架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?

この記事の所要時間: 326




陸遜

 

三国志の時代は敵国に対して圧倒的な兵力を有している国が非常に有利です。

そのため魏・蜀・呉はそれぞれ工夫を凝らしながら、兵力確保を努めます。

では一体これらの国々はどのようにして、兵力確保に努めていったのかをご紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




まず人口を見てみよう「後漢中期」

曹操

 

まず三国志の各国の兵力確保の政策を知る前に、人口がどれくらい当時の中国に居たのかを

調べてみたいと思います。

後漢の中頃には中華の人口は約5000万人ほどいたそうです。

魏志倭人伝における日本は弥生時代に入ったばかりで、当時の日本の人口はたったの

60万人ほどしかいなかったそうです。

それと比べると中国の人口の多さは以上かつ非常に発達した文明を持っていたことが分かります。




三国時代に突入すると一気に人口は減少

曹操50万の兵

 

さて後漢中期には中国の人口は5000万人ほどおりましたが、黄巾の乱から三国鼎立時代までに

一気に人口は減少します。

なんと三国鼎立時代に突入した時は中国の総人口は500万人にまで減少します。

 

地球

 

その原因は戦乱で多くの群雄が争ってしまったことが原因であります。

そのため中国では多くの変化をもたらすことになります。

 

関連記事:「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しがった理由も分かる!

関連記事:魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

 

人口の激減によって起きた変化

空腹の兵士

 

後漢中期から三国鼎立時代に至るまでに10分の1までに減少した中国の総人口。

減少した結果多くの変化を中国各地でもたらすことになります。

 

変化その1:土地が荒廃して農作物が取れなくなってしまいます。

変化その2:土地の荒廃による生産量の激減

変化その3:兵糧不足

 

これらの変化によって三国の国は物凄く苦労する羽目になってしまうと同時に、

兵力確保を行わなくてはなりませんでした。

さて今回の本題である魏・蜀・呉はどのように兵力確保に努めたのでしょうか。

 

兵力確保に努めた国々「魏のパターン」

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

魏は三国一の領土を持っておりましたが、中身は人口が少なくどの都市もスカスカでした。

このような状況でどのように兵力確保に努めたのでしょうか。

 

屯田制と兵戸制を併用

兵戸制

 

魏は曹操が採用した屯田制と兵戸制を合わせて行く政策をとります。

屯田制は戦時状態にない兵士を利用し、辺境に駐屯している兵隊で農業を行う政策です。

この政策を取ったことで、人口が激減した中原において、生産力を低下させることなく

兵糧を補充することに成功。

また兵戸制は兵士が死ぬまで兵隊として生きることを義務付けられる事になりますが、

その代わりにこの制度によって組み込まれた兵隊は土地を政府からもらって生活を保障されることになるため、

家族が飢える心配がなくなります。

こうした制度を併用することで、兵力不足と生産力不足を補って三国時代を戦い抜いていきます。

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

 

呉・蜀は同じ制度である「兵世制」を採用

劉備と孫権同盟

 

呉と蜀は同じ制度を実施しております。

その制度は「兵世制(へいせいせい)」と呼ばれる制度です。

この制度は国家の君主(蜀でいえば劉備・劉禅。呉でいえば孫権)と

諸豪族の結びつきの強さによって兵隊の数が変わる制度です。

諸豪族と結びつきを強くすることで豪族が抱える兵隊の数は多く拠出してくれますが、

君主が豪族を優遇することを怠れば、豪族は不満に思い兵隊を多く出すことをしないでしょう。

また君主が亡くなると豪族との結びつきも亡くなってしまうため、

新たな君主は豪族と再び強いきずなを結びなおさなくてはなりません。

このような脆弱な制度を取り続けていたことが、呉・蜀滅亡の原因の一つではないのかと考えられます。

 

関連記事:三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

関連記事:どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?

 

三国志ライター黒田廉独り言

黒田廉

 

今回は三国時代の国々がとった兵制についてご紹介しました。

ついでに魏・蜀・呉の動員兵力は諸説ありますが大体の実数は

魏=25万程。

呉=15万程

蜀=10万程

であったとされており、赤壁の戦いで100万を号する曹操軍というのはまったくあり得ない話で、

創作であったことが分かります。

兵力差や人口の減少、兵制についてわかるとかなり三国志を深く読めるのではいのでしょうか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

じかいもまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃ~またにゃ」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:もうやめて…!劉備の黒歴史がまた発見される!?三国志の主人公の消された過去

 




よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

 

 

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  2. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  3. 呂布の裏切りについて考察してみた
  4. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  5. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  6. 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…
  7. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  8. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  2. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  3. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  4. 貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇
  5. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  6. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意] 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 世説新語の「荀巨伯のお見舞い」の友情話が熱い! 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

おすすめ記事

  1. 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  2. 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!
  3. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  4. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  5. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」
  6. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介
  8. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP