曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

この記事の所要時間: 353




華雄と呂布

 

袁術(えんじゅつ)と言えば、自称皇帝の部分はさておき、

なかなか用心深く、簡単には相手に嵌められないイメージがあります。

しかし、あろう事か、あの脳筋っぽい武将である呂布(りょふ)が放浪時代に、

袁術にたかりまくったという記述があるのです。

ひたすらプライドが高い袁術に、どうやって呂布がたかったのか?

後漢書、呂布伝から、ビジネスにも活用できるその方法を追います。




呂布李傕(りかく)・郭汜(かくし)に敗れて、逃亡し袁術を頼る

呂布 バックブリーカー

 

呂布は、王允(おういん)と結託して暴君董卓(とうたく)を暗殺し、

一躍、中国の時の人になります。

しかし、王允は狭量で執念深く、董卓に関わった人間は少しも許さずに

粛清の嵐を吹かせたので人望を失い、ついには、やけっぱちで西涼から、

攻め上ってきた、李傕郭汜の軍勢に敗れ、殺されました。

 

呂布は、李傕を迎え撃ちますが、勢いに勝つ事が出来ず、

董卓の首を馬の鞍にくくりつけ、数百の精鋭を引きつれて、

長安から逃亡します。

そして、最初に頼ったのが南陽郡を支配していた袁術でした。




袁術 呂布を大歓迎!その理由は・・

袁術 呂布

長安から都落ちした、呂布を何故か袁術は大歓迎しました。

その理由は、当時の呂布の人気の高さにあります。

今からは、考えられませんが、李傕・郭汜に長安を追われたとは言え、

逆賊の董卓を暗殺した呂布は、当時、天下一の義の人でした。

 

なによりも自分の評判を気にする袁術は、

これを無視するという事が出来なかったのです。

その証拠に、呂布は袁術に仕官したがっていたようですが、、

袁術は、これを完璧にスル―しています。

 

董卓 呂布

 

儒教道徳で育った袁術は、親殺しの罪を背負う呂布を、

個人的には大嫌いで、また信用してもいませんでした。

 

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

呂布、袁術の弱みを見透かし、たかる・・

表情 呂布

 

呂布は脳筋のように思われていますが、

短期的な危機を乗り切る洞察力には、大変優れていました。

袁術が、自分を歓迎する理由を悟った彼は、さらにたかります。

 

呂布「袁家は、逆賊董卓に、一族を皆殺しにされたんだよなぁ?

俺様は、その董卓を殺したんだから、袁家としては、

幾ら感謝しても足りない、仇を討った恩人ってわけだ・・」

 

そして、仇討ちをしてもらった弱みから、強く出られない、

袁術を尻目に、部下に南陽郡下での略奪を許しました。

 

呂布のビジネスアドバイス、絶対反論できない大義名分を使う

朝まで三国志 袁術

 

呂布のたかりポイントは、儒教の価値観では、

絶対の正義である仇討ちを成し遂げたという事です。

本来は、親の仇は子が討つのが常識ですが、

袁術も袁紹も、それを果たせずに洛陽から逃亡していました。

 

それを間接的とは言え、代わりに呂布が成し遂げた、

これは袁術の大きな負い目になったのです。

 

自分に代わり、仇討ちを成し遂げた呂布を歓迎しなければ、

袁家は、人の道を知らないと天下の儒者に馬鹿にされるでしょう。

袁術は、何よりもそれを恐れ、呂布の無礼に我慢していたのです。

 

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

関連記事:呂布の裏切りについて考察してみた

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

相手が反論できない事をセールスポイントにすべし、、

劉備

 

いつの時代でも、反論しようがない大義名分は存在します。

例えば、「お年寄りを大事にしよう」とか、「もっと女性の人権を認めよう」

とか、「エコロジーを重視しよう」とか、「バリアフリ―社会推進」等です。

 

これらのワードは、「いいえ違います」とは絶対に言えない正義です。

ましてや、それが企業であった場合には、これに反するような、

発言、行動を取ったとしたら、会社が潰れるようなダメージを受けます。

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

 

製品を売り込むには、これらの絶対正義を盛り込む

㈱三国志 劉備 孔明

 

例えば、あなたがコピー機を売り込むとしたら、

何を重視していくでしょうか?

 

インクジェットの持ちが良い事でしょうか?

それとも、印刷が早い事?アフターケアが充実している事?

もちろん、それらも悪くはありませんが、

絶対正義を活用しているとは言えないでしょう。

 

もし、コピー機を売り込むなら、

絶対正義ワードである、環境に優しい事を強調するべきです。

 

実際には、そんなに他社と環境負荷は変わらなくても、

環境に優しく、紙や電力を節約できる事を強調する事で、

売り込み先に、絶対正義ワードの圧力が掛けられます。

 

もし、競合他社との間で、コピー機の性能に差がないなら、

絶対正義ワードを強調した、あなたの会社のコピー機が売れるでしょう。

どの企業でも、環境に負荷を掛けていると思われるより、

環境に優しい企業だと世間から思われたいからです。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

袁術 呂布

 

さて、呂布は、あまりにも袁術に対して、恩着せがましい態度をした為に、

ブチ切れた袁術に殺されそうになり、危険を感じて南陽を逃亡します。

しかし、あの傲慢なエリートの袁術にグウの音も出させなかった、

仇を討った袁家の恩人という絶対正義ワードを呂布は途中までは、

実に巧みに、利用していたと言えるでしょう。

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  2. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  3. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  4. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂…
  5. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  6. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  7. レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!…
  8. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?
  2. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  3. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2
  4. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第3話』7/29(日)配信決定!
  5. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  6. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家 クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは? ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる! 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗

おすすめ記事

  1. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】
  2. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  3. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介
  4. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  5. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  6. 120話:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る
  7. 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢
  8. 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP