よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての呉

【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!




孫権

 

魏ではなく蜀ではない国、それが三国の一角、呉国です。

イマイチ、ぱっとしないマイナーな国として語られる事が多い呉ですが、

豊かな自然と超常現象に恵まれたこの国では、妖怪ウォッチが大流行する

1800年も前から大量の妖怪が出現するスーパー妖怪ランドなのです。

 

楊儀と魏延

 

孫権(そんけん)諸葛恪(しょかつかく)朱桓(しゅかん)が目撃した

呉の妖怪達の話を紹介しましょう。

 

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界




同体と頭がパイルダ―オフ!飛頭蛮(ひとうばん)

飛頭蛮 wiki

 

呉の名将、朱桓の使用人の女性は、異民族でした。

夜になると女性の頭だけが胴から切り離され、

耳を翼のようにして外に出ていき、

明け方になると戻ってきて同体と合体します。

 

これは飛頭蛮といい、彼女の出身地の村では、そういう人が普通のようです。

飛頭蛮の餌は、昆虫や沢ガニのような小動物だったようです。

朱桓は、飛頭蛮が胴体と分離してから、女の首に胴板をはめて様子を見ると

同体と合体できない飛頭蛮は苦しみ、やがて気絶したので慌てて、

胴板を首から外して合体させました。

 

飛頭蛮はキョッキョッキョと泣き声を上げますが、人に危害は加えません。

二人は別人格で女性には、飛頭蛮の時の記憶はありませんでした。

でも、気味が悪くなった朱桓さんは、女性を解雇しました。




しゃべる巨大な亀とアドバイスする桑の木

三国時代の船 走舸

 

孫権が王であった頃、ある人が浜辺で大亀を捕まえました。

すると大亀は「ああ、捕まってしまったわい」と呟いたので、

その人は珍しい亀だと思い、はるか建業まで亀を献上に行きます。

 

その途中、桑の古木が大亀を憐れんで声をかけました。

しかし亀は落ち着き払い

「だいじょうぶ、ワシはどんなに燃やしても煮える事はない」

と答えますが、桑の古木は、、

 

「でも、諸葛恪はものしりでワシら二人を

殺そうとするだろうから気をつけろよ」と助言します。

 

なんなんでしょう、普通に会話を交わす、大亀と桑の古木、

そして、それを驚く様子もない人、、漫画日本昔ばなしか!!

 

大亀は、孫権の前で盛大に薪で煮られますが、宣言通りに、

全く煮える様子がありません。

困った孫権は、妖怪ハンターとして名高い諸葛恪を呼び出して

アドバイスを求めると

 

「大亀は、桑の古木を斬り倒して薪にすれば煮えます」

 

と言ったので、孫権は亀に助言した桑の古木を斬り倒し

それを薪にすると、大亀の肉は、またたく間に煮えたそうです。

 

人の言葉をしゃべる亀を孫権は食ったのでしょうか?

 

弱すぎる・・ 子供のような精霊 傒嚢(けいのう)

頴娃 山奥

 

妖怪ハンター諸葛恪が、まだ丹陽の太守だった頃の話です。

山で狩猟をしていると、突然、子供のような姿をした妖怪が出現して、

手をぐっと伸ばし諸葛恪を掴んで引きずり込もうとします。

 

しかし、諸葛恪は少しも慌てず、逆に妖怪を引っ張ると、

妖怪は次第に弱っていき、死んでしまいました。

 

「おお、こんな妖怪を即座に退治できるなんて、

太守殿には神通力でもおありか?」

 

部下達は、諸葛恪の能力を怪しんでいると、諸葛恪は、、

 

「これは、傒嚢といい、白澤図にも掲載されている木の精で、

こうして突然現れては人を引きずり込もうとする。

しかし、逆に引っ張って縄張りから引き離すと、すぐに死んでしまう

私はそれを知っていただけで、特に神通力ではない」と答えました。

 

よく分りませんが、呉では迂闊に山にも入れないようです・・

 

番外 毛がすべすべの可愛い妖怪

曹操探検隊

 

ある時、曹操が狩りをしていると、大きさは小鹿位で、

大きな足、白い毛はすべすべしているという可愛い動物を捕まえます。

しかし、その動物の名前は、誰も知らないのでした。

 

その近くに、度朔君(とさくくん)という神様の楼閣があり、

そこから、「家の子が帰ってこない」とシクシク泣く声がします。

曹操は、ハハンと思い、翌日朝、数百匹の犬を周辺に放つと、

犬は楼閣に飛びこんでいきました。

やがて窓を破って、驢馬位の大きさの妖怪が飛び出しますが、

犬に咬まれて絶命しました。

 

前後の話は割愛していますが、どう考えても曹操酷い・・

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように呉には、妖怪の話が色々伝承されているようです。

口をきく大亀、古木、頭だけで飛び回る妖怪や、人を引きずり込もうとする

子供の姿をした妖怪などバリエーションも豊富ですね。

個人的には、曹操が捕まえた可愛い動物がその後どうなったのか

大変に気になります。

 

関連記事:【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!

関連記事:呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介

関連記事:【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将

 



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  2. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  3. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  4. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  5. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?…
  6. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  7. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  8. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉邦と項羽
  2. 李儒と三国志

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  2. 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  3. 魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情
  4. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1
  5. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名 尼子晴久
  6. 曹操を主人公にしたオススメ小説3選

三國志雑学

  1. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの? 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!? 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人 幕末 帝国議会 【伊藤博文のイギリス】英語が出来たから総理大臣になれたってホント? 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介 桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの? これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果? 勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?

おすすめ記事

  1. 三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?
  2. 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった?
  3. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相
  4. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫 曹丕
  5. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? 蜀の姜維
  6. 左思(さし)ってどんな人?洛陽の紙価を高騰させたブサメン詩人 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  7. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  8. 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP