春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての変

【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

この記事の所要時間: 333




真田丸

 

2016年のNHK大河ドラマは、戦国最強、日本一の兵(つわもの)と

謳われた真田幸村(信繁)を主人公にした真田丸です。

はじめての三国志も、大河ドラマ人気にしつこいくらいに便乗しちゃっていまーす。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事



カッコイイ、真田の赤備え!

真田丸

 

赤というと、今でも男の子のHEARTに火をつけるカラ―です。

戦隊ヒーローのリーダーは大抵、レッドですし、あの赤い彗星のシャアだって

赤いパーソナルカラーのモビルスーツに搭乗しています。

同じく、真田幸村が率いる、真田軍も全体が赤い鎧で統一されていました。

これを赤備(そな)えといい、幸村は赤い鎧に鹿の角をつけた赤い兜を被ります。



真田の赤備えは戦国最強武田軍からの流れ!

真田丸02(武田信玄)

 

真田家の鎧が赤なのは、元は甲州の武田氏に仕えていたからです。

武田信玄は、自軍の団結意識を強める為にすべての兵士の鎧を赤に統一します。

無敵と謳われた武田騎馬軍団は周辺国の兵士の恐怖の的であり、

赤備えが現れただけで、逃げ出してしまう兵士もいた程でした。

このような赤が持つ迫力や威圧感も信玄は計算に入れていたようです。

 

 

三国時代の覇者、曹操も赤備えの鎧だった?!

曹操 真田丸

 

赤=カッコイイというのは、幸村や信玄の専売特許ではありません。

実は日本の戦国時代を1300年遡る三国志の時代の英雄、曹操(そうそう)も、

赤い鎧に赤いマントを着て、颯爽と馬上で指揮をしたと言われています。

 

もっとも、曹操が赤い鎧を着ていたと記す文献はなく、

その根拠は、吉川英治の三国志の記述によるようです(残念)

ただ、曹操の墓とされる遺跡からは赤瑪瑙(めのう)の装飾品が

出ているようですから、本当に赤は好きだったかも知れません。

 

余談ですが、黄巾賊討伐で初陣を飾った頃の曹操の官位は騎都尉(きとい)で、

これは現代の小佐から大佐くらいの佐官に当たります。

 

おおっ!赤い彗星のシャアがルウム戦役で地球連邦の宇宙戦艦を五隻

一人で沈めて手柄を立て中尉から小佐に昇進したのに似ていますね。

もしや、これは偶然でしょうか?はい、偶然デス!!

 

関連記事:【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!

関連記事:【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点

関連記事:【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備

関連記事:【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ!

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が率いたエリート弩兵、赤甲兵

孔明

 

曹操の赤いマントと赤い鎧は推測の域を出ませんが、一方で記録にハッキリ残る

赤い軍隊も存在します、それが蜀漢の丞相(じょうしょう)孔明が率いた赤甲兵です。

 

これは、華陽国志に出てくる記述で涪陵(ふりょう)郡の住民が勇猛で頑固な為に

後漢の時代から、ここでは赤甲(せきこう)兵が徴兵されていたのだそうです。

孔明も、この後漢の時代からの習慣にならい、3000名の兵で赤甲兵を編成し

ハイテクな弩兵として鍛えて精鋭にしていたとの事です。

 

そして、赤甲兵はその赤い鎧に恥じない有能さを発揮したようです。

孔明は、赤甲兵を辺境の涪陵郡から赤甲兵最前線の漢中に移動させて、

北伐を敢行する重要な部隊として位置づけました。

 

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

 

後漢の軍隊は、赤がパーソナルカラーだった

真田幸村&張遼

 

そもそも、後漢は、陰陽(おんみょう)相生(そうしょう)説により、

秦という水徳の王朝を倒した火徳の王朝と自らを位置付けていました。

それにより、軍隊も火をイメージする赤備えになったようです。

 

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

関連記事:【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志
真田幸村、武田信玄、曹操、そして孔明と歴史で目立つ活躍をする人は、

みーんな赤が好きなんだという事がよく分かりますね。

 

ちなみに、武田家は武田勝頼の時代に長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗北し

以後は急速に勢いが衰えて最後には天目山の戦いに敗れて一族共々自決してしまいます。

その後に生き残った武田の残党を吸収したのは、徳川家康の武将の井伊直政でした。

彼は破れたとはいえ、果敢に戦った武田勢を称える為に武田の赤備えを許し

そのままの形で自軍に組み込んでしまいます。

井伊家は以後もずっと赤備えの軍隊を率い、それは幕末まで続くのです。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!

関連記事:三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!

関連記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  2. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…
  3. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  4. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  5. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人…
  6. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見…
  7. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  8. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  2. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更かし
  3. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた
  4. こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑
  5. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  6. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!! 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく) 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!

おすすめ記事

  1. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  2. 孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?
  3. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 
  4. 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】
  5. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)
  6. 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  7. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!!
  8. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP