袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将

この記事の所要時間: 837




曹操 機密保持

 

三国志の天才軍略家としてその名を馳せた名将曹操(そうそう)

彼は戦いにおいて8割以上の勝率を誇った武将です。

また蜀の諸葛亮も色々な兵法を読んで、

戦が不得手であった部分を補おうと努力を行います。

そんな三国志きっての優秀な人物二人の実績から学んだ武将が唐の時代におりました。

その名を李靖(りせい)と言います。

彼は曹操からは騎兵の運用術を学び、

孔明からは戦術における兵の配置である陣形を学び取ったそうです。

今回は三国志きっての有名人二人から学んだ名将李靖についてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




兵法が大好きで研究に没頭する毎日

photo credit: aquigabo! Abyss via photopin (license)

photo credit: aquigabo! Abyss via photopin (license)

 

 

李靖は父や兄が隋(ずい)王朝の高官としてその名を知られていることから、

父と兄同様に科挙の試験を受けるために必死に勉強して役人への道を進んでいくことになります。

毎日必死に勉強したおかげで、超難関である科挙の試験を受けて見事合格。

その後地方役人として配属され、勤勉に仕事に励んでいきます。




舅の影響を受けて兵法研究に熱中

photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

photo credit: けんたま/KENTAMA Untitled via photopin (license)

 

 

李靖は舅に韓擒虎(かんきんこ)と言われる人物がおりました。

彼は隋の天下統一戦に大いに功績を残し、

名将としてその名を天下に轟かせており、

兵法の研究者としてもその名を知られておりました。

李靖も舅の韓擒虎の影響を受けて、

仕事が終わると家に引きこもって毎日兵法の研究をしておりました。

この兵法の研究が後年彼にとって大いに役に立つことになります。

 

隋王朝に忠誠を尽くす

 

 

李靖は兵法の研究に勤しんでおりましたが、

隋の皇帝である煬帝(ようだい)の時代になると

天下は大いに荒れ始め、地方で煬帝の政治に不満を持った人々が次々に反乱を起こし、

危機的な状況になっていきます。

そんな中、彼も友達等から「隋はもうダメだ。一緒にこの国を打倒しようぜ。」と

誘われた事がありましたが、彼はきっぱりと誘いを断り、

「私は隋に忠誠を尽くす。反乱を起こすことは私にできない。」と強い語調で切り返します。

こうして隋王朝にあくまでも忠誠を尽くしておりました。

 

上司の反乱計画を知り、皇帝に知らせようとするも…

photo credit: Explore via photopin (license)

photo credit: Explore via photopin (license)

 

李靖の上司である李淵(りえん)が隋王朝を見限って反乱を起こそうと企みます。

このことを知った彼は李淵の反乱を皇帝に知らせようとしますが、

彼も自らの計画を失敗に終わらせたくは無い為、警戒心を強めておりました。

また皇帝は首都にはおらず、江都(こうと)と呼ばれる都市に居たため、

そこへ向かうことができませんでした。

しかし江都へ囚人が贈られるとの情報を得ると彼らに紛れて江都へ向かおうとしますが、

この時に上司であった李淵に見つかってしまい捕えられてしまいます。

 

捕らわれの身でありながら説教をする

 

 

李淵は煬帝に反乱計画を通報しようとたくらんでいた李靖を引き立てるとすぐに処刑しようと

しますが、刑を執行される前に李靖が大声で李淵を怒鳴りつけます。

彼は「あんたは隋の乱れた政治を正すために挙兵するのであろう。

であるならば隋に忠誠を尽くしている臣をあんたの私怨で殺すとはどういう了見だ。」と

説教をします。

この話を聞いていた李淵の次男である李世民(りせいみん)は大いにこの言葉に感心し、

父である李淵に「父上。あの方の申す事筋が通っております。

彼の命を助けて私の配下として仕えさせたいのですが、よろしいですか。」と

李靖の命を助けるように懇願します。

次男の意外な助命嘆願に驚いた李淵ですが、

李世民のいう通り李靖の言う事も一理あると感じ、

李靖の命を助けて李世民に仕えるように命令を出します。

こうして李靖は命を助けられ李世民という新たな主君に仕える事になるのですが、

彼と出会ったことで李靖は人生を大きく好転することになり、

青年期から趣味であった兵法研究が役に立つことになります。

そして李世民が建国した唐と言われる新王朝の功臣の中で筆頭武将として、

中国史にその名を残すことになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  2. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  3. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  4. 三国志補完計画・どちらが本当の三国志?正史と演義
  5. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切り…
  7. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  8. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?
  3. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  5. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  6. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 【ネオ三国志】第4話:孫家の跡継ぎ、天下へ向けて出陣 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る! 蚩尤(しゆう)とはどんな神?キングダムからガンダムまで大人気の苗族の祖神 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?
  2. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  3. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  4. 董卓が狼ならば、孫堅は何?袁術が真に受けた例え話
  5. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側
  6. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  7. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家
  8. 群雄の名言から知る三国志の世界【小覇王孫策の名言】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP