呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

司馬懿




司馬懿

 

姓を司馬、名は懿、字は仲達。

河南郡の温県出身で、西暦179年に生まれています。

先祖代々が武門で名を馳せた家柄だということもあり、

司馬という複姓をもったといわれています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




軍師連盟が注目する司馬懿とは

司馬懿

 

仲達の父親の司馬防は曹操とも懇意の仲で、

洛陽の警視総監を担っていたこともありました。

ちなみに祖父の司馬雋は潁川郡の太守を務めています。

曹操(そうそう)に見いだされて出仕し、

曹操の子である曹丕(そうひ)の教育係を務めました。

その後、侍従、丞相府秘書官、主任参謀、検察次長など歴任しています。

曹丕が即位し、文帝となってからは魏の重責を担うこととなります。




明帝の死後の混迷

司馬懿対孔明

 

曹丕の太子である曹叡(そうえい)が即位し、明帝となってからは、

蜀の諸葛亮孔明との戦いで仲達は出世していくことになります。

周囲を感心させる統率力と軍略を見せつけます。

軍師連盟が一番注目しているのはこの時の孔明、仲達の戦いではないでしょうか。

明帝の頃には遼東の公孫淵が燕王を称して

自立しようとするのを仲達の活躍により、これを討ち果たしています。

景初三年(西暦239年)正月に明帝が35歳の若さで亡くなります。

その後、太子の曹芳(そうほう)が8歳で即位します。

曹叡の皇子はみな早死にしており、

曹芳は明帝の実の子ではないといわれています。

明帝がこの幼い皇帝の補佐につけたのが

曹氏一族の曹爽と官僚勢力のなかで力をもつ仲達でした。

曹爽曹真の子で、側近には何晏(かあん)や丁謐、李勝などの名士を揃えていました。

曹爽はそれら側近を登用し、

仲達を閑職の太傅に祭り上げて政治の表舞台から遠ざけます。

 

隠忍自重の司馬懿の日々

司馬懿

 

曹爽派の李勝が荊州刺史として赴任する際に暇乞いで仲達の自宅を訪れます。

仲達は曹爽との対立を避けて病気と称して自宅に引きこもっていました。

李勝はいわばスパイとして仲達の状態を探りにきたのです。

仲達は迫真の演技で生きた屍を演じます。

 

司馬懿

 

粥を口からだらだらとこぼし、李勝が何度も荊州へ行くと云っているのに、

その度に并州は僻地だねと耳が遠い振りまでしました。

李勝は仲達はもう危険分子ではないと曹爽に報告し、

曹爽一派は仲達への警戒を解きました。

 

電光石火のクーデター

孟達 司馬懿

 

大将軍となった曹爽は幼い皇帝を傀儡とし、

自分勝手な改革を行います。

また、蜀に無謀な戦いをしかけて大損害を出しました。

曹芳即位後の十年後、正始十年(西暦249年)、

正月に明帝の陵墓参拝に曹爽らが出かけたのち、

仲達は皇太后の命令と称して城門を閉じて、

曹爽の罪を数え上げ、罷免を要求するべく上奏文を発表するのです。

予想外の事態に驚いた曹爽は皇帝を擁していながらも挽回の策を練らずに投降し、

監禁され、やがて口実を設けられて処刑されてしまいます。

ちなみにこのとき仲達は丞相に任命されましたが、固辞しました。

 

逃げる夏侯覇

 

これにより国内の勢力図が大きく変わりました。

夏候一族の夏候覇(かこうは)が蜀に亡命したのもこのときのことです。

 

関連記事:夏侯覇(かこうは)の妻は誰だったの?蜀に亡命した魏の夏侯一族

 

曹氏一族へのとどめの一撃

司馬懿

 

嘉平三年(西暦251年)には曹氏の復活を目指す王淩のクーデターを事前に察知し、

証拠を掴んで王凌を自害に追い込みました。

擁立されていた曹彪も殺害しています。

さらに曹操一族(皇族)をみな曹操時代の都であった鄴に連行し、

人質として幽閉することになります。

だいたいの政敵を倒した仲達はこの年に息を引き取りました。

チャンスを得るまで我慢強く、一度敵に回った相手は決して許さない。

これが司馬懿仲達の特筆すべき能力です。

 

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

何かを為すとき、コインの表裏のように成功と失敗が入り乱れます。

どんなに上手く事が運ぶと思われる行為も失敗に終わることはありますし、

奇跡的な逆転劇で成功することもあります。

 

孔明と司馬懿

 

仲達はギリギリまで情勢をうかがい、

感情を押し殺し、チャンスを待つことができるのです。

彼が晩年に起こした政変とも呼べるクーデターは博打のような運に左右されるものではなく、

限りなく成功できるという自信に裏付けられたものだったと思います。

その成功率を高めるべく布石も巧妙で、できることはやる。

プライドを捨ててでも油断を誘う。

勝つためにどこまでも隠忍自重できる能力において仲達の右に出る者はいないでしょう。

軍師連盟など時代が司馬懿仲達に注目し始めています。

彼の過酷さ、我慢強さは今後見直されていくのかもしれません。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 張遼・楽進・李典 李典と楽進の仲って本当に悪かったの!?
  2. 結婚を喜ぶ孫策 孫策は小喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!?
  3. 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い
  4. 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  5. 空腹の三国志の兵士 街亭の戦いを考察!馬謖は空腹で負けたのではないか?
  6. 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉 周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介
  7. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…
  8. 宴会マナーと酒(古代中国) こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 岳飛(南宋の軍人)
  2. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公)
  3. 袁術と呂布
  4. キングダム
  5. 「宋」の国旗をバックとした兵士

おすすめ記事

  1. 王濬(おうしゅん)とはどんな人?呉を平定し、三国時代の終焉させた功労者【晋の将軍列伝】 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
  2. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの? 宦官
  3. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? 荀彧(はじめての三国志)
  4. 『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?
  5. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 曹操 孔明をチェック
  6. 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女

三國志雑学

  1. 郭嘉の本
  2. 宋姫
  3. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  4. 五斗米道の教祖・張魯
  5. 龐統
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 王翦
  2. 桃園兄弟
  3. はじめての三国志編集長kawauso
  4. 尼子晴久
  5. 袁紹VS公孫瓚

おすすめ記事

石亭の戦い 曹休と韓当 曹休が赤壁の戦いに参加していたら曹操は天下統一できた? 反対する賈充 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】 孔子 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何? 李典 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」 明治政府の教育改革・学制とは? 馬謖の陣形に笑う張コウ 正史の張郃(ちょうこう)ってどんな人?劉備や孔明も恐れた魏の猛将 【新サービス】はじめての三国志メモリーズを始めました 司馬懿 漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP