コメント機能リリース
姜維特集


はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?

項羽




袁術

 

度外れた成功を掴むには、どうすればいいでしょうか?

それに対する答えは柳の下の二匹目のどじょうを当てにしない事です。

すなわち、誰もさらわない沼を単独でさらうのが一人勝ちの絶対条件なのです。

キングダムの時代にも、先んじて大勝利を手に入れた男がいました。




会稽の郡守 殷通 反乱軍に寝返りを決意

始皇帝 キングダム

 

紀元前209年、始皇帝(しこうてい)の死の翌年、

すぐに、陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)という男が、

秦の法律の厳しさに耐えかねて暴動を起こします。

最初は1000人規模だった暴動は、同じように秦の政治に不満を抱いていた

人々の共感を呼び、またたく間に100万人が参加する反乱に成長します。

これが秦を滅ぼす直接の原因になった陳勝呉広の乱です。

 

趙高 キングダム

 

しかし、このような一大事にも関わらず、秦を牛耳る宦官趙高(ちょうこう)は、

二世皇帝の胡亥(こがい)に真実を告げず、贅沢三昧の生活を続けさせました。

 

その間に、各地で秦の役人は、陳勝、呉広の反乱軍に血祭りにあげられます。

会稽郡の郡守だった殷通(いんつう)は、もはや秦の天下ではないと考え、

自分から反乱軍になって、陳勝や呉広と合流しようと考えます。




力のない殷通は、土地の顔役の項梁を呼び出す

陳宮

ですが、秦から派遣されただけの殷通は、会稽の実力者にコネが

全くありませんでした。

皇帝から与えられた兵力は、僅か2千であり、しかも皇帝の命令が

無ければ動かす事も出来ません。

 

そこで、殷通は、会稽郡の顔役だった項梁(こうりょう)という男を

呼び出し、反乱の計画を告げて、仲間に引き込もうと画策します。

 

先んずれば人を制す、遅れればすなわち人に制せらる・・

項羽

 

「項梁よ、すでに秦は各地で反乱軍に敗れ、

その一軍は、この会稽まで迫っているという噂もある。

先の長くない秦に仕えて、反乱軍に滅ぼされるのも愚かな事だ。

諺にも、先んずれば人を制す、遅れればすなわち人に制せらると言う。

反乱軍に会稽を攻められる前に、自ら反乱軍になれば、

連中は私を攻める大義名分を失うだろう・・

どうだ、項梁、わしの将軍になり、共に立ちあがってくれぬか?」

 

すると項梁はすぐに応じようとはせずに言いました。

 

「お言葉は嬉しいのですが、私は背も低く、体も弱く、

一軍を率いるのに向きません、しかし、我が甥の項羽(こうう)なら、

その任に耐えられる筈、どうか、郡守様、御自身で

項羽を口説いていただけませんか?」

 

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

関連記事:楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

 

項羽、殷通を斬殺、会稽郡の全権を掌握する

項羽

 

殷通は、喜び、項羽を呼び出すように言います。

項羽は、鎧兜で武装し、剣を片手に下げて入ってきました。

 

「おおっ!項羽殿、なんと凛々しい武者姿、、ささ!こちらへ参られよ!」

 

殷通は何も考えず、武装した項羽に近寄り、即座に斬殺されます。

 

それを見ていた衛兵は、項羽に襲いかかりますが、

項羽はこれを次々に返り討ちにしてしまいます。

あまりの項羽の強さに恐れた衛兵は、次々に武器を捨てて降伏、

項梁は、会稽郡、2千の兵力を吸収しました。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の…
  2. 霊帝 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  3. 荀彧 怒る 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  4. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどん…
  5. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  6. 馬超の仲間入り 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  7. はじめての三国志 画像準備中 よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. 関羽
  3. 武田信玄
  4. 羊コ 羊祜 魏と晋
  5. 悪来と呼ばれた典韋
  6. 日本戦国時代の鎧
  7. 石亭の戦い 曹休と韓当
  8. 宋姫
  9. 梁興と馬騰

おすすめ記事

  1. 王允(おういん)ってどんな人?中華を救うべく董卓暗殺に成功するも…残念な結末を迎える 王允と呂布
  2. 三国夢幻演義 龍の少年 第12話「歓びと哀しみと」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの? 呂布、黒山賊
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 袁燿(袁耀)えんよう
  5. 楊端和の性格は男勝りで仲間思いの自信家だった!? キングダム52巻
  6. 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト 北条早雲

三國志雑学

  1. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  2. 曹操50万の兵
  3. 曹丕と曹植
  4. 袁家をイジメる董卓


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 武田信玄
  2. 陸遜
  3. 于毒(うどく)
  4. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

陸遜 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの? 呉の孫堅 【三国志の友情パワー】孫堅四天王の熱き友情を紹介 馬謖の陣形に笑う張コウ 張郃がいなければ馬謖は街亭の戦いに勝っていたかも!? 曹植 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 賈詡と曹操 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた! 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長の業績とは?戦争面・人材登用・行政政策の輝かしい業績を紹介 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP