、小さな部隊が集まって構成されるものですが、その構成人数や装備内容が部隊によってまちまちでは、

それぞれの行動が噛み合わず、全体として上手く行動することができません。

まずは部隊編成をきっちり行うことが重要であると孫子は説いています。

 

ふたつ目は「形名」これは全軍を指揮するための方法のことです。

無線機など、まだ影も形もなかった三国時代、時に数万にも上る大軍を指揮するために用いられたのが、旗や太鼓、ラッパといった鳴り物でした。

 

司馬遷の指揮には、孫武(孫子)が呉王闔閭の前で、後宮の女達を太鼓で指揮する場面が描かれています。

 

この時代、部隊の行動(前進、後退など)を指揮するために、大きな音を出す太鼓や、目立つ旗を使って合図を送っていたのです。

孫子は軍を指揮するために必要不可欠なそうした鳴り物や旗をきちんと用意しろと説きます。

 

みっつ目は「奇正」。

これは定石通りの正攻法と状況に応じて臨機応変に行う奇策をきちんと使い分けることです。

 

そしてよっつ目は「虚実」。

事前の入念な準備を行うことで、装備も指揮系統も充実した軍隊を持って、隙だらけの敵を討つことこそが重要である。

『実際に戦う前に勝つこと』を良しとした、孫子ならではの言葉と言えるでしょう。

 

関連記事:誇りを失ってもなお……『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

 

四つの要素の中で、一番重要なことは?

呉の軍隊だと分かる兵士0018 kiki

上記の4つの要素の中でも、孫子は特に正攻法と奇策を使い分ける「奇正」を重視していたようで、

奇策と正攻法の使い分けの複雑さ、難しさを別項を用意して説明しています。

 

その内容は、次の項目で説明致します。

 

正攻法と奇策の混沌が、戦いに勢いを生じさせる

発石車 曹操

 

いくら事前の入念な検討と算段を重視し、勝つための準備をしろと唱える孫子ですが、

一方で、彼は戦場の混乱が戦いに思わぬ方向への勢いを生み出すことがあるということを知っていました。

 

戦場において、情勢は常に変化するものであり、定石通りの正攻法だけで勝てるものではありません。

巧みな指揮官とは、状況に応じてさまざまな奇策を打つことができる者であると孫子は説き、

その様子を太陽や星々の動き、あるいは悠久に流れ続ける長江や黄河に例えています。

ページ:

1

2

関連記事

  1. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】
  2. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  3. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  4. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇して…
  5. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  6. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  7. 十常侍ってなんぞや?
  8. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  2. 【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊
  3. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  4. 司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟
  5. 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材
  6. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な一族 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? またまた発見!劉備の黒歴史、なんと劉禅には生き別れの兄がいた? 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧

おすすめ記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  2. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将
  3. 何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?
  4. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  5. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  6. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  7. 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?
  8. 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP