法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん




呂布 英雄石像

 

はじさんに住み着き歴史上の人物を紹介する三国志ライターのネコ・廉です。

今回は楚の英雄で武力ならだれにも負けない項羽(こうう)三国志の武将の中で一番武力に秀でていた呂布(りょふ)の共通点をいくつかご紹介していくにゃ。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




項羽呂布の共通点その1:圧倒的な強さを誇った二人

項羽 はじめての三国志002

 

項羽は楚漢戦争時代の楚の君主です。

彼の強さは圧倒的であり、彼が率いていた軍勢は負ける事を知りませんでした。

鉅鹿の戦いでは秦軍30万の軍勢に対して、項羽率いる軍勢は5万(一説には10万)程の軍勢しかいませんでしたが、果敢に攻撃を仕掛けます。

この時の楚の兵士は項羽の激励を受けたことで楚の兵士一人で秦の兵士を6人ほど倒したそうです。

そのため秦軍は楚軍の攻撃に耐えられず、たった5万の楚軍に敗北します。

項羽はこの戦いに勝利した事で中国全土にその名を広めます。

彼の強さはこれだけではありません。

 

関連記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3




劉邦が率いていた軍勢50万を撃破

劉邦

 

劉邦(りゅうほう)に本拠地である彭城が占拠されます。この時劉邦が率いていた軍勢は、50万以上の大軍でした。

項羽は斉の地へ遠征中でしたが、彭城陥落の報告を聞き、すぐさま彭城へ出陣。項羽軍は彭城に着くと猛攻をかけ、50万以上いた劉邦軍を撃破します。

このような凄まじい強さを兼ね備えていた楚の項羽です。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖

関連記事:曹参(そうしん)ってどんな人?漢の高祖劉邦に仕え軍事にそつなく政治にも優れた功労者

 

劉備関羽張飛3人と一騎打ちをした呂布

呂布VS劉備三兄弟

 

三国志の武将・呂布も負けてはいません。

彼は董卓(とうたく)に仕え、董卓軍の将軍に任命されます。

その後各地の群雄が董卓を倒すべく連合して、虎牢関へ軍勢を進めてきます。

董卓も呂布や華雄、胡軫などを虎牢関に赴かせ、連合軍への迎撃態勢を整えます。

こうして董卓軍VS連合軍の戦いが始まります。

呂布はこの戦いで曹操軍を撃破。

さらに彼は劉備関羽張飛3人と一騎打ちを行い、彼らを打ち払います。

3対1で一騎打ちしても負けない呂布の強さと項羽の人間離れした強さ。

この二人に共通している点は圧倒的な強さを有している点ではないでしょうか。

 

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:激突、菫卓対反菫卓連合軍

関連記事:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

 

項羽と呂布の共通点その2:優秀な軍師が居るのに意見を採用しない

項羽と劉邦

 

項羽は他を圧倒する武力がありながら天下を取る事はできませんでした。

その原因として軍師である范増(はんぞう)の意見を採用しなかったのが一番の原因だと思われます。

范増は項羽の叔父である項梁(こうりょう)に仕えておりました。

彼は秦軍を破った項梁に「一度章邯の軍勢を破ったくらいで油断しない方がいいでしょう。必ず逆襲を企てて、わが軍に攻撃を仕掛けてくるでしょう。」と進言します。しかし項梁は、范増の意見を聞かなかったため、章邯(しょうかん)の攻撃を受け、討ち死にしてしまいます。

范増はその後、項羽に仕える事になります。

項羽は鉅鹿の戦いの後、秦の首都である咸陽を陥落させるべく、軍を南下させます。

項羽軍が南下している途中、一人の使者がやってきます。

使者は「劉邦は函谷関を閉めて、王を気取っています。」と項羽に讒言(ざんげん)を行います。

項羽はこの使者の話を聞き激怒。劉邦軍が守る函谷関を突破し、咸陽に近い鴻門に陣を敷きます。

項羽の陣に劉邦の使者が到着します。

使者は「明日劉邦が、謝罪しに来ます。」と告げて帰っていきます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうはん)は今後どうなる?




ページ:

1

2

関連記事

  1. 郭嘉 官渡の戦いのMVPは荀彧ではなく郭嘉に与えるべき理由【ビジネス三…
  2. 法正に敗れる夏侯淵 【定軍山の戦い】法正たちが大活躍!夏侯淵っていつのまに死んじゃっ…
  3. 孔子と儒教 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…?
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析
  5. 張角は歴史の表舞台に登場 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  6. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  7. 貂蝉 スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計
  8. 真田丸 武田信玄 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝っ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 親バカな諸葛孔明
  2. 部下をいじめる曹丕
  3. 嫉妬している明智光秀
  4. 黄巾賊を撃退する太史慈
  5. 近藤勇と関羽
  6. 敗北する馬岱

おすすめ記事

  1. 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった? 藺相如(りんしょうじょ)
  2. 紀霊とはどんな人?三国志演義では猛将だが正史では呂布の引き立て役の紀霊 紀霊
  3. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】 反対する賈充
  4. 桂小五郎と大村益次郎の出会いが維新にシナジー効果を起こす 大村益次郎 幕末
  5. 西郷隆盛が実行した廃藩置県はどんな偉業?
  6. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ 織田信長

三國志雑学

  1. 虎豹騎を率いる曹休
  2. 天下三分の計
  3. 旅馬 三国志
  4. 蜀の魏延
  5. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操に降伏する教祖・張魯
  2. 司馬昭
  3. 劉備と再開する趙雲
  4. 韓侂冑
  5. 曹操と郭嘉
  6. 司馬昭

おすすめ記事

張飛にお酒はだめだよ 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 京劇の楽しみ方、ルーツとは?元々は安徽省の劇だった?覇王別姫で知られる京劇 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!? 魯粛、周瑜、劉備 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!? 賈詡と曹操と張繍 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰? 平清盛 鎌倉幕府 「遊び」は鎌倉時代、必要不可欠なモノだった! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP