キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲

董卓




戦え于禁㈪02 董卓

 

400年の太平を貪る漢王朝、同じく400年以上も続いた

日本の貴族政治。しかし、この両者は予想外の勢力によって

徹底的に破壊され、その権力を失ってしまう事になります。

はじさんでは、この二つの勢力に終止符を打たせた、

二人の英雄、董卓仲頴(とうたく・ちゅうえい)

源義仲(みなもとのよしなか)の共通点を探ってみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




共通点1 どちらも軍閥で身分が低かった

朝まで三国志 董卓

 

董卓は、涼州で辺境の異民族の侵入を取り締まっていた武官でした。

英雄記によれば、父は董君雅(とうがくん)、母は池陽君(ちようくん)と言われ

名前は立派ですが大した地位があったわけではないようです。

 

董卓の預けられた総兵力は二十万とも言われますが、

持ち場を勝手に離れる事は出来ない身分で一種の軍閥であり、

大将軍何進(かしん)が招集を掛けなければ大手を振って

洛陽に入城するのも不可能な低い身分でした。

 

源義仲は、河内源氏(かわち・げんじ)という源氏の一門でした。

祖父は清和源氏の正統で源為義(みなもとのためよし)、

父は源義賢(みなもとのよしかた)と言いますが、

義賢は、弟の源義朝と東北の勢力を巡って抗争し義朝の子で、

鎌倉悪源太(かまくらあくげんた)の異名を取った、

源義平(みなもとの・よしひら)に敗れ戦死します。

 

生まれたばかりの義仲は、近臣に匿われ木曽(長野県)にいて

木曽義仲とも言われましたが、嫡流を追われた田舎豪族で

中央には何の影響力もありません。

しかし、一族郎党を従えれば数千の手勢で地方軍閥です。




共通点2 皇帝、王族を庇護した事で運が開ける

献帝と董卓

 

董卓の運が開けたのは、大きな偶然でした。

189年、何進の命令で、親宦官派の何皇太后に圧力を掛ける為に

洛陽に呼ばれた董卓は、入城の直前に宦官に連れ去られた

皇帝である少帝と劉協(りゅうきょう)を保護します。

 

洛陽でクーデターを起こし宦官勢力を皆殺しにしていた

袁紹(えんしょう)達は、この少帝を抑える事で、

権力を維持しようとしていましたが、

董卓に皇帝の身柄を抑えられて動く事が出来なくなり、

そこから董卓の暴政が始まります。

 

源義仲は、1180年、平家に虐げられていた以仁王(もちひとおう)が

令旨(りょうじ)を発して平家追討の命を全国に発した時に

これに応えて挙兵し3000騎を集めてすぐに南下を開始しました。

 

時代は平家の棟梁、平清盛(たいらのきよもり)が源氏を平治の乱で追い落として

天皇の外戚となり我が世の春を謳歌、独裁政治をしている時で、

日本には平家憎しの声が充満していたのです。

 

1182年、同士討ちを避ける為に、慎重に源氏の勢力の及んでいない土地に

支配力を伸ばす義仲に幸運が舞い込みます。

挙兵して戦死した以仁王の第一王子の北陸宮(ほくろくみや)を

保護する事に成功したのです。

政治的なバックがなく悩んでいた義仲はこれを喜び、

越中国宮崎に御所を造ってしまう程でした。

 

その後、義仲は因縁の仲、源頼朝(みなもとの・よりとも)

(義仲の父を殺した義朝の子)に人質を送る事で和議を結び

一方では、10万の大軍を擁する平家の平維盛(たいらのこれもり)の兵力を

倶利伽羅(くりから)峠で撃破、さらに押し寄せる平家の追討軍を撃破します。

 

形成不利を悟った平家は一度、京都を放棄して西国へ脱出、

平家に幽閉されていた後白河(ごしらかわ)法皇は、義仲を官軍として認めたので、

義仲は京都に入城し、解放軍、朝日(あさひ)将軍と美称されました。

 

暴政が仇になり、滅びる事になる両者・・

司馬朗 董卓

董卓は後漢皇帝を擁して、最初は大人しめの政治をしましたが、

それでは、周囲が自分に従わないと知ると、暴力政治に転換します。

独断で、才能がないと断じた少帝を下ろして弘農王に降格させ毒殺、

弟の陳留王を即位させてしまい、

自分は大師(たいし)として政治を動かすのです。

 

その暴虐は筆舌に尽くしがたく、何でもやりたい放題で、

気に入らないやつは誰でも殺してしまうという凄まじさでした。

もちろん、こんな事が長続きする筈もなく、最後には腹心の呂布

裏切られ暗殺されてしまいます。

董卓の栄耀栄華は、たった3年で終止符を打ってしまうのです。

 

源義仲も、都に入ったものの、都のしきたりを知らない

田舎武士である事が災いし、どんどん周囲から浮いてゆきます。

その第一が、義仲が担いできた北陸宮を天皇にしてくれという要請でした。

北陸宮は、皇族とは言え、直系とは遠い人物でした。

それを直系の皇子を差し置いて天皇にするなど、当時の常識ではあり得ず、

また皇位継承に武士如きが口を出す事で、後白河法皇や貴族達を不快にさせます。

 

さらに悪い事には、当時、西日本一帯が養和(ようわ)の大飢饉という

深刻な食糧不足でした。

記録によると京都での餓死者は42300人で、道の至るところで死体が転がり

腐臭を発しても、あまりの数の多さに埋葬が間にあわない状態だったようです。

 

しかも京都には、義仲が連れてきた大勢の源氏の武士がいました。

彼等は食う為に、都やその周辺で略奪を働きます。

朝廷は義仲に、部下の乱暴狼藉を止めるように命じますが、

義仲の兵は各地の寄せ集めなので、命令は徹底しませんでした。

 

「武士たるものには馬が必要で、飼葉の為に青田も刈ります。

兵糧が足りないから自分で調達するだけで、天皇や貴族の屋敷から

奪っているわけでもないのに、なんで怒られないといかんのです!」

 

と義仲は逆切れしてしまったと言われます。

 

この義仲の傍若無人な振る舞いは、京都の人々の支持を失わせました。

焦った義仲は、源頼朝に通じた後白河法皇の屋敷を襲い、これを幽閉して

勢力を維持しようとしますが強引な手法に味方についていた武士達も離れ、

最後には僅かな手勢で源義経(みなもとのよしつね)・範頼(のりより)の

軍勢と戦い敗走して戦死してしまうのです。

 

義仲が都を抑えて頂点にいたのは、たった60日に過ぎませんでした。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

董卓も源義仲も、武力には秀でていますが、

政治能力は低いという共通点があります。

 

両者とも低い身分であり、都の政治をよく知らず、

その為に、不信感を持たれ、最後にはやけになったように

暴力政治に打って出て、自滅する形になっています。

 

しかし、董卓の横暴のせいで、後漢にはトドメが差され、

群雄割拠の時代が到来し、義仲が都を落ちた後、源頼朝は、

政治を鎌倉に移して、貴族と距離を取るなど、武家の政治を確立します。

義仲を最後に貴族に政治の実権が戻る事は、建武の新政の一時期を

除けば無く、以後650年に渡る武士の政治の幕が開きます。

 

両者は新しい時代を開く、露払いの役割を受けたのではないか?

そのようにkawausoは思います。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  2. 名探偵郭嘉TOP画面
  3. 魯智深(水滸伝) 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  4. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  5. 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…
  6. 藏覇(臧覇)と劉備と曹操 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  7. 陳羣 まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん)
  8. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于禁を虐める曹丕
  2. 陳羣
  3. 火縄銃を気に入る織田信長
  4. 董卓
  5. 孫権と張昭
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. キングダム52巻

おすすめ記事

  1. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって幕を閉じたの?
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  3. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配信決定! 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く? キングダム45
  5. 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙 呂蒙
  6. 読者の声(2018年12月5日〜12月14日) 読者の声バナー(はじめての三国志)

三國志雑学

  1. 親バカな諸葛孔明
  2. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  3. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  4. 兵戸制
  5. 城 銅雀台
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 杜夫人
  2. 阿部正弘
  3. 茶を飲む張角(太平道)
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

おすすめ記事

劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習 悲報!郭嘉にブサセン疑惑 現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 姜維と孔明 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの? 黒船(ミシシッピ号) 勝海舟と日本海軍、近代日本を切り開いた驚異のプロジェクト 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!? 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた? 孔明 vs 司馬懿 司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP