キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖

キングダム 3巻




キングダム 3 (ヤングジャンプコミックス)

 

漫画キングダムでは、山界の死王として登場する楊端和(ようたんわ)

恐ろしげな仮面をつけている戦闘力抜群のむさくるしい山の民の戦士達の中で、

彼女は色の白い美女として描写されています。

そんな、楊端和について、『はじめての三国志』では、徹底解剖しちゃいます。




楊端和は実在の人物なのか?

炎 s

 

楊端和は、史実にも登場する実在の人物ではあります。

しかし、史実の楊端和は山の民でも女性でもありません。

紀元前3世紀に秦王政(せい)に仕えた将軍で、もちろん男です。

史書に記されているキャリアは、僅かに9年ほどであり、

魏を攻めたり、趙をせめたりして手柄を立てています。

 

活躍していた期間が短いという事は、逆に考えれば、

それ以外の期間は、何とでも描けるという事にもなりますから、

今後、漫画の中で大胆に活躍するかも知れませんね。




楊端和の武力はどの程度なのか?

キングダム 33 (ヤングジャンプコミックス)

 

強者揃いの山の民を統率しているだけあり、楊端和は武力もあります。

秦王政の弟の成蟜が飼っていた猿の化物のようなランカイに、

山の民のバジオウは一騎打ちで勝利しましたが、そのバジオウですら、

楊端和には敗北を喫している程です。

 

ランカイは明らかに人外の存在にしか見えず、武力だけなら

六大将軍にも匹敵しそうなので、楊端和は武力ではすでに、

六大将軍クラスだと言えるかも知れません。

 

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

 

ピンチの時に駆け付けるナイスな役

政 キングダム

 

楊端和のイメージをより強く印象づけているのは、政がピンチの時に

駆け付けてくれるタイミングの良さでしょう。

キングダムの序盤では、味方が昌文君(強いがお爺ちゃん)と

壁(そこそこ強い)と信(めちゃ強いけどバカ)位しかいなかった

 

秦王政に味方して山の民を引き連れて現れ、王弟成蟜(せいきょう)の陰謀を挫き、

また、合従軍の李牧(りぼく)龐煖(ほうけん)が咸陽の奥深くまで迫った

秦軍絶対絶命の時にも颯爽と山の民を連れて出現しました。

 

李牧は、この楊端和軍の予想外の参戦で、咸陽急襲を断念したのですから

その功績は、六大将軍に推挙されてもおかしくない程に大きいです。

 

関連記事:【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

関連記事:キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

 

史実では、山の民は秦に協力したのか?

祁山、街亭01

 

山の民は、秦の穆公(ぼくこう)の時代に相互不可侵の

一種の軍事同盟を結んでいましたが、

穆公の死後は、秦人が一方的に同盟を破棄してしまい、

逆に山の民の住処を奪い、迫害した事を当初、恨んでいました。

当初、楊端和は、その事で秦王政を殺そうとした程です。

歴史上も、圧倒的に数の多い漢民族に少数の異民族が圧迫されて、

土地を奪われたり、奴隷のように使役されたりというケースがあります。

※もちろん、五胡十六国時代のように逆になったケースもあります。

 

一方で漢民族が利益で異民族を釣り、自軍に加える事で

軍事力を強化したというケースも無数に存在します。

 

馬超021

 

三国志の時代、曹操(そうそう)を追いつめた馬超(ばちょう)は、

西涼の羌(きょう)族や氐(てい)族を手懐けて、

強力な騎馬兵を自軍に組み込んでいますし、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)も涼州と結んで、

強力な異民族の兵力を当てにして北伐を有利に展開しようとしています。

 

また、周の幽王を滅ぼした申公は、これを討つのに、

犬戎(けんじゅう)という異民族の武力を当てにして周軍を撃破しました。

 

そのような事から、山の民のような山岳民族が、秦に協力して

戦うというのは、まったくの絵空事ではないと言えます。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

史実で見ると、楊端和は秦の将軍として戦っているので、

楊端和が六大将軍の一人として、登場する可能性はあります。

しかし、同時に異民族として、友好的ではあっても、

秦との間に厳格な一線を引いている感じの楊端和が、

おいそれと秦王政の六大将軍任命の勅を受けるとも思えません。

その場合には、やはり六大将軍には、羌瘣(きょうかい)が就任して、

楊端和は助っ人として秦軍に加わるという形になるのかなとも思えます。

もし、羌瘣とコンビで戦うとなると、キングダム女性パワー炸裂の展開で

これも新鮮だなーとも思いますね。

 

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




 

関連記事

  1. 関羽の一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  2. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  3. 美女を集めた曹叡 そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!
  4. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  5. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  6. まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄…
  7. 五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…
  8. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 残忍な曹丕
  2. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  3. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  4. キングダムの王騎
  5. 王騎 キングダム
  6. 曹操
  7. 関羽と関索
  8. 項羽(はじめての三国志)
  9. キングダム54巻amazon

おすすめ記事

  1. 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの?? 徐晃
  2. 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!? 土いじりをする劉備
  3. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  4. アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー 織田信長
  5. 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義
  6. 同じくらいの力量の武将や軍師を三国間でトレードしたらどうなる? 賈詡

三國志雑学

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
  2. 法正と劉備
  3. 三国志 象兵
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 朱然と陸遜
  2. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  3. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

陸遜 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂 亡くなる袁紹 曹操の北伐~袁氏の滅亡~ 疫病が流行った村 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは? kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】 高杉晋作 高杉晋作の奇兵隊はどんな組織だった? 寇準 澶淵の盟の立役者・寇準の金遣いの荒さと生涯が異常すぎる件 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP