よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言

この記事の所要時間: 210




孔明

 

今回は三国志からの名言ではなく春秋戦国時代に活躍した人物の

名言を取り上げていきたいと思います。

現在の日本の総理大臣である安倍晋三氏。

彼は数年前の年頭所感でこのような言葉を述べておりました。

その言葉とは「一年の計は穀を樹えるに如かず。十年の計は樹を樹えるに如かず。

終身の計は人を樹えるに如かず。」と述べておりました。

この言葉は春秋戦国時代の斉(せい)の管仲(かんちゅう)が覇者として、

中華に君臨することになった桓公へ送った言葉です。

この言葉は一体どのような意味なのでしょうか。




国家百年の計

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

管仲は春秋戦国時代を代表する名宰相として歴史にその名を刻みます。

当時小国であった斉の国の内政改革を行い国力を増大させ、強国にのし上がります。

ある日斉国の君主である桓公は管仲に「宰相のおかげで斉の国は覇者となることができた。

今後はどのように国家を運営して行けばいいのだ」と質問します。

すると管仲は「一年の計は穀を樹えるに如かず。十年の計は樹を樹えるに如かず。

終身の計は人を樹えるに如かず。」と進言。

この言葉を聞いた管仲は「どういう意味だ」と再び質問します。

管仲は「1を植えて一収穫するのは穀物。1植えて10収穫することができるのは樹木。

そして1植えて100の収穫をするのは人だけが行うことができるものです。

そして今私は人材という種を斉の国に巻きました。これを的確に収穫して用いる事こそ王者と言えるでしょう。

公よ。今後はこの国の人材育成に力を尽くして次世代へ人材を残すことこそ寛容であります。」と

述べます。

わけがわからないと思います。

もっと簡略的に言うと長期的な視点で教育に力を入れるべしという事を管仲は

言いたかったのです。

なぜならば国を形成しているのは人であるからです。




管仲の名言を孔明も真似た!?

孔明 出師

 

蜀の丞相としてその名を歴史に刻み、

三国志を知らない人でも名前くらい聞いたことのなるスーパー軍師・諸葛孔明

彼は目標としている人物として、管仲を目標としておりました。

その為この国家百年の計の名言を聞いたことがあるのではないかと考えます。

なぜなら孔明は劉備死後の蜀を一手で担っていくことになりますが、

自分の部下の人材育成に力を入れておりました。

街亭の戦いで大敗北を喫してしまった馬謖(ばしょく)は孔明の一番弟子でした。

また後に蜀へ降伏することになる姜維(きょうい)も孔明から軍略や内政の仕方など、

色々な事を教わっていたことでしょう。

他にも彼が育成した人材は董允(とういん)費禕(ひい)など多くの人材を育成しており、

これは孔明の目標としていた人物・管仲の国家百年の計を真似た行動だと思います。

 

現在にも通用する国家百年の計

基礎知識 馬謖02

 

現代の会社の組織や日本の国家でもこの百年の計は言いに活用することが、

できるのではないかと思います。

なぜならば会社を作るのは人で国家を運営していくのも人です。

また次世代に国家や会社を引き継ぎたいのであれば優秀な人に引き継がせたいと思うのが、

人間の普通の考えであると考えます。

では優秀な人間は初めからいるのかと言われればNOです。

優秀な人間はしっかりと教育を施すことによって完成されるのです。

そのためには人材育成に力を入れなくてはならないと言っている国家百年の計は

的を得ているのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

時代が今後100年経っても

この管仲が残した国家百年の計の名言は生き残っていくのではないかと考えます。

やはり国家や組織はロボットが作っていくのではなく、

人が作っていくことで初めて機能することになるからです。

ならば人材育成に力を入れて次世代へバトンタッチすることが、

今の組織や国家に必要なことではないかと思います。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を…
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」…
  3. 戦国時代の詩人屈原に学ぶ自分大好きメンタル開発法
  4. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっく…
  5. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  6. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」
  7. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 名探偵郭嘉TOP画面
  2. キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力
  3. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  4. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  5. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  6. 久坂の思想から新日本グランドデザインを探れ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち? 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかった 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた! 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓 三国志の時代に象兵はいたの?

おすすめ記事

  1. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1
  2. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  3. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  4. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?
  5. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  6. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  7. 月刊はじめての三国志2018年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  8. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP