ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての漢

張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人

この記事の所要時間: 59




呂布 バックブリーカー

 

丁原(ていげん)・董卓(とうたく)と次々と主を殺害していった呂布(りょふ)

そして彼は董卓殺害後、天下を旅して色々と巡り徐州へと流れていきます。

 

朝まで三国志 劉備 呂布

 

この地は劉備の土地でしたが呂布は彼を徐州から叩きだして、この地を占領します。

その後曹操軍に包囲され孤立無援の中激戦を繰り広げていくことになるのですが、

この時呂布に援軍を送ろうとした人物がおりました。

その名を張楊(ちょうよう)と言います。

彼は天下のお尋ね者となった呂布になぜ援軍を送ろうと考えたのでしょうか。




丁原の部下として仕える

 

張楊は幷州(へいしゅう)出身の武将で、丁原の部下として仕えます。

その後、何進(かしん)が宦官を討伐する作戦を決行するために全国の実力者達に呼びかけます。

この時幷州刺史であった丁原は張楊に「お前に兵を預けるゆえ、大将軍の元へむかえ」と

命じられます。

彼は丁原の命令を受けて少数の兵士を率いて洛陽へ到着しますが、

何進から「兵が少ないので幷州へ行って兵を集めてきてくれ」と命じられ、

再び幷州へ向かうことになります。




騒乱に巻き込まれないようにする

宦官

 

何進は張楊に兵を募集するように命じた後、宦官によって暗殺されてしまいます。

この事を知った張楊は洛陽へ帰ることを止めて、

洛陽と幷州の間にある上党(じょうとう)が治安も悪く賊がはびこっていることを理由にして、

この地に留まることにします。

上党に留まった事で混乱状態にある洛陽の状況に巻き込まれずに済むことになります。

 

主君が殺害される

ろうそく f

 

丁原は幷州から洛陽へ移っておりました、

洛陽は何進の死後涼州の董卓が権威を握っておりましたが、

董卓が権威をかさにして諸将へ命令を出していることが気に食わなかった丁原は、

董卓に反抗的な態度を取ります。

彼がなぜ権威を身にまとった董卓に逆らうことができたのかと言うと、

部下に呂布という天下無双の武を持った武将がいた事が原因です。

しかしこの呂布は丁原を斬り殺して董卓に寝返ってしまいます。

この話を聞いた張楊は上司を失いこれからどうすればわからなかった為、

とりあえず上党にいた太守へ攻撃を行いますが、あっけなく撃退されてしまいます。

その後山賊まがいの事を行い部下を養っていきます

 

董卓から河内太守に任命される

董卓

 

張楊はその後董卓討伐連合軍にも参加し活躍することになります。

しかしこの董卓連合軍は思った戦果を上げることができずに解散。

張楊はとりあえず行くところがなかったため、

再び上党へ帰ろうとしているさなか董卓から「河内太守へ任命する」と印綬をもってやってきます。

張楊は部下をこれからどうやって食べさせていこうか考えていたので、

寄るべき土地を与えてくれて事を嬉しく思い、この命令を快く受けることにします。

 

董卓死す

董卓 呂布

 

張楊はその後河内の太守として力を蓄えているさなか驚きの一報が届いてきます。

その内容は「董卓死す」との報告でした。

そして第二報として「董卓は王允の計画に参加した呂布将軍によって討伐された」と

報告が入ります。

この報告を知った張楊は大いに喜びかつ自分と同僚であった呂布が、

天下の大悪として恐れられていた董卓を討伐したことに対して誇らしく思っておりました。

 

皇帝に兵糧を届ける

献帝

 

董卓死後長安の政権は安定するかのように思われていましたが、

董卓の残党軍が捨て身で長安へ攻撃を仕掛けてきたことにより長安城は陥落。

董卓の残党軍が朝廷を握ると董卓の時代と同じように好き勝手に政権を動か貸していきます。

この状況を見た皇帝は長安城から脱出したいと考えておりました。

そして李傕と郭汜の争いの隙をついて皇帝は長安を脱出して、

自分が生まれた故郷である洛陽へ向けて出発。

張楊は皇帝が長安を脱出して洛陽へ向かったことを知ると軍勢を率いて南下します。

そして彼は皇帝の一行を発見すると持ってきた兵糧をすべて渡した後、

洛陽の近くに有る野王(やおう)と言われる土地に駐屯することになります。

また兵糧を届けた際、皇帝は非常に喜び安国将軍(あんこくしょうぐん)の位と侯の位を

彼に下賜します。

他の群雄が誰ひとり皇帝を助けない中、進んで皇帝を助けに行った張楊は群雄の中でも、

一番やさしい群雄なのではないのでしょうか。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  2. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計
  3. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  4. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計
  5. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  6. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  7. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  8. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争っ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  2. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  3. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.2
  4. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?
  5. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  6. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉備と劉邦 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの? 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの? 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】

おすすめ記事

  1. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  2. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!
  3. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキングダムズを楽しむ3つのポイント
  4. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  5. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?
  6. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  7. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  8. 曹家の文才「三曹七子」って何?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP