呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー

孟獲キャッチコピー




劉備

 

劉備(りゅうび)の死後、比較的に安定していた南蛮地域は不穏な空気に包まれ、

西暦225年、益州刺史の雍闓(ようがい)が反乱を起こします。

しかし、暮らしさえ安定していれば支配者は誰でもいい南蛮の民は、

当初ポカーンとしており、雍闓の味方は少ない状態でした。

しかし、ミスターワイルド、孟獲(もうかく)は、巧みなキャッチコピーで、

南蛮の民を反乱へと導きます。




ワイルドな孟獲は演義の創作、本当はインテリ

孟獲

 

建寧郡(けんねいぐん)滇池(てんち)県(雲南省昆明市)に産まれた

孟獲は、どうやらタイ族と漢族の混血であるようです。

 

さらに、孟獲は仕官していた役人でもあったようで、

南蛮ワイルド独り占めな筋肉ムキムキなイメージはありません。

 

そんな孟獲ですが、雍闓の反乱には好意的であったようで、

反乱は起こしたものの、住民を扇動できない脳筋な彼に、

素晴らしいキャッチコピーを提供します。




現地の実情を反映した孟獲の見事なキャッチコピー

孟獲キャッチコピー01

 

それは、とてもシンプルでした。

 

「漢のお偉いさんは、お前たちに高さ9メートルの木材を

3000枚出せとか言っているぜ、どうする?」

 

これを聞いた、南蛮の民は激怒して、我も我もと、

雍闓の反乱軍に加わり、反乱は一気に大きくなります。

 

私達から見ると、どうして、この程度で怒るんだろうと思いますが、

実は南蛮では、木は真っすぐに育つ事はなく曲がりくねり、

6メートルの高さがある木さえ稀なのです。

つまり、高さ9メートルの木材なんか出せっこありません。

同時に、そんな現地では当たり前の実情を知らない漢の政府に対して

現地の人々が不安を感じたのです。

 

「俺達の事は何もしらないのに、支配しようなんて、馬鹿にしてる!

そんな政府に服従してたまるか」

 

まさに現地の住民の実情を掴んだ孟獲でないと出せない、

キャッチコピーで雍闓の反乱は軌道に乗りました。

 

関連記事:孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件

関連記事:118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦

関連記事:119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦

 

相手を知らない売り込みは逆効果

劉備

 

営業でも、ただ闇雲に売り込みをかければいいというものではありません。

それでも、たまたまで成功する事はあるでしょうが、トータルで見ると、

うっとおしいという扱いをされる事が多いでしょう。

 

それを回避するには、ある程度、これから訪れる企業や、

個人の情報を仕入れておくというのが大事なのです。

 

気難しい作家を陥落させる敏腕編集者のテクニック

曹操と荀彧

 

例えば、気難しい事で評判な作家に原稿依頼に行く時には、

優れた編集者は、その作家の対談などを呼んで、

力を入れたのに、そんなに売れなかった小説などを探します。

 

そして、その小説を読み込んで、感想をまとめてから、

作家の元へ向かうのです。

 

大抵の編集者は、意中の作家の、とても売れた小説などを

褒めそやしますが、そんなのは作家にとっては当たり前なので、

あまり印象には、残ったりはしません。

 

ところが、一生懸命書いたのに、そんなに売れていない小説を

話題にされると、思わず関心が向きます。

 

まさに、自分しか知らない苦労を分かってくれる編集者がいた

 

という心理になり、「この編集者は俺を分かっている」という感想を

勝手に持ってしまうのです。

 

これなども、南蛮の現実をズバリと表現して、民の共感を得た、

孟獲のキャッチコピーと同じでしょう。

 

胸が大きいコンプレックスを商品化するアイデア

曹操 女性

 

ある下着メーカーで、大きい胸を小さく見せるブラを販売したところ、

これが大ヒットしたという話もあります。

 

胸が小さい女性用に、胸を大きく見せるブラなら、どこでも考えますが

胸が大きい事にコンプレックスを持つ女性に特化した商品は、

なかなか存在しなかったのです。

 

胸が大きい女性は、いつも胸に異性の視線を受けたりして、

不快に思う事もあり、これに目をつけての商品化でした。

まさに、知られざる胸が大きい女性のコンプレックスを、

すくい取って生まれた商品と言えるでしょう。

 

 

ビジネス三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

人の気持ちを動かすには、相手が密かに考えている事を見抜いて、

これを提示して見せるという事です。

孟獲は、南蛮では当たり前の実情を蜀の支配者は知らないと、

煽って住民を扇動し、名編集者は、頑張ったけど売れない小説を

褒めて、作家の共感を呼びます。

 

下着メーカーは、表には現れない胸を小さく見せたいという、

巨乳女性の心理を巧みに掴みヒット商品を出しました。

 

このような事は本当は無限にあり、それを掘り起こす事が、

ビジネスを成功させる鍵になるでしょう。

 

関連記事:営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

関連記事:【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男

関連記事:【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

 

 

関連記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 【馬超の妻の死から読み取る】馬超の再起を分かりやすく解説
  2. 孔明VS曹操 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  3. 諸葛一族 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…
  4. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 黄巾の乱ってどんな戦い?黄巾の乱を簡単に知ってみませんか?
  5. 木牛流馬 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは?
  6. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか…
  7. 張飛が使う蛇矛 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  8. 孔明 【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備の黒歴史
  2. 郭嘉
  3. 桃を持った姜維(はじめての三国志)
  4. 三国志に出てくる海賊達と甘寧

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 韓信
  2. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】 はじめての三国志 画像準備中
  3. カオスの極み!五胡十六国時代!原因はあの人にあった…
  4. 今どき三国志が流行らない理由 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  5. 本多忠勝はどんな性格をしていたの?戦国時代最強の武将の性格を分かりやすく解説 本多忠勝
  6. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その1 三国夢幻演義バナー 龍の少年

三國志雑学

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 曹操と夏侯惇
  3. 甄氏(しんし)
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操 詩
  2. 上杉謙信
  3. キングダム
  4. 楊儀と魏延
  5. 袁術
  6. 曹仁

おすすめ記事

廃仏毀釈 織田信長は仏教を保護していた?宗教に対して寛容だった織田信長 五虎大将軍の馬超 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 司馬懿と曹叡 【三国志ライフハック】司馬懿に見習い 勝ちパターンを生み出せ! 城 銅雀台 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? キングダム最新565話「前線にて」ネタバレ&レビュー 三国ベースボール攻略2 エースに邪馬台国女王・卑弥呼が加入! キングダム581話ネタバレ予想vol2深読み「王賁遂に中二病を脱出!」 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP