ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言

馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明

 

今回は三国志からの名言ではなく春秋戦国時代に活躍した人物の

名言を取り上げていきたいと思います。

現在の日本の総理大臣である安倍晋三氏。

彼は数年前の年頭所感でこのような言葉を述べておりました。

その言葉とは「一年の計は穀を樹えるに如かず。十年の計は樹を樹えるに如かず。

終身の計は人を樹えるに如かず。」と述べておりました。

この言葉は春秋戦国時代の斉(せい)の管仲(かんちゅう)が覇者として、

中華に君臨することになった桓公へ送った言葉です。

この言葉は一体どのような意味なのでしょうか。


国家百年の計

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

管仲は春秋戦国時代を代表する名宰相として歴史にその名を刻みます。

当時小国であった斉の国の内政改革を行い国力を増大させ、強国にのし上がります。

ある日斉国の君主である桓公は管仲に「宰相のおかげで斉の国は覇者となることができた。

今後はどのように国家を運営して行けばいいのだ」と質問します。

すると管仲は「一年の計は穀を樹えるに如かず。十年の計は樹を樹えるに如かず。

終身の計は人を樹えるに如かず。」と進言。

この言葉を聞いた管仲は「どういう意味だ」と再び質問します。

管仲は「1を植えて一収穫するのは穀物。1植えて10収穫することができるのは樹木。

そして1植えて100の収穫をするのは人だけが行うことができるものです。

そして今私は人材という種を斉の国に巻きました。これを的確に収穫して用いる事こそ王者と言えるでしょう。

公よ。今後はこの国の人材育成に力を尽くして次世代へ人材を残すことこそ寛容であります。」と

述べます。

わけがわからないと思います。

もっと簡略的に言うと長期的な視点で教育に力を入れるべしという事を管仲は

言いたかったのです。

なぜならば国を形成しているのは人であるからです。


管仲の名言を孔明も真似た!?

孔明 出師

 

蜀の丞相としてその名を歴史に刻み、

三国志を知らない人でも名前くらい聞いたことのなるスーパー軍師諸葛孔明

彼は目標としている人物として、管仲を目標としておりました。

その為この国家百年の計の名言を聞いたことがあるのではないかと考えます。

なぜなら孔明劉備死後の蜀を一手で担っていくことになりますが、

自分の部下の人材育成に力を入れておりました。

街亭の戦いで大敗北を喫してしまった馬謖(ばしょく)孔明の一番弟子でした。

また後に蜀へ降伏することになる姜維(きょうい)も孔明から軍略や内政の仕方など、

色々な事を教わっていたことでしょう。

他にも彼が育成した人材は董允(とういん)費禕(ひい)など多くの人材を育成しており、

これは孔明の目標としていた人物・管仲の国家百年の計を真似た行動だと思います。


現在にも通用する国家百年の計

基礎知識 馬謖02

 

現代の会社の組織や日本の国家でもこの百年の計は言いに活用することが、

できるのではないかと思います。

なぜならば会社を作るのは人で国家を運営していくのも人です。

また次世代に国家や会社を引き継ぎたいのであれば優秀な人に引き継がせたいと思うのが、

人間の普通の考えであると考えます。

では優秀な人間は初めからいるのかと言われればNOです。

優秀な人間はしっかりと教育を施すことによって完成されるのです。

そのためには人材育成に力を入れなくてはならないと言っている国家百年の計は

的を得ているのではないのでしょうか。


三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

時代が今後100年経っても

この管仲が残した国家百年の計の名言は生き残っていくのではないかと考えます。

やはり国家や組織はロボットが作っていくのではなく、

人が作っていくことで初めて機能することになるからです。

ならば人材育成に力を入れて次世代へバトンタッチすることが、

今の組織や国家に必要なことではないかと思います。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将

関連記事:【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. キングダム45 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法…
  2. 口論する韓非と李斯 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  3. キングダム52巻 楊端和は実在するの?本当に山の民?キングダムで大人気の楊端和の素…
  4. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事…
  5. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?
  6. はじめての三国志 画像準備中 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  7. 三国志ライター黒田レン 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの…
  8. 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙雲
  2. 曹操
  3. 後継者を決めるのに困っている劉表
  4. 「宋」の国旗をバックとした兵士
  5. 北伐でやりあう曹叡vs孔明
  6. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  7. 討ち死にする黄崇
  8. 三国志ライター黒田レン

おすすめ記事

  1. 松平春嶽はどんな人?人をなだめてばかりの幕末の調停者
  2. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い 黄忠VS夏侯淵
  3. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる! 董卓の相談に乗る袁紹
  4. 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 【真・三國無双 Online Z 攻略1】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか
  6. 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

三國志雑学

  1. 三国志時代の牢獄
  2. 司馬懿
  3. 曹仁
  4. 朝まで三国志 劉備
  5. 呂布に従う陳宮


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 始皇帝
  2. 張昭
  3. スサノオノミコト(日本神話)
  4. 袁紹の妃 劉氏

おすすめ記事

梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚 曹操に降伏する劉琮 劉琮とはどんな人?なぜ曹操と戦わず降伏したの? 郭嘉 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハートをキャッチ! 袁術の最後 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 郭嘉 郭嘉の功績とはどんなもの?提案は慌てず、クールに決める! 武器・農業器具を制作する張裔 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP