三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情




真田丸 劉備

中国史好きの皆さんが密かに気になっているものがあるかと思います。

そう、トイレです。

大声で語るには憚られるものの、ついつい話がつきないのがトイレネタ。

特に日本人のトイレに対する一種の情熱ともいうべきこだわりは世界でも類を見ないでしょう。

 

一方、「你好トイレ」をはじめ、日本と全く異なるトイレカルチャーを持つ中国ですが、

古代においてはどうだったのでしょうか。

現存する文献史料や出土した考古文物から、

実はトイレにもいくつか種類があったことが分かっています。




豚便所

豚便所

(画像出典元:wikipedia)

 

古文で「圂(溷)」という漢字があります。

囗(囲い)の中に豕(豚)がいる字形から分 かるように本義は豚小屋ですが、

昔は豚小屋とトイレがくっついていることが多かったため、両方の意味で使われました。

前漢に作られた字書『説文解字』ではこの字を「廁のこと」としています。

これは庶民から貴族階級までポピュラーな形態だったようで、

豚便所をかたどったミニ チュア模型が幾種類も発見されています。

それらを見ると、総じて野外の壁や垣で囲われ た中に豚がおり、

その真上や横脇の高いところにトイレが設置されています。

春秋時代の歴史書『国語』に、

周の文王の母・太任が豚小屋の上で用を足し……という下りがあることから、

豚便所は春秋時代にはすでに存在していたと考える人もいます。




漢の高祖劉邦の皇后・呂雉の怖い話「人彘(人豚)」

太后

 

また漢の高祖劉邦(りゅうほう)の皇后・呂雉の怖い話「人彘(人豚)」の名前の由来もこの豚便所です。

かなり過激な内容なので、気になる方のみ調べてみて下さい。

この豚便所、現代でも中国南方など一部の地域には残っているようですが、

その昔は韓国(朝鮮)や沖縄(琉球)にまで伝播していました。

豚は雑食で人糞も食べるので、人の排泄物を餌の一部にして処理したのです。

現在は衛生上の問題からほぼ消滅(日本では禁止)していますが、発想としては合理的ですね。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

ボットン

ボットン wiki

(画像出典元:wikipedia)

 

日本人にもお馴染みのボットン便所。

エリート必修テキスト『春秋左氏伝』にはお腹が張って

トイレに行き落っこちて死んでしまった成公の話や、

『史記』には簀巻きでトイレの中に放置され宴会の酔っ払い客に尿をかけられた范雎の話があり、

かなりの深さないし広 さがあったことが窺えます。

ただしこれらについては詳細な描写がないため、豚便所での出来事という可能性もありえます。

 

おまる

 

『漢書』に、万石君(石奮)は孝行者で、

五日に一度の休暇にはいつも実家に帰り親のために「廁牏」を洗ったとあります。

この「廁牏」、トイレの踏板だとか下着などと解釈が割れていますが、

木箱型便器という説もあります。

もし便器だとすれば、床下はめ込み式 か床上置き式かはさておき、

洗えるくらいなのでポータブルなトイレだったのでしょう。

 

水洗

水洗いトイレ 引用

(画像出典元:http://news.hexun.com.tw/)

 

なんとまさかの水洗式です。

それは「河南永城芒碭山漢梁孝王」という前漢の王侯のお墓から発見されました。

きっとあの世でも不自由しないように作られたのでしょう。

一室の角に設置された石の便座には中央の隙間に穴が掘られ、

丁度今の洋式トイレのように壁 を背にして座るようになっています。

壁には手すりもついており、とてもバリアフリー。

専門家によると背面にある溝から水を流して洗浄したのではないかとのこと。

ただ、「徐州 獅子山西漢楚王墓」という別の前漢の王侯墓から発見された同じ形のトイレには穴も溝もなく、

水汲み用と思われるタライが横に備えられているだけなので、

実際本当に水洗式なのかどうか確かなことは言えません。

それでも文明的な設備といえます。

日本では奈良時代には水洗式トイレが発明されていましたが、

もしそれより約 500 年も早く作られていたとすれば驚きですね。

 

王様トイレ

 

毎度お馴染みの3大マナーバイブルの一つ『周礼』には、

王様の生活衛生を管理する「宮人」の仕事として、

トイレの不浄および悪臭の除去が挙げられています。

この時の王様トイレの構造は井戸+溝渠+溜池のようなイメージで、

井桁=便器で用を足すと、溝渠=配 管を通って下の溜池=下水に落ちるようになっており、

宮人はそれを清掃していたと考えられます。

こちらも現代のトイレの構造によく似ているといえるかもしれません。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活さ…
  2. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?…
  3. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった
  4. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  5. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  6. 諸葛瞻(しょかつせん)ってどんな人?孔明が親バカになるほど可愛が…
  7. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  8. 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  2. 関羽千里行って有名だけど何なの?
  3. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!
  4. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  5. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  6. 【9月の見どころ】9/16公開予定:【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた

三國志雑学

  1. 亡くなる孫堅
  2. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何? 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語 三国時代の音楽ってどんな感じだったの? 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは? 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 はじめての三国志 4コマ劇場 その1

おすすめ記事

  1. 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!
  2. 明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの? 明智光秀 麒麟がくる
  3. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  4. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  5. 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】 蜀の馬超
  6. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」
  7. 『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?
  8. はじめての三国志コミュニティお題「自己紹介」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP