架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

この記事の所要時間: 911




 

巷でよく耳にする、韓信(かんしん)

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)戦ったらどっちが強い?の声。

それは、現実には両者の時代には、400年の隔たりが存在する、

実現不可能な話なんですが、どっこい、ここは、はじさん妄想ランドです。

やってみましょう、韓信と孔明の一本勝負!

 

 

司会進行は、三国志界のパパイヤおじさんことkawausoが担当させていただきます。




戦いを前にインタビュー 諸葛亮孔明サイド

 

kawauso「さあ、いよいよ、中国歴史ファン待望の一大決戦、

韓信vs 諸葛亮孔明の戦いが始まろうとしているわけですが、

孔明さん、戦を前に今の気分は?」

 

 

孔明「えー、、そうですね、、相手は国士無双の韓信大将軍ですから、

これは、万が一に備えて慎重に行きたいと思います」

 

kawauso「蜀ファンの中には、三国志演義ばりの奇計で瞬殺

というような声もありますが、どのように思いますか?」

 

 

孔明「え~、、これはですね、ファンの方々には申し訳ありませんが、

地味に行きます、元西武の森監督のような面白みが薄いベタな

手堅い戦術で勝ちを掴みます・・」

 

kawauso「森監督を例えに出す辺り、さすが孔明さん、

年齢によらずジジ臭いです」




戦いを前にインタビュー 韓信サイド

 

 

kawauso「韓信さん、孔明サイドは、どこまでもあなたを警戒して

地味に手堅い戦術を打ってくるようですが、その辺りについて?」

 

韓信「まあね、、あっちは凡人の孔明でしょ?

俺みたいな、天才相手にはさ、そういう手堅い手しかないんじゃない?

ま、それが分るだけは、歴史に名を刻むだけあるYO!」

 

kawauso「なるほど、噂に違わぬビッグマウスですね。

韓信ファンからは、見せ掛けだけの孔明なんて、瞬殺しちゃって!

というような声が多いわけですが、どうお考えですか?」

 

 

韓信「おい、カメラ、もっとこっち寄りなYO!!

俺の中では、ギリギリの勝ちなんて勝ちじゃねーですから!!

背水の陣ばりに鮮やかに勝ってやるよ、瞬殺だ!!

ファンに伝えちゃいな!孔明のコック帽を奪って、

プレゼントに回してやるから待ってなYO!!」

 

kawauso「ボクシングのエキシビジョンマッチの前みたいな

ハイテンションですが、韓信さんは、孔明瞬殺を宣言したようです」

 

いよいよ、戦闘開始・・

兵士 戦術

 

さあ、歴史ファン待望の世紀の一戦の幕が開きました。

今回の決戦場は、電脳空間にある、適当な丘陵地帯です。

詳細は、地図を使いながら、説明しますね。

 

vs1韓信

 

この丘陵地帯には、a~eまでの名前がついた5か所の城市があります。

基本的には、この五か所の城を占領した方を勝利者とします。

また、五か所の城を支配しなくても、相手の大将を捕らえたら、

そこで勝負ありとします。

 

双方の兵力はそれぞれ1万人、赤い旗は韓信軍、白い旗は孔明軍、

武器の性能は時代差を考慮して全く同じにしてあります。

 

さあ、両者、存分に戦ってもらいましょう。

 

戦闘開始と同時に、両軍の動きに差が・・

vs2韓信

 

戦闘開始と共に、両軍が動きだします。

赤の韓信軍は、兵力を韓信本隊の1000名と別働隊の9000名に分け

峡谷の入り口にあるbの城を占領しました。

一方の孔明軍は、本拠地のeに孔明の本隊5000名を残し、

残り5000の兵でcとdの城をそれぞれ占領しました。

これにより、空白城は消滅、これから城を得ようとすれば、

両軍は、どうしてもぶつかる事になります。

 

まさかの展開、韓信軍9000名が大敗北?

vs3韓信

 

b城を占領した韓信軍は息つく暇もなく、孔明軍に襲い掛かります。

数の上では、5000対9000で孔明軍は不利ですが、

敢えて城を出て、両サイドからの複合攻撃で韓信軍にダメージを与えます。

 

当初は数で押していた韓信軍ですが、交互に繰り返される孔明軍の

攻撃に反撃が鈍るようになり、ものの数時間で一部は逃亡しましたが、

9000人の大部分が降伏しました。

 

kawauso孔明陣営に突撃取材

kawauso

 

kawauso「なんだか一方的な展開になってきました。

国士無双の韓信軍の90%がほぼ抵抗せずに孔明軍に降伏してしまいました。

孔明サイドはどうするのでしょうか?ちょっと聞いてみましょう

姜維(きょうい)将軍、この降伏兵は一体どうするのですか?

まさかキングダムの白起(はくき)将軍ばりに全員穴埋め!!」

 

姜維

 

姜維「偽装降伏に違いない、、わしは全員殺すべきだと進言したが、

丞相からは殺してはならない、監視に兵力を裂いて、

e拠点まで護送せよとの指示だ・・」

 

韓信兵「なあ、将軍さんよ、腹が減った飯を出してくれ!」

 

姜維「やかましい、殺さないだけでもありがたいと思え!

全員から武器と防具を取り上げた上で、兵力2500を裂いて

e拠点まで引き上げるぞ」

 

禰衡、韓信陣営に突撃取材

朝まで三国志 kawauso

 

kawauso「突如降伏した9000名の兵力の護送で

孔明サイドはてんてこまいですが、韓信サイドはどうなっているのでしょう。

現場の禰衡(でいこう)さーーーん!!」

 

朝まで三国志 禰衡

 

禰衡「はーーーーい!!こちら、兵力の90%を失った韓信サイドです。

意気消沈かと思いきや、韓信将軍含め、全員で昼ごはん後の昼寝中です。

やっぱり、偽装降伏ですかねー、ちょっと聞いてみまーす」

 

禰衡と鍾離昧

 

鐘離末(しょうりばつ)「う~ん、実はな、わしたちは細かい作戦は

将軍から聞いておらん、教えてくれと言っても言わないのでな・・」

 

禰衡「そうですかー、ではこの昼寝は、手持無沙汰だからですか?」

 

鐘離末「いや、これは将軍の指示で、来るべき決戦に備えて

英気を養えというような事だ・・」

 

禰衡「決戦と言っても、もう1000名しか兵力が無いでしょう?

孔明軍は、全く無傷に近いんですよ」

 

鐘離末「・・そんな事をわしに言われても困る・・」

 

表情 禰衡04

 

禰衡「はっ、そうですね、失礼しました、お詫びにボク脱ぎます!」

 

鐘離末「脱がんでいいから、寝かせてくれ・・」

 

禰衡「パッとしない韓信サイドから禰衡がお伝えしましたー(嬉)」

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  2. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/1…
  4. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦
  5. 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名…
  6. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  8. 【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパル…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!?
  2. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  3. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  4. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  5. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  6. 長坂の戦いはどんな戦いだったの?史実をもとに地図を使い徹底解説!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた! 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの? 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? 12話:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝 もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの? 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!? 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現

おすすめ記事

  1. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  2. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!!
  3. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  4. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)
  5. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  6. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情
  7. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】
  8. 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP