朝まで三国志軍師
キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての変

大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?

この記事の所要時間: 325




孔明

 

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)が隆中でニートしている頃に、

よく口ずさんでいたと言われる梁父吟(りょう・ほ・ぎん)。

斉の宰相の晏嬰(あんえい)が2個の桃を使って3人の勇士を殺すという

アレな内容ですが、孔明は、この歌を書物ではなく演劇で知ったのではないか?

という、大胆な仮説が浮かび上がってきました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




前漢時代からすでに芝居は上演されていた・・

 

現在の定説では、演劇としての芝居の発生は、唐代に寺などの

人が集まる広場を利用して起きた、言われていますが、

最近の研究では、それよりも時代が大きく遡るのではないか?

とも言われています。

 

韓信 股くぐり

 

その根拠は意外にも司馬遷の史記であり、非常に印象的な、

韓信(かんしん)の股くぐりや、暗殺者荊軻(けいか)の始皇帝暗殺が

ドラマチックに描かれているのは司馬遷の創作ではなく、

当時、すでに存在していた歴史劇のセリフを、彼がそのまま、

史記に取り込んだのではないか?と言われているのです。

 

確かに演劇のセリフなら観客の耳目を引く為にセリフが洗練される筈で

司馬遷は、それを拝借して、さも見てきたかのような臨場感ある場面を

造り出すのに成功したと言うわけです。




孔明が口ずさんだ梁父吟とは?

孔明

 

孔明がニート時代に口ずさんだ梁父吟とは以下のような詩です。

 

歩出齊城門 遥望蕩陰里 里中有三墳
累累正相似 問是誰家塚 田彊古冶氏
力能排南山 文能絶地紀 一朝被讒言
二桃殺三士 誰能爲此謀 國相齊晏子

翻訳:聖の城門を出ると、遥か彼方に蕩陰里(とういんり)が見える。

そこには、三つの墓があり、土が盛り上がり似たような形だ。

これは誰の墓ですか?と尋ねると田開彊(でんかいきょう)と

古冶子(こやし)と公孫接(こうそんせつ)の墓だと答える。

三人の武力は南山を引き抜くほどに強く、その文才は

大地を保つ綱を断ちきる程だった、しかし、ある時、讒言を受けて、

2個の桃を3人で争いとうとう3人とも死んでしまった。

誰が、そんな凄い策略を繰り出したのですか?

YES、斉の宰相、晏嬰(あんえい)デスヨ。

 

少々、意訳が入っていますが、梁父吟の歌は、

牧歌的な感じとは似ても似つかない暗い内容なのです。

 

梁父吟とは、二桃殺三士の名前でメジャーだった。

 

梁父吟の元ネタは、二桃殺三士という斉の宰相、晏嬰の話です。

紀元前6世紀、斉には、田開彊と古冶子と公孫接という、

文武に優れて乱暴な3人の勇士がいました。

 

晏嬰は、この3人を生かしておくと災いを成すと考え、

主君景公(けいこう)に許可をもらい、3人を殺す策を考えます。

ある時、晏嬰は、2個の桃を3人に贈り、

「自分こそが、一番功績が高いという人間は桃を食べよ」と言います。

 

田開彊と公孫接は、よく考えもせず、

「俺こそナンバー1だ」と主張して桃を一個ずつ食べます。

すると、抜け駆けをくらった古冶子が

「なんと恥知らずな、私を差し置いて自分達が一番だと言うのか」

と言ったので、3人でよくよく調べてみると古冶子の手柄が一番でした。

2人は、自分の思い上がりを恥じて自殺(なんで?)

 

1人だけ残された古冶子も

「私の余計なひと言が二人を殺した」と自殺(だからなんで?)します。

 

こうして、晏嬰は労せずして三人の勇士を葬ったのです・・

 

※すいません、私にはこの三人、そんなに賢くは見えないんですけど・・

 

二桃三殺士の話は墳墓の壁画にも描かれているが・・

 

さて、この二桃三殺士の話ですが、話が単純で分かりやすく、

インパクトが強烈である事から、多くの人に知られ、豪族の墳墓にも、

その様子が描かれています。

 

しかし、不思議なのは、時代がバラバラな筈のそれらの墳墓に描かれた

二桃殺三士の絵の構図が驚く程似ているのです。

 

詳しくは、毎度おなじみ、はじさん特製イラストで確認してほしいのですが

 

人数の増減や、人物の服装がやや変わる事はあっても基本構図は、

真ん中に桃が入った器があり、それに二人の人物、田開彊と公孫接が

手を伸ばし、その背後の古冶子がそれを見て怒って剣を抜いている様子です。

 

もし、これが書物や口伝えの伝承なら読んだ人のイメージで、

構図は全部変わる筈です、しかし、それが一緒であるという事は、

石刻画を描いた職人は、演劇として上映された二桃殺三士を見ていて、

それをそのまま石刻画に写したのではないかと推測できるのです。

 

孔明は、二桃殺三士の故事を演劇として見ていて主題歌の梁父吟を覚えた!

諸葛瑾

 

そうして考えると孔明は、少年時代、このような二桃殺三士の演劇を

度々見ていて、その演劇の主題歌だった梁父吟を知らず、知らずに

覚えてしまったのではないでしょうか?

 

ちょうど私達がお気に入りのドラマを何度も見る間に、

主題歌を覚えてしまうように、孔明は演劇を何度か見る間に、

梁父吟をすっかり覚えてしまい、ほとんど癖のように歌うようになった。

だから、不気味な歌詞だけど、あまり気にしなかった・・

そういう事になるのではないかと推測します。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志の時代、貴族の屋敷ではすでに着ぐるみや仮装などをして、

軽演劇らしきものが行われていた事は、

こちらの過去記事からも明らかになっています。

 

くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ↓

 

くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ

 

孔明はニートとは言え、劉表にも繋がる荊州の名門でしたから、

少なくとも諸葛玄が生きていた時代は、このような貴族の宴会に招かれ

演劇を見る機会があり、そこで二桃殺三士の演劇を見て主題歌の梁父吟を覚えた。

もしかしたら、そういう事かも知れません。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理…
  2. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男
  3. 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進…
  4. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/1…
  6. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  7. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  8. 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定
  2. 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!
  3. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強武将
  4. 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ)
  5. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  6. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。 記録が乏しい孫堅の妻たち 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめた影の功労者 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの? 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超

おすすめ記事

  1. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  3. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  4. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  5. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  6. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  7. 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る
  8. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP