ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての蜀

【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】

孔明


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明

 

荊州で晴耕雨読(せいこううどく)の人生を送っていた諸葛孔明(しょかつこうめい)

彼は劉備の人柄と篤実さにほれ込み彼に仕えることになります。

劉備に仕えた孔明は、政治家としての能力を発揮し、

天下三分の計の要となる益州を劉璋から奪うと、益州を豊かにするため、

優れた政策を計画、実行していきます。

そして劉備が亡くなった後は、蜀の国を背負って一人、

国の安定を図りながら魏との戦いを行っていきます。

今回は劉備から蜀の国を任された孔明がなぜ亡くなるまで、

魏と戦いを続けなくてはならなかったのかを孔明の足取りを追いながら

分かりやすく説明していきます。


乱世の英雄・劉備死す

劉備

 

劉備は夷陵の戦いが蜀軍の大敗北で幕を閉じると病に倒れてしまい、

そのまま回復することなく、瀕死の状態になってしまいます。

劉備はこのままでは自分がいつ死んでもおかしくない危険な状態になると、

息子である劉禅(りゅうぜん)と蜀の政治家として国を治めている諸葛孔明

そして益州で仲間になった家臣団を代表して李厳を呼びます。

彼は三人がやってくると孔明に「私の息子はポンコツだから、

君が蜀の国を治めてくれ。」と孔明に劉禅を押しのけて、

蜀の君主として立つように依頼します。

孔明は劉備の言葉を聞いて大いに驚きますが、「陛下。私はあなたの息子をしっかりと

補佐して、蜀の国を盛り立てていく所存です。安心してください。」と

劉備の意見を受け取らず、劉禅を補佐していく決意を述べます。

劉備は孔明の意見を聞くと大いに頷き、劉禅に対して

「孔明の意見をしっかりと聞き、勉学に励んで、国を治めよ」と遺言を残した後、

静かに目を閉じて、息を引き取ります。

こうして乱世の英雄であった劉備は亡くなります。

孔明はここから蜀の二代目君主である劉禅を補佐しながら、

蜀の国を盛り立てていく事になります。


南方が反旗を翻す

孔明

 

劉備が亡くなると、蜀の南方にいる太守達が異民族と結託して、反乱を起こします。

孔明は蜀の南方の異民族討伐へ向かいたかったのですが、

夷陵の戦いで大敗北したせいで、軍勢の力と国力が蜀の建国時と比較して、

大幅に減少したため、討伐することができませんでした。

また呉との同盟を再開させることも喫緊の課題であったため、

南方に目を向ける余裕がありませんでした。

南方の反乱軍達は、蜀軍が討伐に来ない事を知ると、

近隣の都市へ攻撃を仕掛けて陥落させていき、南方の反乱は時間が立つに連れて、

日に日に拡大していく事になります。


呉へ使者を送る

孔明

 

孔明は南方の反乱をとりあえず放置して、呉との同盟締結を急ぎます。

このような状況の中、孔明に呉と再び同盟を結んで、魏に当たるべしと

進言してきた人物がおりました。

その名を鄧芝(とうし)と言います。

 

孔明は鄧芝が呉との同盟が喫緊の課題である事をしっかりと

理解している事に驚きと共に彼を呉との同盟締結の使者として送れば、

呉と再び同盟を締結できるかもしれないと考えます。

こうして孔明は鄧芝を呼び出し「私は君と同じように、

呉と再び同盟を結ぶことが喫緊の課題であると認識していた。


しかし今まで呉と同盟を修復できる人物が見当たらずに困っていたが、

やっと同盟を締結できる人材と巡り合うことができた。

呉との関係を修復し、同盟の再締結を君に行ってもらいたいと思う。

やってくれるか。」と呉への使者になってくれるように、鄧芝に依頼します。

鄧芝は孔明の言葉を聞き、「わかりました。私も丞相と同じ意見を持っていたので、

ぜひこの役目をやらせていただきたいと思います。」と呉への使者になることを快諾。

こうして鄧芝は孔明に呉と関係を修復して、同盟を再び結ぶために呉へ旅立つことに

なります。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2 3 4 5 6

関連記事

  1. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  2. 董允 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  3. はじめての三国志 画像準備中 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天…
  4. 黄忠VS夏侯淵 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  5. 黄月英 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  7. 董荼那(南蛮族) 董荼那とはどんな人?諸葛亮軍と孟獲軍の板挟みで悩まされた南蛮族
  8. 秦宓(しんふく)とはどんな人?口先プロフェッショナルの人生

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 燃える本能寺
  2. 黒船(ミシシッピ号)
  3. 蜀の魏延
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 魏延、姜維、王平、楊儀
  6. 豊臣秀吉 戦国時代
  7. キングダム53巻
  8. 枝豆と煮豆 曹丕と曹植

おすすめ記事

  1. 古代出雲王国の躍進、元祖「国盗り物語」?荒ぶる神スサノオ スサノオノミコト(日本神話)
  2. 【衝撃】司馬氏の悲願は周王朝の復活?魏が大嫌いな司馬兄弟 司馬懿を欲しがってた曹操
  3. 総制作費40億円!!三国志史上、最も美しいエンターテインメント時代劇『三国志 ~趙雲伝~』を11月2日からレンタルをスタート
  4. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  5. 小田原城と「センゴク権兵衛」がコラボ!「黒レンの歴史探訪」 北条早雲
  6. キングダム622話最新ネタバレ予想vol2「龐煖を倒す信は王騎を超える」 君主論18 kawausoさん

三國志雑学

  1. 三国志の地図
  2. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  3. 黄月英
  4. 曹植
  5. 陳登と劉備


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹叡
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 費禕
  4. 五虎大将軍の関羽
  5. キングダム
  6. 劉邦と簫何
  7. 袁紹と曹操

おすすめ記事

漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの? なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの? 三国志に出てくる海賊達 張伯路 中世ヨーロッパ版 三国志『ヴィンランド・サガ』が10倍面白くなる豆知識 孔明 vs 司馬懿 五丈原の戦いは緊張感に乏しい戦だった? 竹林の七賢 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに? 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた? 孫権に煽られて憤死する陸遜 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの? 馬岱 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP