呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての魏

徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男

徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った




劉寛 酒

 

現代では、成人式で酔っ払った若者が粗相したり、

会社の飲み会で悪ノリした人が失敗するということは良くあることです。

そういう失敗をしたときには、自身の将来に関わるような場合があります。

 

三国志 牢獄

 

飲んで飲んで、酔い潰れて、気が付いたら留置所だった、なんて場合はシャレになりません。

三国時代の魏の曹操(そうそう)は、禁酒令を布いたことで知られています。

中国は、儒教の国ですから、礼節を重んじる教えがあります。

お酒のせいで礼節を欠くことの無いように、

またお酒のせいでトラブルが起きないように配慮したのでしょう。

ところが、そうした時代においても、お酒で失敗する人がいました。

今回はお酒の失敗で知られる徐邈(じょばく)という人物をご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事





役人 徐邈の不祥事! 正に徐邈の自爆!!!

 

徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った

 

燕国薊県出身の徐邈(じょばく)、字(あざな)は景山(けいさん)という役人がいました。

彼は三国時代の魏の政治家でした。

徐邈(じょばく)は、禁酒令を布かれているにもかかわらず、酒をこっそり飲んでいました。

 

徐邈(じょばく)「禁酒令は分かっていてもこれだけは止められぬ。

ばれないように少しだけ、少しだけ(チビリチビリ)」

 

徐邈(じょばく)は業務に支障の無いように少しずつ嗜んでいました。

しかし、期待を裏切らず、いつの間にかグデングデンになってしまいました。

そこへ趙達(ちょうたつ)という役人が、訪ねてきました。

 

趙達(ちょうたつ)「少し尋ねたいことがありまして、御伺いしました。ちょっと役所の事務についてなのですが・・・」

徐邈(じょばく)「うぃ~っ、あんだって、ちょっと今体調が悪くってれぇ。また今度にしてくれませんかね。」

趙達(ちょうたつ)「(呂律が回っていない・・・、何か顔も赤い気がする)あなた酒飲んでるでしょ。」

徐邈(じょばく)「私は聖人の毒にあたりましてね」

趙達(ちょうたつ)「・・・・・(駄目だコイツ)。」

 

こうして、徐邈(じょばく)はやらかしてしまいました。

それにしても、「聖人の毒」とは、彼はどのような毒にあたったのでしょうか?




極刑不可避!? 徐邈の処遇!

朝まで三国志 曹操

 

禁酒令をないがしろにして酔いつぶれて仕事をしない徐邈(じょばく)を、

趙達(ちょうたつ)は曹操(そうそう)にちくりました。

 

曹操(そうそう)「酒を飲んだいるだと!怪しからん奴め!!」

趙達(ちょうたつ)「聖人の毒にあたったと申しておりました」

曹操(そうそう)「聖人だと・・・。何のことだ・・・。!

徐邈(じょばく)にとっての聖人とは主である余のことであろう。余が毒を盛ったといったのか!

禁酒令を破って酔いつぶれておきながら、職務を全うできなかったのを余のせいだと言っているのか!!!」

鮮于輔(ぜんうほ)「酒飲みは禁酒令が布かれていることもはばからず、

澄んだ清い酒のことを聖人と呼び、濁った汚れた酒のことを賢人と呼び区別しております。

おそらく酔ったためのジョークでしょう。

普段の徐邈(じょばく)はおとなしく慎み深い性格です。

今回は酒の上での仕方ない行動であります。」

 

徐邈(じょばく)の「聖人の毒」とはただのジョークだったのでした。

鮮于輔(ぜんうほ)が命乞いしたため、

徐邈(じょばく)は罪に問われたものの、死罪は免れました。

 

その後の徐邈・・・

曹操死んでもヨメを・・・

 

徐邈(じょばく)はその後、その後、朧西太守、南安太守を歴任し、

曹操の死後に曹丕(そうひ)が即位した後は、

譙県令・平陽、安平太守・典農中郎将を歴任し、関内侯の爵位を得るまでになりました。

お酒で失敗した徐邈(じょばく)でしたが、順風満帆にエリート街道を進んでいました。

 

曹丕 残忍

 

曹丕(そうひ)はある時、徐邈(じょばく)に問いました。

曹丕(そうひ)「今でも聖人の毒にはあたっておるのか?」

徐邈(じょばく)「昔、楚の子反は禁酒の令を破ったために、死刑に処せられました。

また、魯の御叔(ぎょしゅく)も酒を飲んだがために、年貢を二倍にされるという罰を受けました。

その二人と同じように、性懲りもなく、時々あたっております。

斉の閔王(びんおう)の后の宿瘤(しゅくりゅう)は、醜女ということで後世に名が伝わりましたが、

私は酔っぱらいということで有名になってしまいました。」

曹丕(そうひ)は笑って側近に言いました。

曹丕(そうひ)「うわさ通りの人物であるわい。」

曹丕(そうひ)は徐邈(じょばく)を軽くからかったつもりでしたが、

その返答を高く評価し、撫軍大将軍軍師に任命しました。

 

関連記事:三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

 

徐邈から学ぶ「酒の扱い方」

お酒 三国志 曹操

 

徐邈(じょばく)は本来、真面目で実直な人物でした。

しかし、酒が好きであったが故の「失敗」と「成功」をしています。

まず、酔いからの「失言」によって、曹操(そうそう)から顰蹙を買い、危うく死罪となるところでした。

恐らく、命乞いするものが現われなければ彼は死罪となっていたでしょう。

これが彼のお酒の失敗です。

一方では、徐邈(じょばく) は曹丕(そうひ)にからかわれた時に、

その機智と諧謔を以て切り抜けました。

これによって、徐邈(じょばく)は昇進することができました。

これが彼の成功です。

お酒は失敗をしばしば招くものですが、

扱い方によって成功を収めることができることを徐邈(じょばく)は教えてくれたのだと思います。

 

関連記事:権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 

三国志ライターFMの独り言

FM

 

「酒は飲んでも飲まれるな」といいますが、お酒の失敗は誰もが避けたいものだと思います。

徐邈(じょばく)はお酒のおかげで、「失敗」しそうになりましたが、

一方でその失敗を利用して「成功」しています。

お酒に振り回されるだけでなく、それを利用するという、

そうした生き方は現代人も見習うべきところであると思います。

それにしても、徐邈(じょばく)に対する曹操(そうそう)と曹丕(そうひ)の対応が逆なのは少し面白いですね。

もしも、最初に「聖人の毒」という報告を聞いたのが曹操(そうそう)でなく曹丕(そうひ)だったら、

死罪どころか何の罪にもならなかったかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは?

関連記事:敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン!

 




FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 曹操のムスコ達アイキャッチ2 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  2. 高句麗まで攻めるカン丘倹 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合…
  3. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポン…
  4. 高柔(こうじゅう)とはどんな人?魏で起こった不可解な事件を解決へ…
  5. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  6. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝…
  7. 游楚(ゆうそ)とはどんな人?諸葛亮の攻撃を耐え抜いた魏の太守
  8. 馬謖の陣形に笑う張コウ 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 李元昊
  3. 賈詡
  4. 武田信玄と徳川家康
  5. 武田信玄
  6. 陸遜と孫権
  7. 袁安
  8. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

おすすめ記事

  1. 読者の声『右クリックができず困っている件』 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 織田信長
  3. 三国天武とはどんなアプリゲーム?
  4. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  5. キングダムネタバレ574話「解放者」レビュー紹介
  6. キングダム588話最新ネタバレ「右翼の本営」レビュー キングダム53巻

三國志雑学

  1. 孔明 vs 司馬懿
  2. 関羽を討ち取る陸遜
  3. 袁術
  4. 眠る于禁


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術と呂布
  2. 項燕
  3. 小松帯刀
  4. 唐周(とうしゅう)
  5. キングダム
  6. スサノオノミコト(日本神話)

おすすめ記事

曹操 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか? 袁家をイジメる董卓 董卓の墓は存在するの?三国志観光旅行 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る! 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 孔明君のジャングル探検 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト キングダム54巻amazon キングダム600話ネタバレ予想「龐煖は誰狙い?蒙恬やっぱり信」 朱然 朱然はどんな性格をしていたの?孫呉の中核を担った忠臣を分かりやすく紹介 劉備勝ちまくり!仮想三国志 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP