編集長日記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言

この記事の所要時間: 211




孔明

 

今回は三国志からの名言ではなく春秋戦国時代に活躍した人物の

名言を取り上げていきたいと思います。

現在の日本の総理大臣である安倍晋三氏。

彼は数年前の年頭所感でこのような言葉を述べておりました。

その言葉とは「一年の計は穀を樹えるに如かず。十年の計は樹を樹えるに如かず。

終身の計は人を樹えるに如かず。」と述べておりました。

この言葉は春秋戦国時代の斉(せい)の管仲(かんちゅう)が覇者として、

中華に君臨することになった桓公へ送った言葉です。

この言葉は一体どのような意味なのでしょうか。




国家百年の計

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

管仲は春秋戦国時代を代表する名宰相として歴史にその名を刻みます。

当時小国であった斉の国の内政改革を行い国力を増大させ、強国にのし上がります。

ある日斉国の君主である桓公は管仲に「宰相のおかげで斉の国は覇者となることができた。

今後はどのように国家を運営して行けばいいのだ」と質問します。

すると管仲は「一年の計は穀を樹えるに如かず。十年の計は樹を樹えるに如かず。

終身の計は人を樹えるに如かず。」と進言。

この言葉を聞いた管仲は「どういう意味だ」と再び質問します。

管仲は「1を植えて一収穫するのは穀物。1植えて10収穫することができるのは樹木。

そして1植えて100の収穫をするのは人だけが行うことができるものです。

そして今私は人材という種を斉の国に巻きました。これを的確に収穫して用いる事こそ王者と言えるでしょう。

公よ。今後はこの国の人材育成に力を尽くして次世代へ人材を残すことこそ寛容であります。」と

述べます。

わけがわからないと思います。

もっと簡略的に言うと長期的な視点で教育に力を入れるべしという事を管仲は

言いたかったのです。

なぜならば国を形成しているのは人であるからです。




管仲の名言を孔明も真似た!?

孔明 出師

 

蜀の丞相としてその名を歴史に刻み、

三国志を知らない人でも名前くらい聞いたことのなるスーパー軍師・諸葛孔明。

彼は目標としている人物として、管仲を目標としておりました。

その為この国家百年の計の名言を聞いたことがあるのではないかと考えます。

なぜなら孔明は劉備死後の蜀を一手で担っていくことになりますが、

自分の部下の人材育成に力を入れておりました。

街亭の戦いで大敗北を喫してしまった馬謖(ばしょく)は孔明の一番弟子でした。

また後に蜀へ降伏することになる姜維(きょうい)も孔明から軍略や内政の仕方など、

色々な事を教わっていたことでしょう。

他にも彼が育成した人材は董允(とういん)費禕(ひい)など多くの人材を育成しており、

これは孔明の目標としていた人物・管仲の国家百年の計を真似た行動だと思います。

 

現在にも通用する国家百年の計

基礎知識 馬謖02

 

現代の会社の組織や日本の国家でもこの百年の計は言いに活用することが、

できるのではないかと思います。

なぜならば会社を作るのは人で国家を運営していくのも人です。

また次世代に国家や会社を引き継ぎたいのであれば優秀な人に引き継がせたいと思うのが、

人間の普通の考えであると考えます。

では優秀な人間は初めからいるのかと言われればNOです。

優秀な人間はしっかりと教育を施すことによって完成されるのです。

そのためには人材育成に力を入れなくてはならないと言っている国家百年の計は

的を得ているのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

時代が今後100年経っても

この管仲が残した国家百年の計の名言は生き残っていくのではないかと考えます。

やはり国家や組織はロボットが作っていくのではなく、

人が作っていくことで初めて機能することになるからです。

ならば人材育成に力を入れて次世代へバトンタッチすることが、

今の組織や国家に必要なことではないかと思います。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ」

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  2. 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?
  3. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の…
  4. キングダムで秦の天下統一の鍵を握っている斉の国って誰が建国したの…
  5. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!…
  6. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  7. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…
  8. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?
  2. 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像
  3. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  4. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  5. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  6. 呂布の裏切りについて考察してみた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.1 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方 あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破! 関羽に降伏した于禁は本当に臆病者だったの?

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  2. 【センゴク祭り】織田信長と足利義昭の仲が悪くなった原因って何?
  3. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  4. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】
  6. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  7. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる
  8. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP