袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2




photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

袁盎(えんおう)は呉楚七国の乱が発生した際、副丞相である鼂錯(ちょうそ)を殺害するように

景帝に進言。

景帝は袁盎の進言を受け入れ、鼂錯を処断します。

袁盎はその後、呉王・劉濞(りゅうひ)を説得する為、元へ赴きます。

劉濞は彼を監禁し、殺害しようと試みますが、袁盎の元部下の活躍により、

窮地を脱し、洛陽に帰って呉王の状況を報告します。

前回記事:袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1




呉楚七国の乱の終焉

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

景帝は袁盎の報告を聞くと、周勃の嫡男である周亜夫(しゅうあふ)に軍勢を預け、

呉楚七国の乱を平定するように命じます。

その後周亜夫は各地の反乱軍を撃破し、ついに反乱軍の首魁である呉王を捕縛。

こうして呉楚七国の乱は平定されます。




楚王の宰相となる

photo credit: A cold dawn (Explore) via photopin (license)

 

景帝は呉楚七国の乱が終結すると、反乱軍側の王であった

楚王・劉交(りゅうこう)の嫡男である劉礼(りゅうれい)を楚王に任命。

景帝は劉礼を楚王に立てた際、袁盎を楚国の宰相に任命し、

呉楚七国の乱で荒れた領地の回復に努めるよう命令を出します。

袁盎はこうして再び洛陽から離れ、宰相として遠隔地に赴く事になります。

 

劇孟を賞賛する

photo credit: Getting closer via photopin (license)

 

袁盎は楚王の宰相となり、呉楚七国の乱で荒れ果てた地の復興を行っていきます。

しかし、完全に復興する前に彼は病にかかり、宰相の位を辞職し、故郷に帰郷。

袁盎は故郷で病を癒した後、町の人々と闘犬などを行いながら、

平穏な日々を送っていきます。

そんな中、洛陽の侠客である劇孟(げきもう)が彼を訪ねてきます。

彼は呉楚七国の乱の時、漢軍の総大将であった周亜夫(しゅうあふ)から

丁重にもてなされた事で、天下に名を轟かせます。

袁盎も天下の侠客である劇孟を丁重にもてなします。

袁盎が劇孟を丁重に扱っている事を聞いた富豪は袁盎に

「劇孟はギャンブルが好きで、いつも賭け事に興じています。

あなたはなぜあのような輩と親しく付き合っているのですか。」と問いかけます。

すると袁盎は怒り気味に「劇孟はギャンブル好きだけど、彼の母が亡くなった時、

葬儀に参加した人は千人以上が来たそうだ。彼にはそれだけの人数を引きつける

人徳があるのだ。

人は危機に陥った時に、他人に助けを求めても必ず助けてくれるとは限らないが、

彼は一度助けを求められたら、必ず助けてくれる。

今天下の人々が信頼している侠客は季心と劇孟だけだ。」と言い、

劇孟を批判した富豪とは縁を切ります。

袁盎は劇孟をもてなして、別れる際も丁重に礼を尽くして別れます。

この噂を聞いた人々は「袁盎様は立派な方だ。」と褒め称えます。

 

次代の皇帝について進言

photo credit: Wildflower Bouquet via photopin (license)

 

袁盎は隠居し、町の人々と交わりながら平穏な日々を過ごしていました。

しかし景帝は袁盎に度々使者を送り、漢の政策などの意見を聞いておりました。

そんなある日景帝は「梁王である劉武(りゅうぶ)が皇太子にしてほしいと嘆願してきたが

どのように思う。」と袁盎の元に使者を走らせ質問します。

使者は袁盎の言葉をもって景帝に拝謁します。

袁盎曰く「梁王を皇太子に立てない方が良いでしょう。」と反対。

景帝は彼の反対意見を受け入れ、以後梁王を皇太子にする話は無くなります。

この話しを聞いた梁王は大いに怒り、袁盎を恨み続けます。

 

刺客にアドバイスをもらう

photo credit: Seagull and Mt Stephens via photopin (license)

 

梁王・劉武は袁盎を亡き者にする為、刺客を放ちます。

この刺客は袁盎を殺す為、関中へ向かいます。

刺客は関中に入ると、町の人々から袁盎をどのように思っているか聞きます。

すると悪い噂は全く聞かず、彼の良い噂しか聞きませんでした。

刺客は袁盎の元を訪れ、「私は梁王に雇われ、あなたを殺害しようと思っておりました。

しかし関中の民は皆あなたを褒め称えており、あなたを亡き者にするのは諦めました。

だが安心してはなりません。

梁王の刺客があなたを狙っている可能性がありますので、気をつけてください。」と

告げ、刺客はその場を去ります。

袁盎は刺客からのアドバイスをもらいますが、

どのように気を付けたらいいのか分からず、不安に苛まれながら毎日を過ごします。

 

忠義の臣・袁盎の最後

photo credit: A dreamy pair via photopin (license)

 

袁盎は刺客からアドバイスをもらった後、自分の身のふり方を占ってもらう為、

占い師に相談しに行きます。

占い師から適切なアドバイスをもらい、家路に着きます。

しかし帰宅途中の袁盎に梁王が放った刺客が彼に襲い掛かります。

袁盎はなすすべもなく、刺客に刺殺。

袁盎の傷は深く、その場で即死してしまうのでした。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

袁盎は景帝から丁重に葬られますが、

景帝の孫である広川王(こうせんおう)劉去(りゅうきょ)に墓を荒らされてしまい、

中に収めてあった金銀などは全て持ち去られ、彼の墓は破壊されてしまいます。

漢帝国をより良い国にしようと考え、諫言を行い続けてきた臣としては、

非常に無念な結末を迎える事になってしまいます。

「今回の前漢時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~。」




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陸遜
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 班超
  4. 韓信vs孔明
  5. 曹植

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP