はじめての三国志

menu

はじめての変

実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?

この記事の所要時間: 243




貂蝉

 

※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

貂蝉(ちょうせん)は男だらけの三国志演義に華を添える存在です。

もし序盤で貂蝉が出なかったら、三国志を読むのを断念する人は

かなりの数に上るのではないでしょうか?

ところが、この貂蝉、これだけメジャーなのに実在しない人物だったりします。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?





実は存在しません、傾国の美女貂蝉

貂蝉 董卓 呂布

 

唐の時代の楊貴妃(ようきひ)、春秋時代の越の西施(せいし)、

漢の時代の王昭君(おうしょうくん)と並んで、中国四大美女に数えられる貂蝉ですが、

三国志演義にしか登場しない架空の人物です、司徒王允(おういん)の養女というのも、

董卓(とうたく)の後宮に入れられて連環の計の道具になるのも創作の話なのです。




モデルは董卓の侍女で呂布が手を出した

貂蝉 呂布

 

一方で、貂蝉のモデルになったであろう女性は存在します。

それは元々、董卓の侍女だった女性で、四六時中、董卓の近くにいる呂布(りょふ)は、

この侍女と親しくなり、ついに関係を持ってしまいます。

 

しかし、董卓は史実でもかなりの癇癪持ちで残忍な人物、自分の侍女が、

ボディーガードの呂布と密通していると知ったら呂布を殺しかねません。

呂布はその事で悩み、司徒の王允に悩みを打ち明けます。

 

丁度、董卓を殺して政権を奪い返そうと考えていた王允は、

これを呂布を抱きこむチャンスと考えて

「バレて殺られる前に殺ってしまえ」と清流派の儒教官僚とも思えない

腹黒いアドバイスを提案し、董卓の死後は自分の政権で重く用いると

呂布を唆し、とうとう董卓を暗殺させてしまうのです。

 

三国志演義では、二人の英雄の間を飛び回る蝶のような、

貂蝉の強かさと罪の意識との葛藤と悲恋がありますが、

史実のそれは、昼の二時間サスペンスのようにドロドロしていますね。

 

架空の人物貂蝉のその後って?

貂蝉 曹操 関羽

 

このように三国志演義の架空の中で生きる貂蝉ですが連環の計の成功後に、

呂布の妾となり(つまり呂布とは両想い)、呂布の正妻の厳(げん)氏と共に

しばらく登場し、下邳(かひ)の攻防戦では陳宮(ちんきゅう)

掎角(きかく)の勢(せい)を進言されて、これに従い出陣しようとした呂布を

正妻と一緒に止めるシーンまでが記されます。

 

それ以後の貂蝉の描写はない事から、この辺りで役割を終えたものと

考えられたのでしょう、それから暫くすると呂布も曹操(そうそう)に捕まり

生涯を終えますので夫婦共に刑場の露と消えたという伏線なのかも知れません。

 

その儚い生涯故に様々に脚色された貂蝉

 

16歳で王允の養女として登場し、董卓と呂布を手玉に取り、

26歳頃までには死んだ貂蝉の儚い人生は、それだけに短い生涯に、

凝縮された多くの逸話を生み出しました。

 

民間伝承では、貂蝉は実はブサイクであり気も小さく、

とても董卓と呂布の二人を手玉に取る器量はないが、そこを天才医師、

華陀(かだ)が登場し、伝説の美女の西施の顔と貂蝉の顔をすげ替え、

さらに根性をつける為に、荊軻(始皇帝を暗殺しようとした刺客)の肝を移植して、

董卓の後宮に送ったという話もあります。

 

これだと貂蝉はフランケンシュタインの怪物のような

改造人間という話になります。

 

また元の時代の雑劇では、呂布の死後、再びその美貌から曹操関羽(かんう)に

奪い合いをされる羽目になり、曹操が折れて関羽に譲り、その後は

関羽と仲睦まじく暮らした、或いは貂蝉に惑わされるのを恐れた関羽が、

貂蝉を斬殺して迷いを断つという酷い話もあります。

 

これには、元ネタがあり、史実では杜夫人という秦宜禄という武将の妻が

夫との離別後、関羽と曹操に奪い合いをされ、曹操の妻になります。

 

次々に新しい解釈が生まれ永遠に生き続ける貂蝉

 

連環の計では、どっちつかずの態度を取る事から、行動の解釈も自由で

実は、天下を騒がせ世に名を残す悪女だった設定、呂布の妹という仕様で

ブラコンから董卓を呂布に斬らせてお兄ちゃんを英雄にしちゃう設定、

自分を育ててくれた王允へ恩を返す為に悪魔に魂を売る設定等、

様々な解釈が生まれ、常に新しい貂蝉像が生まれているようです。

 

貂蝉の名前の由来は高官の冠の飾りから

 

貂蝉とは、元は漢の高官が頭に乗せている冠の飾りで、それは、

宝石と貂の尻尾、そして蝉の羽で装飾されていたそうです。

この高貴な感じと蝉の羽の繊細な儚さから、人物貂蝉は生まれた

という話もあります。

そう考えると、貂蝉はどこまでも人のイメージの産物であり、

それゆえに創作者のイマジネーションが続く限り無限に変化しつづけ、

今後も三国志随一の華として輝き続けるのでしょうね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?

関連記事:悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀…
  2. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じ…
  3. 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介
  4. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  5. 天才軍師の条件ってなに?諸葛亮孔明・司馬懿仲達・黒田官兵衛・大村…
  6. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  7. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  8. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  2. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  3. 魏延と馬岱は孔明を恨んでいた「怨トモ」だった!?
  4. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  5. 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)
  6. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【12/25〜12/31】 策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの? 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない 杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 【三国志由来!】一歳の誕生日占い抓周とはどんなモノ 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  2. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入
  3. キングダム六国の強さを勝手にランキング!
  4. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  5. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  6. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  7. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析
  8. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP