ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情




真田丸 劉備

中国史好きの皆さんが密かに気になっているものがあるかと思います。

そう、トイレです。

大声で語るには憚られるものの、ついつい話がつきないのがトイレネタ。

特に日本人のトイレに対する一種の情熱ともいうべきこだわりは世界でも類を見ないでしょう。

 

一方、「你好トイレ」をはじめ、日本と全く異なるトイレカルチャーを持つ中国ですが、

古代においてはどうだったのでしょうか。

現存する文献史料や出土した考古文物から、

実はトイレにもいくつか種類があったことが分かっています。




豚便所

豚便所

(画像出典元:wikipedia)

 

古文で「圂(溷)」という漢字があります。

囗(囲い)の中に豕(豚)がいる字形から分 かるように本義は豚小屋ですが、

昔は豚小屋とトイレがくっついていることが多かったため、両方の意味で使われました。

前漢に作られた字書『説文解字』ではこの字を「廁のこと」としています。

これは庶民から貴族階級までポピュラーな形態だったようで、

豚便所をかたどったミニ チュア模型が幾種類も発見されています。

それらを見ると、総じて野外の壁や垣で囲われ た中に豚がおり、

その真上や横脇の高いところにトイレが設置されています。

春秋時代の歴史書『国語』に、

周の文王の母・太任が豚小屋の上で用を足し……という下りがあることから、

豚便所は春秋時代にはすでに存在していたと考える人もいます。




漢の高祖劉邦の皇后・呂雉の怖い話「人彘(人豚)」

太后

 

また漢の高祖劉邦(りゅうほう)の皇后・呂雉の怖い話「人彘(人豚)」の名前の由来もこの豚便所です。

かなり過激な内容なので、気になる方のみ調べてみて下さい。

この豚便所、現代でも中国南方など一部の地域には残っているようですが、

その昔は韓国(朝鮮)や沖縄(琉球)にまで伝播していました。

豚は雑食で人糞も食べるので、人の排泄物を餌の一部にして処理したのです。

現在は衛生上の問題からほぼ消滅(日本では禁止)していますが、発想としては合理的ですね。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

ボットン

ボットン wiki

(画像出典元:wikipedia)

 

日本人にもお馴染みのボットン便所。

エリート必修テキスト『春秋左氏伝』にはお腹が張って

トイレに行き落っこちて死んでしまった成公の話や、

『史記』には簀巻きでトイレの中に放置され宴会の酔っ払い客に尿をかけられた范雎の話があり、

かなりの深さないし広 さがあったことが窺えます。

ただしこれらについては詳細な描写がないため、豚便所での出来事という可能性もありえます。

 

おまる

 

『漢書』に、万石君(石奮)は孝行者で、

五日に一度の休暇にはいつも実家に帰り親のために「廁牏」を洗ったとあります。

この「廁牏」、トイレの踏板だとか下着などと解釈が割れていますが、

木箱型便器という説もあります。

もし便器だとすれば、床下はめ込み式 か床上置き式かはさておき、

洗えるくらいなのでポータブルなトイレだったのでしょう。

 

水洗

水洗いトイレ 引用

(画像出典元:http://news.hexun.com.tw/)

 

なんとまさかの水洗式です。

それは「河南永城芒碭山漢梁孝王」という前漢の王侯のお墓から発見されました。

きっとあの世でも不自由しないように作られたのでしょう。

一室の角に設置された石の便座には中央の隙間に穴が掘られ、

丁度今の洋式トイレのように壁 を背にして座るようになっています。

壁には手すりもついており、とてもバリアフリー。

専門家によると背面にある溝から水を流して洗浄したのではないかとのこと。

ただ、「徐州 獅子山西漢楚王墓」という別の前漢の王侯墓から発見された同じ形のトイレには穴も溝もなく、

水汲み用と思われるタライが横に備えられているだけなので、

実際本当に水洗式なのかどうか確かなことは言えません。

それでも文明的な設備といえます。

日本では奈良時代には水洗式トイレが発明されていましたが、

もしそれより約 500 年も早く作られていたとすれば驚きですね。

 

王様トイレ

 

毎度お馴染みの3大マナーバイブルの一つ『周礼』には、

王様の生活衛生を管理する「宮人」の仕事として、

トイレの不浄および悪臭の除去が挙げられています。

この時の王様トイレの構造は井戸+溝渠+溜池のようなイメージで、

井桁=便器で用を足すと、溝渠=配 管を通って下の溜池=下水に落ちるようになっており、

宮人はそれを清掃していたと考えられます。

こちらも現代のトイレの構造によく似ているといえるかもしれません。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  2. 英雄たちの宴(三国志) 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  3. 藏覇(臧覇)と曹操と袁紹 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  4. 袁紹モグラ作戦 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  5. 蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない
  6. 粗暴な張飛が厳顔の人柄を見極めた作戦とは??
  7. 郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!???
  8. 関羽 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ネズミで人生を変えた李斯
  2. 宋江(水滸伝)
  3. 問題を解決する楊脩
  4. 三国夢幻演義バナー 龍の少年

おすすめ記事

  1. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】 劉備と曹操
  2. 呉の呂蒙は死の原因は病気だった?関羽の呪いは関与してない? 関羽の呪いで殺される呂蒙
  3. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師) 甘寧に殺されかける料理人
  4. 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ キングダム
  5. 袁紹は実は名将だった!?死闘「界橋の戦い」の巻 袁紹と曹操
  6. 天皇の先生になった小泉信三、象徴天皇とは何か「はじ三ヒストリア」

三國志雑学

  1. 徐晃と夏侯淵
  2. 袁術
  3. 赤壁の戦い
  4. 孔明による出師の表


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 曹丕と曹植
  3. 曹操
  4. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  5. 南蛮
  6. 李牧

おすすめ記事

吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった? 曹操に憧れる荀彧 荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説 曹操は褒め上手 曹操が三国一の大国・魏を作ることができた秘訣はヨイショだった 呉の小覇王・孫策 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 趙雲と毛利勝永 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛利勝永との共通点を探れ! 織田信長 織田信長は金平糖にメロメロだった!スイーツ男子は甘いお菓子を手作りしていた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP