はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?

この記事の所要時間: 258




韓信 PR

 

背水の陣・国士無双など色々な逸話を残した韓信(かんしん)

彼は劉邦(りゅうほう)から将軍の位を与えられると

劉邦と分かれて軍勢を率いて各地へ向かいます。

彼が劉邦から受けた命令は各地で独立している王を討伐することでした。

彼は各地の王を討伐する戦を開始して負けることはただの一度もありませんでした。

 

韓信

 

しかし一度だけ楚漢戦争時代に彼が負けたことがあるのをご存知でしたか。

彼を負かした人物は主人である劉邦からの奇襲でした。

 

前回記事:これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




魏と趙の攻略を完了する

韓信vs孔明12 韓信

 

韓信は劉邦によって将軍に任命されると「お前はこれから諸将を率いて各地で独立している

王を討伐してこい」と命令を受けます。

彼は劉邦の命令に従ってまず魏の攻略を行います。

韓信は防御の厚くなった魏の首都・大梁(たいりょう)を難なく攻略して、

魏の平定を成功させます。

次に彼が目を付けたのは北にある趙国です。

ここで有名な「背水の陣」を彼は用いて趙軍を率いている陳余と趙王を撃破して処断します。

こうして魏と趙の攻略に成功した韓信は驚くべき報告を受けることになります。

その報告は「楚と漢が滎陽城で激しい攻防戦を繰り広げている。

しかし項羽(こうう)軍を撃破するには兵が足りないので、今すぐ援軍に来るように」との要請でした。

彼はこの命令を受けて滎陽城(けいようじょう)の援軍に向かうべく急いで軍を南下させていきます。




兵の疲れを取るため、一時休憩

韓信と鍾離昧

 

韓信は今まで激戦に次ぐ激戦を潜り抜けてきたことで兵士に疲労がたまっているだろうと考え、

兵に休息を与えることにします。

彼も激戦を幾度も繰り広げていたこともありぐっすりとその日は眠ってしまいます。

滎陽城を脱出

劉邦

 

劉邦は滎陽城に残留部隊をおいて自らは滎陽城から脱出することに成功します。

その後彼の目的は関中に行って態勢を立て直してから滎陽城の救援に赴く方針でした。

しかし関中で兵隊を募るのにも時間がかかるし、

ある程度訓練を施さなければ天下無双の楚軍と渡り合えることはできません。

そこで彼は訓練をせずに楚軍と渡り合えそうな軍隊が近くに来ていることを思い出します。

その軍とは韓信が率いている軍勢です。

 

一策を講じる

陳平 劉邦

 

劉邦は韓信に状況を説明して兵をもらうようにすることもできましたが、

もし韓信が劉邦の命令を拒否した場合、面倒なことになります。

そこで彼は韓信の兵隊を黙って強奪すべくある作戦を思いつきます。

その作戦は韓信が眠っているだろう時間に彼の本陣へ向かい、

彼がぐっすり眠っている隙を狙って将軍の印綬を奪って指揮権を自らとすればいいだろうと

考えます。

そして実行に移るべく韓信の陣営に向かって歩き出します。

 

奇襲作戦は見事に成功

韓信と劉邦

 

劉邦は韓信の陣営に到着すると見張り番に「漢王・劉邦様からの密使です。

本陣にご案内してくれないだろうか」と伝えます。

見張り番はこの密使が劉邦であることに気づかず彼を本陣に案内します。

劉邦は韓信の本陣に到着するといびきをかいて寝ている韓信の近くをすり抜け、

彼の将軍の印綬を奪います。

こうして韓信が眠っている隙に将軍の印綬を奪った劉邦は韓信を蹴飛ばし、

「いつまで寝てんだ。さっさと斉攻略に迎え!!」と彼を文字通りたたき起こします。

韓信は寝ぼけ、何が起きたかとっさにわかりませんでしたが、

劉邦が目の前にいる事だけは理解しました。

彼は完全に意識を覚ますと劉邦の命令にしぶしぶ従って斉攻略へ向かいます。

彼がこの時率いていた軍勢は数千単位軍勢しか与えられませんでした。

楚漢戦争時代唯一彼が戦いに負けた瞬間でした。

 

楚漢戦争ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

韓信から兵力を強奪したことで劉邦は項羽に対して反抗作戦を実施することができます。

しかし劉邦最大のミスがこの時起きてしまうのです。

彼のミスは韓信に斉攻略を行わせるように命令していた事でした。

この命令が後々大きな事件へと勃発していくことになるのです。

「今回の楚漢戦争時代のお話はこれでおしまいにゃ。

じかいもまたはじさんでお会いしましょう。

それじゃ~またにゃ」

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?

関連記事:【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ…
  2. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  3. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  4. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?…
  5. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  6. 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた
  7. 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大…
  8. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  2. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  3. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  4. 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【10/16〜10/22】
  6. 孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして? 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった! 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師

おすすめ記事

  1. 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗
  2. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  3. 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。
  4. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ
  5. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る
  6. 【キングダム予想】公孫龍将軍が最大の壁になる?実は防戦のスペシャリスト
  7. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP