キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣




朝まで三国志 袁紹

 

袁紹(えんしょう)には優れた智謀の臣が二人いました。

一人は情報を解析し、優れた知略を持っていた沮授(そじゅ)

もう一人は智謀と見識の高さで袁紹に的確な進言を行った田豊(でんほう)

この二人からでる献策はことごとく的確で、袁紹が彼の献策をもし

一つでも採用していたら、三国志は成立しなかったかもしれません。




漢王朝に就職

 

田豊は謀略と機略に優れ、広い知識を持ち地元で評判の高い人物でした。

漢王朝は田豊の名声を聞きつけ、彼を大尉府にスカウトします。

田豊はスカウトを受けて大尉府へ就職します。

彼は数年後大尉府から朝廷に仕えることになります。

彼は朝廷に仕えますが宦官が朝廷で幅を利かせ、賢臣が省かれている

状況が気にくわず、朝廷での仕事を辞めます。



袁紹の丁重な姿に魅了され仕える事に

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

田豊は朝廷での仕事を辞めた後、冀州の韓馥に仕えます。

しかし韓馥は袁紹の脅迫にビビッて冀州を捨て、逃げます。

田豊は韓馥が逃げてしまった事に失望し、しばらく家に引きこもります。

家に引きこもり毎日書物を読んで過ごしていました。

そんなある袁紹が自ら家に来て「私の臣下になってくれ」と頭を下げてお願いします。

田豊は袁紹のこの姿を見て、「分かりました。これからはあなた様に

お仕えいたしましょう。」と袁紹に仕える事にします。

 

今こそ曹操を討伐する最大の好機

劉備 曹操

 

袁紹は曹操の討伐するため官渡に軍勢を出陣させます。

曹操も自ら軍勢を率いて官渡や白馬などの重要拠点に兵を出陣させ、

袁紹に対抗します。

この時袁術討伐に向かっていた劉備が徐州で、曹操に反旗を翻します。

曹操は劉備を討伐するため自ら軍勢を率いて出陣します。

田豊は劉備が徐州で独立したと知らせを受けると、

袁紹に「曹操は自ら劉備討伐に向かったそうです。奴がいない今こそ

曹操を討つ最大の好機です。出陣しましょう。」と進言します。

袁紹は「今、オレの息子が風邪ひいて看病しないといけないから、

また今度な」と田豊に出陣できない理由を告げます。

 

関連記事:三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

関連記事:沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー

関連記事:袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル

 

杖を地面に叩きつけて悔しがる

 

田豊は袁紹が自らの進言を聞き入れなかった事に激怒します。

彼は家に帰ると杖を地面に叩きつけ「今が最大の好機だと言うのに、

子供の看病だからと言って出陣しないとは、天下を取る気があるのか

怪しいものだ。」と部屋でブチ切れます。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  2. 劉邦をなだめる陳平と張良 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦…
  3. 孔明による出師の表 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  4. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定…
  5. 曹操と機密保持 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  6. 陸遜と孫権 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  7. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  8. 司馬懿 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 雨の中進軍する曹真
  2. 徳川家康
  3. スサノオノミコト(日本神話)

おすすめ記事

  1. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?
  2. 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた 老荘思想(ろうそうしそう)
  3. 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦 皇帝に就任した曹丕
  4. 【列子】どうしてオバチャンはいつも幸せそうなのか?恥も自意識もない生き方とは? 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  5. 袁紹の評価が残念な6つの理由 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  6. 幕末の偉人は外国人をどのように思っていたの?

三國志雑学

  1. 馬騰
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂玲綺
  2. 空城も計 孔明
  3. シリア 関羽
  4. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

美化された袁紹に羨む袁術 第20話:袁術くん「やりたいことをして生きていく」について袁紹から学ぶ【最終話】 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは 【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」 あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え 岳飛伝(一) amazon 田中芳樹の岳飛伝が人には推薦しづらい理由 ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 曹操に憧れる荀彧 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP