三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての漢

張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人

この記事の所要時間: 544




呂布 バックブリーカー

 

丁原(ていげん)・董卓(とうたく)と次々と主を殺害していった呂布(りょふ)

そして彼は董卓殺害後、天下を旅して色々と巡り徐州へと流れていきます。

 

朝まで三国志 劉備 呂布

 

この地は劉備の土地でしたが呂布は彼を徐州から叩きだして、この地を占領します。

その後曹操軍に包囲され孤立無援の中激戦を繰り広げていくことになるのですが、

この時呂布に援軍を送ろうとした人物がおりました。

その名を張楊(ちょうよう)と言います。

彼は天下のお尋ね者となった呂布になぜ援軍を送ろうと考えたのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選

関連記事:【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?

 

 

丁原の部下として仕える

 

張楊は幷州(へいしゅう)出身の武将で、丁原の部下として仕えます。

その後、何進(かしん)が宦官を討伐する作戦を決行するために全国の実力者達に呼びかけます。

この時幷州刺史であった丁原は張楊に「お前に兵を預けるゆえ、大将軍の元へむかえ」と

命じられます。

彼は丁原の命令を受けて少数の兵士を率いて洛陽へ到着しますが、

何進から「兵が少ないので幷州へ行って兵を集めてきてくれ」と命じられ、

再び幷州へ向かうことになります。

 

 

騒乱に巻き込まれないようにする

宦官

 

何進は張楊に兵を募集するように命じた後、宦官によって暗殺されてしまいます。

この事を知った張楊は洛陽へ帰ることを止めて、

洛陽と幷州の間にある上党(じょうとう)が治安も悪く賊がはびこっていることを理由にして、

この地に留まることにします。

上党に留まった事で混乱状態にある洛陽の状況に巻き込まれずに済むことになります。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

主君が殺害される

 

丁原は幷州から洛陽へ移っておりました、

洛陽は何進の死後涼州の董卓が権威を握っておりましたが、

董卓が権威をかさにして諸将へ命令を出していることが気に食わなかった丁原は、

董卓に反抗的な態度を取ります。

彼がなぜ権威を身にまとった董卓に逆らうことができたのかと言うと、

部下に呂布という天下無双の武を持った武将がいた事が原因です。

しかしこの呂布は丁原を斬り殺して董卓に寝返ってしまいます。

この話を聞いた張楊は上司を失いこれからどうすればわからなかった為、

とりあえず上党にいた太守へ攻撃を行いますが、あっけなく撃退されてしまいます。

その後山賊まがいの事を行い部下を養っていきます

 

董卓から河内太守に任命される

董卓

 

張楊はその後董卓討伐連合軍にも参加し活躍することになります。

しかしこの董卓連合軍は思った戦果を上げることができずに解散。

張楊はとりあえず行くところがなかったため、

再び上党へ帰ろうとしているさなか董卓から「河内太守へ任命する」と印綬をもってやってきます。

張楊は部下をこれからどうやって食べさせていこうか考えていたので、

寄るべき土地を与えてくれて事を嬉しく思い、この命令を快く受けることにします。

 

董卓死す

董卓 呂布

 

張楊はその後河内の太守として力を蓄えているさなか驚きの一報が届いてきます。

その内容は「董卓死す」との報告でした。

そして第二報として「董卓は王允の計画に参加した呂布将軍によって討伐された」と

報告が入ります。

この報告を知った張楊は大いに喜びかつ自分と同僚であった呂布が、

天下の大悪として恐れられていた董卓を討伐したことに対して誇らしく思っておりました。

 

皇帝に兵糧を届ける

献帝

 

董卓死後長安の政権は安定するかのように思われていましたが、

董卓の残党軍が捨て身で長安へ攻撃を仕掛けてきたことにより長安城は陥落。

董卓の残党軍が朝廷を握ると董卓の時代と同じように好き勝手に政権を動か貸していきます。

この状況を見た皇帝は長安城から脱出したいと考えておりました。

そして李傕郭汜の争いの隙をついて皇帝は長安を脱出して、

自分が生まれた故郷である洛陽へ向けて出発。

張楊は皇帝が長安を脱出して洛陽へ向かったことを知ると軍勢を率いて南下します。

そして彼は皇帝の一行を発見すると持ってきた兵糧をすべて渡した後、

洛陽の近くに有る野王(やおう)と言われる土地に駐屯することになります。

また兵糧を届けた際、皇帝は非常に喜び安国将軍(あんこくしょうぐん)の位と侯の位を

彼に下賜します。

他の群雄が誰ひとり皇帝を助けない中、進んで皇帝を助けに行った張楊は群雄の中でも、

一番やさしい群雄なのではないのでしょうか。

 

呂布がやって来る

赤兎馬 呂布

 

張楊(ちょうよう)は河内の太守として野王に駐屯しておりました。

そして彼の仕事は主に函谷関の東にいる実力者達と皇帝との間を取り持つ

役目を担っておりましました。

そんな中天下のお尋ね者として名高い呂布が張楊の元へやってきます。

天下の実力者は主君を二度も殺害していることから彼を厄介者として扱っておりましたが、

張楊は違いました。

彼は呂布とは丁原に仕えていた頃からの親密に付き合っており、

彼を嫌いであったことはありませんでした。

そのため彼がやってきた時も快く受け入れてもてなします。

董卓の後継者として我が物顔で振舞っていた李傕らは、

自分達の主を殺害した呂布に懸賞金をかけて全国に手配しておりました。

張楊は呂布がやってきたときは本拠地である河内に帰っており、

長安から近いこの地では呂布に懸賞金がかけられていることを知っているため

張楊の部下達は呂布を捕らえて長安へ送ればどうかと張楊に進言しておりました。

彼は初めの内は部下の進言を断っておりましたが、幾度も進言に来る部下達の言葉を

遮ることが難しくなってきました。

そんな中居候として河内にいる呂布から呼ばれます。

呂布の助言

呂布 最強 曹操

 

呂布は張楊がやってくると酒を出して二人きりで、昔のことを色々と語り始めます。

張楊も丁原の配下であった頃の思い出話を聞いているうちに彼も思い出話に花を咲かせて、

二人は大いに盛り上がっていきます。

そして呂布は真顔になって「俺とお前は同じ主人に仕え、故郷も一緒であるな。

そんなお前に一つ助言をしておこう。李傕らは主人である董卓を殺害した俺を捕らえるため、

懸賞金をかけて全国に指名手配をしてるそうだな。

この事を知っているお前の部下が俺を捕らえて長安へ送ってはどうかと

お前に進言している話を噂で知った。

ならば張楊よ。今ここでおれを捕らえて長安へ送れば手厚い恩賞をもらえること間違えなしだ。

俺はいまお前と久しぶりに昔話を肴にして酔っている。

俺を捕らえるならいまこのチャンスを逃してはならんぞ」と進言します。

この呂布の言葉を聞いた張楊は呂布が可哀想になってしまい、

「そんなことは俺はしない。呂布よ行き先が決まるまでここにいるが良い。

長安からなんと言われようと俺はお前を保護する」ときっぱりと言い切ります。

呂布はこの言葉を聞いて嬉しく思い感謝の言葉を述べた後、

再び昔話を肴にして大いに二人きりの宴会は盛り上がっていきます。

しかしこの呂布の発言は計算されたものでした。

 

呂布の計算された発言

表情 呂布01

 

呂布は同僚であった張楊の性格を知り尽くしており、

彼は義侠にあふれた人物で自分を投げ出すような発言をすれば、

彼は必ず保護するであろうという計算の上に発言を行っておりました。

この呂布の計算された発言に引っかかってしまった張楊は、

呂布の計算通りに行動してしまうことになってしまいます。

彼を呂布の計算に引っかかった馬鹿な人物と見るか、

困っている人を見捨ててはおけない義侠に溢れた人物であるかどちらに判断を下すかは、

人それぞれでしょう。

 

呂布へ義を貫き通す

呂布と劉備

 

呂布は張楊の元を去り、徐州を占領して群雄として独立。

しかし曹操の軍勢に呂布の本拠である下邳(かひ)城を包囲されてしまい、

危機的な状況に追い込まれてしまいます。

張楊は呂布が危機的状況に追い込まれていると知ると、

呂布の元へ援軍を送ろうと考えておりました。

だが河内から呂布が篭っている下邳かなりの距離が離れており、

彼が援軍を送るためには曹操の領地である兗州を通っていかなければなりません。

張楊の軍勢では曹操の領地を突っ切って下邳へ援軍を送ることは不可能でしたが、

彼は呂布を助けるために軍勢を下邳城へ送るように見せかけ、

曹操の軍勢が呂布の締めつけを少しでも緩められればと考え挙兵。

曹操は張楊が挙兵して兗州へ攻め込むような素振りを見せたとの報告が入ると大いに驚きますが、

数日後にはいった情報を聞いて安心します。

 

呂布へ義を貫き通すべく曹操へ反旗を翻すも・・・

呂布を心配する張楊

 

張楊は呂布のために曹操と対決する姿勢を見せる前に彼の部下の武将が進言をしてきます。

この部下は張楊へ「殿がいくらここで挙兵して曹操と対決する姿勢を取ったとしても、

呂布はもうダメです。曹操に敵対するような行動はやめた方がいいでしょう。」と進言。

しかし張楊はこの進言を受け入れずに曹操と対決する姿勢を見せるべく挙兵してしまいます。

この家臣は自分の進言が受け入れられずに、無謀な選択をした主人に愛想を尽かし、

張楊が挙兵してから数日後彼を殺害。

張楊は自らの義を貫き通した武将でしたが、部下の心を自分の義挙に対して心服させることは

できませんでした。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

張楊は中原に屹立した群雄達の中でいちばん優しい群雄であったと思います。

袁術袁紹など群雄は呂布を厄介者として扱う中、張楊だけは彼をもてなし、

呂布が危機的状況に陥ると彼を助けるために立ち上がります。

このような人物は後漢末期の群雄の中では居ないのではないのでしょうか。

しかしこの義侠心のせいで張楊は殺害されてしまうのです。

皆さんは彼が困った人間がどのような人物であろうと助ける義侠の心を持った人物としての評価か、

それとも時勢を見ることができなかったただのお人好しなのかどちらの評価を持ちますか。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ

次回もまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  2. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  3. 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名…
  4. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の…
  5. 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…
  6. 毛玠(もうかい)とはどんな人?魏の人事担当者として辣腕を振るった…
  7. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から…
  8. 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 伊藤博文と井上馨、二人の絆の原点はトイレだった?
  2. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?
  3. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  4. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  5. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  6. 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人? 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・ 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント?

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命!
  2. 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  4. 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!
  5. 甘露寺の十字紋石|劉備の石占い
  6. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?
  7. 【三顧の礼】演義に書かれている意味深な詩を読んでみよう!
  8. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP