広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?

この記事の所要時間: 244




曹丕皇帝

 

漢王朝四百年の歴史にピリオドを打ったのが

曹操(そうそう)の跡を継いだ曹丕(そうひ)です。

曹操が圧倒的な権力を手にしても皇帝の座につかなかったのに対し、

曹丕は西暦220年10月に中華の歴史上初の「禅譲」

という儀式を行って皇帝(文帝)に即位しました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?


曹氏による帝位簒奪

王莽

 

ちなみにこの禅譲という儀式は、古代の伝説に基づいています。

それは、堯が世襲ではなく徳の優れた舜に位を譲り、

舜もまた禹に位を譲ったという伝説です。

後漢最後の皇帝となる献帝が、

その意思で曹丕を有徳の後継者と選ぶはずもありません。

曹丕も献帝の禅譲の詔を三度辞退したという形になっていますが、

あくまでも形式的なものです。

 

曹丕

 

すべては曹丕の思惑、「シナリオ」通りに事が運びました。

平和的な解決とはいえ、

これは前漢を倒し新を立てた王莽と同じような「簒奪」といえるでしょう。

曹丕は、禅譲を正統化するべく、漢の劉氏は堯の子孫であり、

曹氏は舜の子孫であるという話まででっちあげています。




文帝の親友・司馬懿仲達

司馬懿

 

曹操より曹丕の教育係に任じられたのが「軍師連盟」の主役である司馬懿仲達です。

当時の曹丕は後継者争いの渦中におり、

ライバルには曹操の才能を強く受け継いだ曹植(そうしょく)がいました。

仲達は曹丕のブレーンとして後継者争いにかかわっていきます。

仲達のアドバイスもあり曹丕は曹操の信頼を高めていき、

西暦217年に曹操は正式に曹丕を皇太子に指名しました。

時に曹丕31歳。曹操はその3年後に息をひきとりました。

仲達は陳羣や呉質と同じように「太子四友」として曹丕に信頼されており、

曹丕が魏王となってからはさらに重用されることとなります。

陳羣(ちんぐん)は曹丕に帝位に就くことを勧めた人物です。

つまり陳羣や仲達が中心となって禅譲のシナリオは作られ、

現実味を帯びていくことになるのです。

 

前例があったからこその司馬炎の即位

司馬炎 はじめての三国志

 

空想上の伝説であった「位の禅譲」がシナリオ通りに実行に移されました。

誰もそれを阻止することはできませんでした。

一番力のあるものが帝位に就いたわけです。

その点において、曹丕はパイオニア的存在です。

父の曹操が成し得なかったことを実現させたのです。

曹丕にとっては圧倒的な存在感を放っていた

父親へのコンプレックスを払拭する唯一の手段だったのかもしれません。

そして、このことが後の災いを曹氏に招くことになります。

力あるものによる帝位の禅譲という前例を作ってしまったということです。

やがて力をつけた司馬氏が権力を掌握していきます。

それは主である曹氏を凌ぐものとなりました。

その時、皇帝である元帝・曹奐に禅譲を迫ることは難しいことではありませんでした。

曹丕や仲達がその道筋を作っていたからです。

西暦265年、禅譲によって晋の皇帝となった司馬炎(しばえん)こそが仲達の孫になります。

 

仲達に簒奪の意思はあったのか

司馬懿

 

司馬氏が帝位に就くことを仲達は考えていたのでしょうか。

仲達は過酷な権力闘争の中心に身を置きながら、しぶとく生き抜いていきます。

時には曹操に睨まれ、絶えず政敵を警戒しなければならない日々です。

そのゴールに帝位を夢見ていたかもしれません。

しかし思いがあってもそのことを誰にも伝えてはいません。

野心が身を滅ぼすことをよくわかっていたからです。

仲達の息子たちの司馬師、司馬昭が跡を継いでいくことになりますが、

我が子にすら帝位を目指せとは伝えていないのです。

仲達は息子たちに、人間の疑り深さを説き、

とにかく他人を信じず慎重に行動するように語ったとされています。

それが仲達が学んできた生き残る術だったのでしょう。

その教えを守り司馬師、司馬昭と着実に力をつけていきます。

司馬氏による簒奪はその流れのなかで生まれてきたものであり、

仮に簒奪を目標に掲げていたら司馬氏は途中で自滅していたに違いありません。

果たしてそれを見越しての仲達の教えだったのか、司馬氏は帝位に就きます。

これが仲達の意図したものであるならばまさに恐ろしい深謀の持ち主といえます。

軍師連盟で仲達が取り上げられるのも頷けます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

禅譲を茶番劇とする傾向も少なからずありますが、

今も昔も形式を踏む手続きは大切なものです。

そして形式さえ踏めば皇帝にすらなれるという既成事実を作り上げたのが仲達でした。

曹操が配下のなかで最も警戒した男は、

こうしてまさに曹氏を滅ぼすきっかけを作っていくのです。

海千山千の司馬懿仲達。彼は曹丕の禅譲に携わるなかで、

どこまで先のシナリオまで思い描いていたのでしょうか。

三国志に登場する人物のなかで、最も敵に回すと恐ろしく、

そして手強いのは仲達かもしれませんね。

軍師連盟のなかでの立ち回りも楽しみです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  2. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝…
  3. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?
  4. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  5. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…
  6. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  7. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?
  8. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  2. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」
  3. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】
  5. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」
  6. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの? 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの? 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介!

おすすめ記事

  1. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  2. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  3. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣
  4. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  5. 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!
  6. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  7. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  8. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP