広告

楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

2015年12月9日


 

呂布 英雄石像

 

はじさんに住み着き歴史上の人物を紹介する三国志ライターのネコ・廉です。

今回は楚の英雄で武力ならだれにも負けない項羽(こうう)と三国志の武将の中で一番武力に秀でていた呂布(りょふ)の共通点をいくつかご紹介していくにゃ。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



項羽と呂布の共通点その1:圧倒的な強さを誇った二人

項羽 はじめての三国志002

 

項羽は楚漢戦争時代の楚の君主です。

彼の強さは圧倒的であり、彼が率いていた軍勢は負ける事を知りませんでした。

鉅鹿の戦いでは秦軍30万の軍勢に対して、項羽率いる軍勢は5万(一説には10万)程の軍勢しかいませんでしたが、果敢に攻撃を仕掛けます。

この時の楚の兵士は項羽の激励を受けたことで楚の兵士一人で秦の兵士を6人ほど倒したそうです。

そのため秦軍は楚軍の攻撃に耐えられず、たった5万の楚軍に敗北します。

項羽はこの戦いに勝利した事で中国全土にその名を広めます。

彼の強さはこれだけではありません。

 

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

 

劉邦が率いていた軍勢50万を撃破

劉邦

 

劉邦(りゅうほう)に本拠地である彭城が占拠されます。この時劉邦が率いていた軍勢は、50万以上の大軍でした。

項羽は斉の地へ遠征中でしたが、彭城陥落の報告を聞き、すぐさま彭城へ出陣。項羽軍は彭城に着くと猛攻をかけ、50万以上いた劉邦軍を撃破します。

このような凄まじい強さを兼ね備えていた楚の項羽です。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

 

劉備・関羽・張飛3人と一騎打ちをした呂布

呂布VS劉備三兄弟

 

三国志の武将・呂布も負けてはいません。

彼は董卓(とうたく)に仕え、董卓軍の将軍に任命されます。

その後各地の群雄が董卓を倒すべく連合して、虎牢関へ軍勢を進めてきます。

董卓も呂布や華雄、胡軫などを虎牢関に赴かせ、連合軍への迎撃態勢を整えます。

こうして董卓軍VS連合軍の戦いが始まります。

呂布はこの戦いで曹操軍を撃破。

さらに彼は劉備関羽・張飛3人と一騎打ちを行い、彼らを打ち払います。

3対1で一騎打ちしても負けない呂布の強さと項羽の人間離れした強さ。

この二人に共通している点は圧倒的な強さを有している点ではないでしょうか。

 

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:激突、菫卓対反菫卓連合軍

関連記事:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

 

項羽と呂布の共通点その2:優秀な軍師が居るのに意見を採用しない

項羽と劉邦

 

項羽は他を圧倒する武力がありながら天下を取る事はできませんでした。

その原因として軍師である范増(はんぞう)の意見を採用しなかったのが一番の原因だと思われます。

范増は項羽の叔父である項梁(こうりょう)に仕えておりました。

彼は秦軍を破った項梁に「一度章邯の軍勢を破ったくらいで油断しない方がいいでしょう。必ず逆襲を企てて、わが軍に攻撃を仕掛けてくるでしょう。」と進言します。しかし項梁は、范増の意見を聞かなかったため、章邯(しょうかん)の攻撃を受け、討ち死にしてしまいます。

范増はその後、項羽に仕える事になります。

項羽は鉅鹿の戦いの後、秦の首都である咸陽を陥落させるべく、軍を南下させます。

項羽軍が南下している途中、一人の使者がやってきます。

使者は「劉邦は函谷関を閉めて、王を気取っています。」と項羽に讒言(ざんげん)を行います。

項羽はこの使者の話を聞き激怒。劉邦軍が守る函谷関を突破し、咸陽に近い鴻門に陣を敷きます。

項羽の陣に劉邦の使者が到着します。

使者は「明日劉邦が、謝罪しに来ます。」と告げて帰っていきます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうはん)は今後どうなる?

 

范増は項羽に劉邦の抹殺を提案

劉邦おんぶ 優秀な人材

 

范増は項羽と共にこの話を聞いていました。そして項羽に「あなた様にとって劉邦はなんの利益にもならないばかりか、害になる存在です。ですから明日会見が終わった後、宴会を行い、その席上で劉邦を殺すべきです。」と進言します。

項羽は頷き「あなたの言うとおりにしましょう」と約束します。

翌日劉邦と張良が項羽の前に現れ、劉邦は項羽に対して必死に謝り、項羽も彼の言い分を認めます。

会見は無事終了し、その後運命の宴会が開始。

范増は宴会の時に何度も項羽に合図を送りますが、彼は無視。

范増は諦めず何度も合図を送りますが、項羽は気づかないふりをして劉邦と談笑する始末。

范増が提案した策は項羽に取り上げられず、項羽は天下を取る最大のチャンスを逃すことになるのです。

 

呂布にも優れた軍師、陳宮がいた

裏切り 呂布

 

呂布も優れた知略を持った軍師・陳宮(ちんきゅう)がいました。

陳宮は初め曹操に仕えておりましたが、彼は曹操の領地である兗州で反乱を起こした際、呂布を迎え入れ、仕える事になります。

兗州の戦いの時に陳宮は、呂布に様々な策を進言しますが、呂布は彼の進言を採用せず、独自の戦術で曹操と戦いますが、曹操にいたるところで敗北し、兗州を放棄する事になります。呂布と陳宮は兗州を放棄した後、徐州へ逃げ込みます。徐州の太守であった劉備は、呂布を快く受け入れ、小沛城を与えます。

呂布は徐州を巡って劉備と袁術が争っている隙をついて徐州を略奪。

徐州略奪後、曹操と劉備が連合して侵攻してきます。

陳宮は呂布に「迎撃に出るべきです。」と進言しますが、呂布は陳宮の作戦を取り上げず拒否。

呂布は曹操と劉備軍が下邳城を包囲した時に、出陣しますが、敗北に終わってしまいます。

陳宮は下邳城が包囲され、身動きできない状態を打破するため、呂布に策を進言しますが、彼は採用しませんでした。

そのため下邳城は陥落し、陳宮と呂布は捕縛されてしまいます。

陳宮の策を一つでも採用していたら、兗州の戦いや下邳城攻防戦の結末は変わっていたかもしれませんね。

 

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

関連記事:陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

関連記事:曹操、陳宮の裏切りで兗州を呂布に奪われる!!

 

項羽と呂布の共通点その3:配下に裏切られてしまう

韓信 項羽

 

項羽は優れた軍師の意見を聞かずに天下を取り逃がしてしまいます。

天下を取れなかった原因その2は家臣の裏切りです。

項羽は身内にはすごく優しい人物でしたが、身内以外には厳しく恩賞も多くは与えない人物でした。

さらに優れた発言をしてもほとんど取り上げられる事はありませんでした。

韓信(かんしん)もその一人です。韓信は項羽の側近として仕えておりました。

彼は項羽に対して意見を述べますが、一切取り上げられる事はありませんでした。

 

韓信 PR

 

韓信はそのため、楚から脱走し、劉邦に仕える事になります。

同じ理由で、陳平も項羽に嫌気がさし、劉邦に仕えています。

さらに楚の重臣である黥布(げいふ)は、項羽から九江王の位を与えられ、領土をもらっていました。

黥布はもっと大きな領土を獲得するため、各地を転戦しながら実績を挙げますが、項羽からなんの恩賞ももらえませんでした。

そのことが不満となり、楚漢戦争末期に項羽の元から離れ、劉邦に味方する事になります。

黥布以外にも楚が不利になると次々と劉邦の元へ寝返る武将が多くなり、項羽は窮地に陥ります。

項羽は一時期天下最大の兵力と強さを兼ね備えていた君主でしたが、最後はわずか数百人の騎馬隊しかいなかったそうです。

このように名将や知将を用いる事をしなかったため、彼の元から離れていき、天下最強の武を有していても天下を取れませんでした。

 

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

 

優秀な部下・高順の意見も取り入れない呂布

高順

 

呂布も同じです。軍師・陳宮の意見を取り上げず、曹操軍に敗北し続けています。

軍師の意見だけではなく、彼の元にいる優れた武将の意見も採用しませんでした。

陥陣営(攻めた陣を必ず落としていた事から着いたあだ名)の異名を持つ高順(こうじゅん)も呂布に意見するも取り上げられなかった一人です。

呂布は莒城の城主を降伏させましたが、独立勢力である臧覇により、莒城が陥落します。

呂布はこの報告を聞き、すぐさま出陣しようとします。しかし高順は「殿。莒城は険阻な場所にあり、攻めにくい場所であるため、攻め込むのは止めた方がいいでしょう」と進言します。しかし呂布は高順の意見を聞かず飛び出していきます。莒城は陥落する事無く、高順の予想通りの結末を迎えてしまいます。

 

呂布 あっけない 最後

 

呂布は他人の意見を全く聞かない事が災いして、下邳城攻防戦の最後は、配下に裏切られ、捕縛されてしまうのです。

呂布も人の意見を聞かなかったため、最後は配下の裏切りに遭い、曹操に斬られてしまう残念な結末を迎えてしまうのです。

 

悲劇の英雄 項羽1

 

項羽と呂布には優秀な配下が何人もおりましたが、配下の意見を聞いて採用しなかったため、配下に裏切られてしまう。

こんな悲惨な最後を迎えてしまった二人でした。

 

関連記事:高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

関連記事:劉備と劉邦

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は天下最強の誉れ高い項羽と呂布の二人を取り上げて見ました。

あんなに強かったのに、配下の意見を聞かなかったため、天下を取る事が出来ずに終わってしまった二人。

優秀な君主の家臣として軍勢を率いて戦っていれば、後世には天下最強の将軍として名を馳せていた二人に違いありません。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 

関連記事:「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-呂布
-, , , , , , , , , , ,