架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

この記事の所要時間: 55




情熱大陸 引用

 

2016年、10月30日の情熱大陸は漫画キングダムの原作者原泰久の特集でした。

連載10年コミックス44巻の総売り上げ2700万部という出版不況も

どこ吹く風の原先生の創作意欲は、どこから湧いてくるのでしょうか?

自称、原泰久ウォッチャーのkawausoがドラマを元に解説してみますよ。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




原泰久 激白、連載10年目でも漫画を描くのが楽しくて仕方がない

 

週刊ヤングジャンプに、キングダムを絶賛連載中の原先生、

何と読み切り以外では、連載はキングダムが初めてだと言います。

連載一発目で、メガヒットは漫画家なら誰でも夢見るでしょうが、

さすがに、10年も描いていれば飽きるのではないか?

そうでなくても新鮮味を失い惰性に流れるのではないか?

 

などと、外から見ていると感じますが、

原先生は、今でも、漫画を描くのが楽しくて仕方がないと言います。

羨ましい特異体質と思うなかれ、そこには苦痛を越えた所にある、

原泰久の血と汗と涙の漫画哲学があるのです。




すべてのキャラクターを魅力的に描く、原泰久の哲学

情熱大陸 原6

 

およそ歴史漫画は、大ヒットさせるのが難しいジャンルです。

それは、活躍する人物が決まっていて、ある程度の決定したレールの上で

物語を走らせていく必要があるからです。

もちろん、世間に馴染みが無い、春秋戦国時代を扱ったキングダムなら、

始皇帝一辺倒に話が進み、とても大味な展開になるでしょう。

 

しかし、原泰久は、その常識を覆しました。

どうやって?それは、圧倒的に描きこまれ練り込まれた

多くのキャラクターを登場させる事で、ありきたりの英雄物語でなく

その時代を生きる多くの群像を追う、大河ドラマになったのです。

 

キングダムには、政や呂不韋(りょふい)のような王侯の目線、

李斯(りし)や、蔡沢(さいたく)、李牧(りぼく)のような大局を読む軍師の目線。

王騎(おうき)や蒙武(もうぶ)のような将軍の目線、信(しん)

羌瘣(きょうかい)のような武将の目線、桓騎(かんき)のような山賊、野盗の目線、

尾平(びへい)、渕(えん)さんのような兵卒の目線のように異なる立場と

考えを持つ沢山の登場人物が、とても魅力的に描かれています。

 

ストーリーもさることながら、歴史の激流の中で魅力的なキャラクターが

どのように動いていくのかを追うのも読者の楽しみなのです。

 

22時間起き続け、2時間仮眠、苦痛の殺人スケジュール

情熱大陸 原7

 

漫画を描くのが楽しいと公言する原先生とは言え、

その制作スケジュールは凡そ殺人的なものです。

 

コンビニで1日分の食料を買い込むと、仕事場に籠城して

ネーム(漫画の原案)を練る事22時間という事がザラです。

眠くて堪らなくなるとフリスクを噛んで、口を動かし続け、

そのせいで、前歯が欠けてしまう事態になっていました。

 

どうしても眠くて堪らなくなると、仮眠を取りますが、

それは、たった2時間に過ぎません。

原先生は、こんな殺人スケジュールを連載当初から

10年間も続けているそうで、コンビニ飯ばかりという

食生活の偏りから中性脂肪が、かなりのレベルに達しているようです。

 

どんな社畜人間でも22時間起きて、2時間寝るような仕事環境を

10年こなせるような人は、まず、いないでしょう。

そこもやはり、眠れないのは苦痛ではあるけれども、

漫画を描くのが楽しくて仕方がないという原泰久の本領なんです。

 

 

時代に合わなくても売れた!汗と涙と友情のキングダム

情熱大陸 原4

 

原先生は、キングダムのテーマを汗と涙と友情の物語だと言います。

その言葉の通り、キングダムは主人公信と、その仲間達が地べたを這いずり、

泥にまみれ、汗をかき、血を流し、絶望や哀しみに涙を流すそんなシーンの

てんこ盛りで、そうでないならキングダムではありません。

 

しかし、キングダムが連載を開始した10年前は、このようなスポ根漫画は

恥ずかしく、ダサいと言われて敬遠され、漫画は軽いタッチで世の中を、

ななめに見たような主人公が活躍する作品が流行りだったのです。

泥臭く頑張るより、要領、機転、クールに決める、そんな漫画が、

読者に求められている時代でした。

 

原先生も、そんな風潮は知っていましたが、

敢えて、スポ根なキングダムを描いたと言います。

時代に合わせるつもりは無かったし、

スポ根物でも面白い作品を描ける自信があったそうです。

まったく脱帽のほかはありませんね。

 

また、原先生が少年時代の90年代に夢中になった、

週刊少年ジャンプは、HIT漫画が出続ける最盛期で、

まさしく友情、努力、勝利という今では気恥しいテーマが

漫画の主題になっていました。

 

原先生の中には、その時代のジャンプ気質が残っていて、

スポ根は基本的には不変だという信念があったかも知れません。

 

キングダムはサラリーマン時代の経験が生み出した

情熱大陸 原2

 

原先生が漫画家を目指したのは、高校生の頃なのだそうです。

その後、大学時代に投稿した作品が入賞して漫画家になりますが、

どうしても、そのまま漫画家を続けられる気がしないので、

一度は辞めて、サラリーマンとして数年間働きます。

 

サラリーマンとして数年働いた後、27歳でサラリーマンを辞め、

再び、漫画家として再出発します。

マイナスに考えるとドロップアウトですが、この数年間の経験が無ければ

原先生は、キングダムを描けなかったと断言します。

 

「外から見ていると、皆同じに見えるサラリーマンでも、

内側から見ると、皆個性があり、バラバラな性格を持っている。

見栄っ張り、皮肉屋、自己顕示欲が強い、ネガティブ、お調子者、

でも、そんなバラバラなサラリーマンが力を合わせて一つの目的へ向かう。

その過程は、キングダムでも活かせるのではないか?」

 

原先生は、そのように考えて、敢えてバラバラな個性のキャラクターをぶつけ

その化学反応をドラマにしているのです。

まるで正反対の生い立ちの下僕出身の信と将軍の家柄の王賁(おうほん)を競わせたり

曲がった事が嫌いな熱血漢の信を敢えて背徳の桓騎の配下につけるのも、

まさしく、サラリーマン時代の経験なのでしょうね。

 

10人の飛信隊でキングダムを造り上げるチームワーク

情熱大陸 原1

 

売れっ子の原先生は、10人のスタッフで週刊連載をこなしています。

人間一人、馬一頭の動きにさえ妥協を許さない、原泰久は、

細かい合戦シーンも全て手書き、その為にモブキャラについては

アシスタントを頼まないと間に合わないのです。

 

もちろん、妥協が無い原先生のアシスタントには、高い画力と先生の意図を

瞬時に見抜く洞察力が求められ、並の人では勤まらないそうです。

その為か、原先生のスタッフからは、すでに4名が漫画家デビューしていて、

それは、かなりの高確率になるようです。

 

ベテランスタッフが独立して抜けるのは、原先生としては痛いのですが、

そこは、優秀な漫画家を一人でも多く、供給する為に私情を抑え我慢して、

笑顔で送り出しているのだとか・・

 

流石は原泰久、広く漫画界全体を考えるとは器が大きいです。

 

ネタばれ上等、それでも面白く描く自信がある

情熱大陸 原5

 

キングダムは、その結末を司馬遷(しばせん)の歴史書 史記に準拠しています。

それは、今後、秦王政は、必ず中華を統一するという事であり、

死ぬ事が決定しているキャラクターはどんなに無敵の強さがあっても

必ず死ぬという事の宣言です。

 

通常は、それが分っているとなんとなくつまらなくなりますが、

原先生は、割合平気で、今後の予定などをサービス精神で他人に喋ってしまうそうです。

一方、それでも原泰久は断言します。

 

「ネタばれしてもいいんです、

僕は、それでも面白く描く自信がありますから」

 

そんな事があるのでしょうか?

いえ、原泰久にはあるのです。

 

証拠を一つ挙げれば、あのレジェンド王騎将軍は、史記には、

たった一行の記述しかない人物です。

それを原泰久は、無限の想像力と緻密な構想でキングダム読者が一生忘れない

記憶に刻み込まれるキャラクターに仕上げました。

 

やがて秦により中華は統一される、、

それが分っていても、李牧の合従軍に読者は手に汗握りました。

もしや、まさか、李牧の奇策に背中に嫌な汗をかきました。

まさにあれこそ、原マジックなのです。

史実を超えない範囲のイマジネーションでも読者は熱くなります。

 

歴史の結末が分っていても、そんなのキングダムには、

漫画家、原泰久にはカンケーないのです!

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

原先生の漫画には、手抜きがありません、いつでも完全燃焼、

いつでも読者と物語に真剣に向き合っているのです。

だから、キャラクターに不幸があれば、涙も流します。

頭に来る事には怒りもするのです。

 

きっと、原先生は、この世界で一番面白い漫画を

誰よりも先に読みたい最初の読者なんでしょう。

だから、最高の漫画を自分で描いて、読者にも、

その感動を届けるという神業が出来るのでしょうね。

(全写真引用元:「情熱大陸」10月30日放送回

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  2. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は…
  3. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!…
  4. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  5. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  6. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  7. 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳
  8. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース9記事【7/25〜7/31】
  3. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  4. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあった!
  5. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家
  6. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 21話:汜水関の戦いの功労者 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの? 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない? 三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!

おすすめ記事

  1. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  2. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!
  3. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  4. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  5. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える
  6. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  7. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族
  8. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP