三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者

この記事の所要時間: 248




孔明と姜維

 

蜀で誰が一番優秀であったかと問われれば間違えなく出てくる諸葛孔明

政権運営の仕方においては三国志の中でトップクラスの能力を持った人物で、

人材を見抜く能力にも優れていた人です。

そんな孔明ですが苦手な人が何人かおりました。

 

魏延 孔明

 

一人目は魏延(ぎえん)です。

彼とはうまく付き合うことが出来ず、

魏延が北伐の作戦上で提案しても採用することはありませんでした。

 

基礎 孔明の後継者姜維03 魏延

 

ですが魏延とは頑張って付き合ってきましたが、魏延以上に苦手な人物がいたのをご存知ですか。

今回は孔明が苦手とした人物である来敏(らいびん)についてご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




光武帝に仕えた名臣の末裔

光武帝劉秀part1 04 劉秀

 

来敏は後漢王朝を成立させた光武帝劉秀(りゅうしゅう)を支えた名臣である来歙(らいきゅう)の

末裔で、父は後漢王朝で三公の位にまで昇進した名士出身の学者です。

彼は後漢王朝が黄巾の乱や群雄割拠の時代を迎えると、

戦乱を避けて色々な場所を転々とした結果、最終的に荊州(けいしゅう)へ逃げ込みます。




縁故によって益州へ逃れる

孔融

 

来敏は姉が益州の劉璋(りゅうしょう)との繋がりがあったことから、

荊州を後にして益州へ身を寄せます。

彼は学問を盛んに研究しており

「春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)」を主にしておりました。

そして劉備が益州を領土とすると、

荊州の名士であった劉巴(りゅうは)の推挙によって劉備に仕える事になり、

劉禅が皇帝に即位すると、彼は孔明と共に漢中へ駐屯することになります。

 

自分の後任者である董允を認めない

董允

 

孔明は蜀の政権を劉備から託されると、

法を整備して国の礎をしっかりと固め、政府と朝廷の宮中が一体となって国を支えていく姿を

目指しておりました。

そのため孔明はしっかりした人物である董允(とういん)を来敏の後釜に据えようとします。

このことを知った来敏は大いに怒り「なぜ何の功績もない若造のために、

私が退かねばならないのだ。」と激怒。

孔明はこの来敏の激怒を聞くとわざわ彼の元へ赴いて何度も説得を試みます。

しかし彼は孔明の説得に納得いくことはありませんでした。

そのため孔明もほとほと疲れ果ててしまいます。

 

来敏の頑固さを日記にぼやく

孔明

 

孔明は自分が日々起きたことを日記に書いており、

その日記の中で来敏の頑固さについて触れております。

彼は「まったく来敏は歳をとってからボケてしまい大いに困る。

益州を先帝が平定した時、人臣はみなあいつは人の輪を乱す奴だと述べておったが、

劉巴が来敏を推挙してきたから先帝は致し方なく彼を用いることにしたのだ。

劉禅様が即位なさった時、私がしっかりと彼を見極めなかったため、将軍へ任命してしまった。

彼を将軍に任命しなければ現在こんな面倒なことにならなくて済んだのだ。

返す返すも彼を将軍に任命したのは私の過ちであった。」とぼやきをつづっておりました。

そして孔明はこの日記の中で「来敏を退かせて、

何としても董允を来敏がついていた職に就かせなければ私が目標として掲げている国家づくりができない。」

と決意を示しております。

そして孔明はこの日記に書いた通りに来敏を罷免させて董允を宮中へ送り込み、

政府と宮中の意思を統一する国家づくりに着手します。

来敏は怒りに打ち震えましたが、蜀の最高責任者である孔明の指示に従わざるを得ず、

董允に自らの職を譲ることになります。

 

蜀滅亡の一年前に亡くなる

ろうそく f

 

来敏は職を退いた後違う役職を与えられますが、

その職も他人を不愉快にさせる言動を繰り返した為、左遷させられてしまいます。

しかし光武帝を支えた名臣である来歙の末裔であったことが幸いして、

再び高位の官位に就くことが出来ますが、

その度に自分の言動が災いして左遷させられてしまいます。

こうして自分の言動が災いを呼ぶ事を繰り返しながら過ごしていき、

彼は蜀が滅亡する一年前に亡くなってしまいます。

 

三国志ライター黒田廉独り言

黒田廉

 

来敏は学者として「春秋左氏伝」を研究していたのにも関わらず、

自分の言動が災いして蜀の嫌われ者になってしまった残念な人です。

自分の言動をしっかりと抑えていれば、

蜀の政権内で初期の文官であったのでそれなりの

出世を行うことが出来たのにもったいないです。

皆さんも「口は災いの元」と言われるので言動には気を付けてくださいね

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

じかいもまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃ~またにゃ」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものが…
  2. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文…
  3. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  4. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  5. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  6. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  7. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  8. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介
  2. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】
  4. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  5. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  6. 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 石川克世って、何者? 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上! 【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話

おすすめ記事

  1. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  2. ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した!
  3. 【2018年版】『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!なんとあの文献に書かれていた?【HMR】
  4. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる
  5. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  6. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達
  7. 美髯公とは何?ヒゲを見るだけで三国志がわかる!男のシンボル『ヒゲ』はどこから来てどこへ行くのか。
  8. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP