三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?




三国志大学 劉備

 

学生の皆さんは長い夏休みですが、楽しい夏休みで唯一憂鬱なのは、

提出しないといけない大量の宿題ではないでしょうか?

そこで今回のはじさんでは、偉人達の勉強法について紹介しますよ。

皆さんの勉強のヒントになったらいいですね。




勉強は広く浅くがモットーな諸葛亮孔明の勉強法

孔明 出師

 

三国志の英雄、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)は、

若い頃から勉強法もかなり違っていました。

当時の勉強とは、丸暗記が基本で、一冊の本の内容と注釈を隅から隅まで

覚えるのが普通でしたが、孔明は、それを面倒くさいと感じていて

一冊の本を一通り読んで、大体の内容を覚えると、次の本に移りました。

 

こうする事で、孔明は同級生が一冊の本に必死になっている頃には、

二倍、三倍の本を読んで、多くの知識を吸収できました。

 

孔明 コペルニクス

 

孔明の知識は、儒教だけではなく、天文や土木、法律などの様々な

分野に及んでいますが、それは広く浅く勉強をした事によって

得られていたのです。

 

孔明は、学問のポイントをよく知っていて、それさえ覚えれば、

後は捨ててもいいという見極めが上手い人だったのです。

 

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

 

バルチック艦隊を破った、秋山真之(さねゆき)の勉強法

秋山真之 wiki

 

日露戦争のハイライト、日本海海戦において世界最強の艦隊と言われた

ロシアのバルチック艦隊を撃滅した日本海軍の参謀、秋山真之も、

独特の勉強法で、知られる人物でした。

 

彼は海軍兵学校時代、クラスメイトが必死にテスト勉強をする中で、

余裕の顔をして遊んでいましたが、いつでも成績はトップクラスでした。

不思議に思った仲間が理由を聞くと真之は、こう答えました。

 

「テストというのは、教官がどうしても生徒に覚えてもらいたい事を出す

それは急に増えたりはしないんじゃから、過去に出された四、五年分の

テストを集めてきて、それを読んでいれば、大体の試験範囲は分かる

後は、そこだけ勉強して、残りは遊んでおればいいんじゃ」

 

この要領の良さで、真之は常に学年でトップクラスであり続けました。

ただ、これにしても、入念に過去問を解いて教官の出題傾向を予想し

外さないだけの観測力は必要になります。

やはり、秋山真之は日本海軍最高の頭脳と呼ばれるだけの事はあったのです。




本は声に出して読め! 緒方洪庵(おがた・こうあん)

緒方洪庵 wiki

 

日本では、古来、学問とは素読(そどく)で行われていました。

素読とは、意味が分らなくても、まず読んで声に出す事です。

かつて福沢諭吉も学んだ緒方洪庵の適塾では、

オランダ語の初心者にも大声で音読させていました。

 

勉強は目で覚えるだけではなく、声も耳も使う事で

その記憶力が高まると言われています。

そして、人前で発音させる事で同時にスピーチ力も

身に付くので、自分の意見を人前で発表する時にも

上がらないで済むようになるのです。

 

よく役者が台詞覚えを良くする為に台本を抑揚をつけて

読み上げ、身ぶり手ぶりをつけたりしますが、

あれも、この理屈と同じものなのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

これはkawausoが個人的にやっている勉強法ですが、

全否定勉強法というものがあります。

 

これから関心を持って調べようという事を全てマイナス面で捉えて

全て否定する事で理解していくのです。

一見すると、とても不毛で退屈な作業に見えますが、

普通に調べるだけでは分らない意外な裏などが出てくる事もあり

調べている対象に関係する理解に深みが出てくるメリットがあります。

 

もちろん、こちらを応用した全肯定勉強法で、世間では評判の悪い事柄を

あえて全肯定してみて、隠されたメリットを探り出す方法もあります。

もし、卒論などの進め方、テーマに困っている方がいたら、上のやり方を

参考にしていただければ、かなり意欲的な論文が書けるかも知れませんよ。

 

本日も、三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】

関連記事:【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術

関連記事:本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!…
  2. 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件
  3. キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?
  4. 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの?
  5. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  6. 関羽に惚れる曹操 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  7. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  8. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 服部半蔵
  2. 桂小五郎(木戸孝允)

おすすめ記事

  1. 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは? 曹植
  2. ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!? 三国志大学を目指す曹操
  3. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」 kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん
  4. 西郷隆盛の政治思想はどんなもの?
  5. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀
  6. 【はじさん書評倶楽部】人生の勝算(NewsPicks Book)前田裕二

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  2. 劉邦と張良と陳平
  3. 呉の孫堅

おすすめ記事

高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ! 西園寺公望 西園寺公望とはどんな人?最後の元老であり教育者としての評価は? 幕末 魏呉蜀 書物 四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの? 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 茶を飲む張角(太平道) 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP