呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?

貂蝉 董卓 呂布




貂蝉

 

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

貂蝉(ちょうせん)は男だらけの三国志演義に華を添える存在です。

もし序盤で貂蝉が出なかったら、三国志を読むのを断念する人は

かなりの数に上るのではないでしょうか?

ところが、この貂蝉、これだけメジャーなのに実在しない人物だったりします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?





実は存在しません、傾国の美女貂蝉

貂蝉 董卓 呂布

 

唐の時代の楊貴妃(ようきひ)、春秋時代の越の西施(せいし)、

漢の時代の王昭君(おうしょうくん)と並んで、中国四大美女に数えられる貂蝉ですが、

三国志演義にしか登場しない架空の人物です、司徒王允(おういん)の養女というのも、

董卓(とうたく)の後宮に入れられて連環の計の道具になるのも創作の話なのです。




モデルは董卓の侍女で呂布が手を出した

貂蝉 呂布

 

一方で、貂蝉のモデルになったであろう女性は存在します。

それは元々、董卓の侍女だった女性で、四六時中、董卓の近くにいる呂布(りょふ)は、

この侍女と親しくなり、ついに関係を持ってしまいます。

 

しかし、董卓は史実でもかなりの癇癪持ちで残忍な人物、自分の侍女が、

ボディーガードの呂布と密通していると知ったら呂布を殺しかねません。

呂布はその事で悩み、司徒の王允に悩みを打ち明けます。

 

丁度、董卓を殺して政権を奪い返そうと考えていた王允は、

これを呂布を抱きこむチャンスと考えて

「バレて殺られる前に殺ってしまえ」と清流派の儒教官僚とも思えない

腹黒いアドバイスを提案し、董卓の死後は自分の政権で重く用いると

呂布を唆し、とうとう董卓を暗殺させてしまうのです。

 

三国志演義では、二人の英雄の間を飛び回る蝶のような、

貂蝉の強かさと罪の意識との葛藤と悲恋がありますが、

史実のそれは、昼の二時間サスペンスのようにドロドロしていますね。

 

架空の人物貂蝉のその後って?

貂蝉 曹操 関羽

 

このように三国志演義の架空の中で生きる貂蝉ですが連環の計の成功後に、

呂布の妾となり(つまり呂布とは両想い)、呂布の正妻の厳(げん)氏と共に

しばらく登場し、下邳(かひ)の攻防戦では陳宮(ちんきゅう)

掎角(きかく)の勢(せい)を進言されて、これに従い出陣しようとした呂布を

正妻と一緒に止めるシーンまでが記されます。

 

それ以後の貂蝉の描写はない事から、この辺りで役割を終えたものと

考えられたのでしょう、それから暫くすると呂布も曹操(そうそう)に捕まり

生涯を終えますので夫婦共に刑場の露と消えたという伏線なのかも知れません。

 

その儚い生涯故に様々に脚色された貂蝉

 

16歳で王允の養女として登場し、董卓と呂布を手玉に取り、

26歳頃までには死んだ貂蝉の儚い人生は、それだけに短い生涯に、

凝縮された多くの逸話を生み出しました。

 

民間伝承では、貂蝉は実はブサイクであり気も小さく、

とても董卓と呂布の二人を手玉に取る器量はないが、そこを天才医師、

華陀(かだ)が登場し、伝説の美女の西施の顔と貂蝉の顔をすげ替え、

さらに根性をつける為に、荊軻(始皇帝を暗殺しようとした刺客)の肝を移植して、

董卓の後宮に送ったという話もあります。

 

これだと貂蝉はフランケンシュタインの怪物のような

改造人間という話になります。

 

また元の時代の雑劇では、呂布の死後、再びその美貌から曹操関羽(かんう)に

奪い合いをされる羽目になり、曹操が折れて関羽に譲り、その後は

関羽と仲睦まじく暮らした、或いは貂蝉に惑わされるのを恐れた関羽が、

貂蝉を斬殺して迷いを断つという酷い話もあります。

 

これには、元ネタがあり、史実では杜夫人という秦宜禄という武将の妻が

夫との離別後、関羽と曹操に奪い合いをされ、曹操の妻になります。

 

次々に新しい解釈が生まれ永遠に生き続ける貂蝉

 

連環の計では、どっちつかずの態度を取る事から、行動の解釈も自由で

実は、天下を騒がせ世に名を残す悪女だった設定、呂布の妹という仕様で

ブラコンから董卓を呂布に斬らせてお兄ちゃんを英雄にしちゃう設定、

自分を育ててくれた王允へ恩を返す為に悪魔に魂を売る設定等、

様々な解釈が生まれ、常に新しい貂蝉像が生まれているようです。

 

貂蝉の名前の由来は高官の冠の飾りから

 

貂蝉とは、元は漢の高官が頭に乗せている冠の飾りで、それは、

宝石と貂の尻尾、そして蝉の羽で装飾されていたそうです。

この高貴な感じと蝉の羽の繊細な儚さから、人物貂蝉は生まれた

という話もあります。

そう考えると、貂蝉はどこまでも人のイメージの産物であり、

それゆえに創作者のイマジネーションが続く限り無限に変化しつづけ、

今後も三国志随一の華として輝き続けるのでしょうね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

関連記事:悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  2. kawausoって、何者?
  3. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  4. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…
  6. 三国志 麻雀 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  7. 荊州争奪戦 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  8. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鎌倉時代の侍
  2. 劉備勝ちまくり!仮想三国志
  3. 張角逝く
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 司馬昭
  6. 徐庶
  7. 劉備
  8. 司馬懿と曹爽

おすすめ記事

  1. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  2. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将 はじめての三国志 画像準備中
  3. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  4. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  5. 明智光秀は黒田官兵衛のせいで山崎の戦いで敗北した!その理由とは? 黒田官兵衛
  6. 勇気ある武将・徐盛!そのイケメンぶりを徹底解説 徐盛(じょせい)呉の将軍

三國志雑学

  1. 二刀流の劉備
  2. 楽進
  3. 張飛が使う蛇矛
  4. 鄧禹と兵士
  5. スーパーDr華佗07 尹正
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽の一騎当千
  2. 明智光秀 wikipedia
  3. 王騎 キングダム
  4. 茶を飲む張角(太平道)
  5. 劉備妻つかまる

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】 坂本龍馬チビ説 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの? 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年11月6日〜11日) 土いじりをする劉備 隠れた劉備盛り満載!巧妙な正史三国志 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん) 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】 篤姫 篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう! 曹操を逃す関羽 【三国志平話】関羽が昔の恩義で曹操を見逃す名シーンがない!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP