架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖

この記事の所要時間: 338




キングダム 3 (ヤングジャンプコミックス)

 

漫画キングダムでは、山界の死王として登場する楊端和(ようたんわ)

恐ろしげな仮面をつけている戦闘力抜群のむさくるしい山の民の戦士達の中で、

彼女は色の白い美女として描写されています。

そんな、楊端和について、『はじめての三国志』では、徹底解剖しちゃいます。




楊端和は実在の人物なのか?

炎 s

 

楊端和は、史実にも登場する実在の人物ではあります。

しかし、史実の楊端和は山の民でも女性でもありません。

紀元前3世紀に秦王政(せい)に仕えた将軍で、もちろん男です。

史書に記されているキャリアは、僅かに9年ほどであり、

魏を攻めたり、趙をせめたりして手柄を立てています。

 

活躍していた期間が短いという事は、逆に考えれば、

それ以外の期間は、何とでも描けるという事にもなりますから、

今後、漫画の中で大胆に活躍するかも知れませんね。




楊端和の武力はどの程度なのか?

キングダム 33 (ヤングジャンプコミックス)

 

強者揃いの山の民を統率しているだけあり、楊端和は武力もあります。

秦王政の弟の成蟜が飼っていた猿の化物のようなランカイに、

山の民のバジオウは一騎打ちで勝利しましたが、そのバジオウですら、

楊端和には敗北を喫している程です。

 

ランカイは明らかに人外の存在にしか見えず、武力だけなら

六大将軍にも匹敵しそうなので、楊端和は武力ではすでに、

六大将軍クラスだと言えるかも知れません。

 

関連記事:【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

関連記事:白起(はくき)ってどんな人?|キングダムでお馴染みの六大将軍

 

ピンチの時に駆け付けるナイスな役

政 キングダム

 

楊端和のイメージをより強く印象づけているのは、政がピンチの時に

駆け付けてくれるタイミングの良さでしょう。

キングダムの序盤では、味方が昌文君(強いがお爺ちゃん)と

壁(そこそこ強い)と信(めちゃ強いけどバカ)位しかいなかった

 

秦王政に味方して山の民を引き連れて現れ、王弟成蟜(せいきょう)の陰謀を挫き、

また、合従軍の李牧(りぼく)龐煖(ほうけん)が咸陽の奥深くまで迫った

秦軍絶対絶命の時にも颯爽と山の民を連れて出現しました。

 

李牧は、この楊端和軍の予想外の参戦で、咸陽急襲を断念したのですから

その功績は、六大将軍に推挙されてもおかしくない程に大きいです。

 

関連記事:【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天

関連記事:【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

関連記事:キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

 

史実では、山の民は秦に協力したのか?

祁山、街亭01

 

山の民は、秦の穆公(ぼくこう)の時代に相互不可侵の

一種の軍事同盟を結んでいましたが、

穆公の死後は、秦人が一方的に同盟を破棄してしまい、

逆に山の民の住処を奪い、迫害した事を当初、恨んでいました。

当初、楊端和は、その事で秦王政を殺そうとした程です。


歴史上も、圧倒的に数の多い漢民族に少数の異民族が圧迫されて、

土地を奪われたり、奴隷のように使役されたりというケースがあります。

※もちろん、五胡十六国時代のように逆になったケースもあります。

 

一方で漢民族が利益で異民族を釣り、自軍に加える事で

軍事力を強化したというケースも無数に存在します。

 

馬超021

 

三国志の時代、曹操(そうそう)を追いつめた馬超(ばちょう)は、

西涼の羌(きょう)族や氐(てい)族を手懐けて、

強力な騎馬兵を自軍に組み込んでいますし、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)も涼州と結んで、

強力な異民族の兵力を当てにして北伐を有利に展開しようとしています。

 

また、周の幽王を滅ぼした申公は、これを討つのに、

犬戎(けんじゅう)という異民族の武力を当てにして周軍を撃破しました。

 

そのような事から、山の民のような山岳民族が、秦に協力して

戦うというのは、まったくの絵空事ではないと言えます。

 

関連記事:馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)

関連記事:馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

史実で見ると、楊端和は秦の将軍として戦っているので、

楊端和が六大将軍の一人として、登場する可能性はあります。

しかし、同時に異民族として、友好的ではあっても、

秦との間に厳格な一線を引いている感じの楊端和が、

おいそれと秦王政の六大将軍任命の勅を受けるとも思えません。

その場合には、やはり六大将軍には、羌瘣(きょうかい)が就任して、

楊端和は助っ人として秦軍に加わるという形になるのかなとも思えます。

もし、羌瘣とコンビで戦うとなると、キングダム女性パワー炸裂の展開で

これも新鮮だなーとも思いますね。

 

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

関連記事

  1. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  2. 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!
  3. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜
  5. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  6. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術
  7. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  8. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  2. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  3. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  4. 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族
  5. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  6. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人? 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達

おすすめ記事

  1. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?
  2. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!
  3. 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍
  4. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  5. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  6. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  8. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP