張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人

2016年9月8日


 

呂布 バックブリーカー

 

丁原(ていげん)・董卓(とうたく)と次々と主を殺害していった呂布(りょふ)。そして彼は董卓殺害後、天下を旅して色々と巡り徐州へと流れていきます。

 

朝まで三国志 劉備 呂布

 

この地は劉備の土地でしたが呂布は彼を徐州から叩きだして、この地を占領します。その後曹操軍に包囲され孤立無援の中激戦を繰り広げていくことになるのですが、この時呂布に援軍を送ろうとした人物がおりました。その名を張楊(ちょうよう)と言います。彼は天下のお尋ね者となった呂布になぜ援軍を送ろうと考えたのでしょうか。

 

丁原の部下として仕える

 

張楊は幷州(へいしゅう)出身の武将で、丁原の部下として仕えます。その後、何進(かしん)が宦官を討伐する作戦を決行するために全国の実力者達に呼びかけます。この時幷州刺史であった丁原は張楊に「お前に兵を預けるゆえ、大将軍の元へむかえ」と命じられます。彼は丁原の命令を受けて少数の兵士を率いて洛陽へ到着しますが、何進から「兵が少ないので幷州へ行って兵を集めてきてくれ」と命じられ、再び幷州へ向かうことになります。

 

騒乱に巻き込まれないようにする

宦官

 

何進は張楊に兵を募集するように命じた後、宦官によって暗殺されてしまいます。この事を知った張楊は洛陽へ帰ることを止めて、洛陽と幷州の間にある上党(じょうとう)が治安も悪く賊がはびこっていることを理由にして、この地に留まることにします。上党に留まった事で混乱状態にある洛陽の状況に巻き込まれずに済むことになります。

 

呂布対項羽

 

主君が殺害される

 

丁原は幷州から洛陽へ移っておりました、洛陽は何進の死後涼州の董卓が権威を握っておりましたが、董卓が権威をかさにして諸将へ命令を出していることが気に食わなかった丁原は、董卓に反抗的な態度を取ります。彼がなぜ権威を身にまとった董卓に逆らうことができたのかと言うと、部下に呂布という天下無双の武を持った武将がいた事が原因です。しかしこの呂布は丁原を斬り殺して董卓に寝返ってしまいます。この話を聞いた張楊は上司を失いこれからどうすればわからなかった為、とりあえず上党にいた太守へ攻撃を行いますが、あっけなく撃退されてしまいます。その後山賊まがいの事を行い部下を養っていきます

 

董卓から河内太守に任命される

董卓

 

張楊はその後董卓討伐連合軍にも参加し活躍することになります。しかしこの董卓連合軍は思った戦果を上げることができずに解散。張楊はとりあえず行くところがなかったため、再び上党へ帰ろうとしているさなか董卓から「河内太守へ任命する」と印綬をもってやってきます。張楊は部下をこれからどうやって食べさせていこうか考えていたので、寄るべき土地を与えてくれて事を嬉しく思い、この命令を快く受けることにします。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

-はじめての漢
-