架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!

この記事の所要時間: 625




曹操 魏王

 

「許田打囲」とは?…

曹操(そうそう)献帝(けんてい)とその臣下たちと狩りに出かけたとき、

自分に不満を持つ者たちをあぶり出すために、わざと献帝の弓を取り上げて獲物を射て、

献帝に向けられた臣下たちの万歳を遮って自分が受けたことを言います。

『三国志演義』の創作部分です。

 

関羽 大暴れ

 

→これを見た関羽は、曹操の無礼さに激怒し、曹操を切り捨てようとしましたが、

劉備が止めたので実行されることはありませんでした(もちろん、この部分も『演義』の創作)

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




これに対する総評

関羽神様

 

さて、このシーンについての毛宗崗本『三国志演義』の第二十回「曹阿滿 許田に打囲す」の総評では、

関羽(かんう)が曹操を殺そうとしたのは、人臣として大義を明らかにするものである。

劉備が殺そうとしなかったのは、君父のための謀は万全でなければならないからである。

君側の悪を除くことは最も難しい。

前後左右、みなその腹心爪牙であるため、

これを殺せば我が身に禍が及ぶだけでなく、君父に及ぶ可能性がある

 

と述べられています。

つまり、関羽の行動が人臣としての大義ではあるが、劉備の判断が正しいとされているのです。

その典拠とされているのが、関羽を止める劉備のセリフの中に出てくる「投鼠、器を忌る」です。

これは、『漢書』賈ギ伝を典拠とする俚諺であり、君側の奸を除こうとして、その混乱により、

君主を傷つけることを恐れる喩えのことです。

この場面だけであれば、この俚諺によって関羽と劉備それぞれの行動が正当化されます。




「義釈曹操」

曹操を逃す関羽

 

「義釈曹操」とは?…

赤壁から敗走する曹操を華容道で待ち受けていた関羽が、

意図的に曹操を見逃す場面。『演義』の作り話。

 

この場面の生む矛盾

曹操 関羽LOVE

 

関羽は、許田では「今日あの国賊を殺しておかなければ、のち必ず悪事を働きましょう」

と言っておきながら、華容道では、その国賊を故意に見逃すことになります。

すると毛宗崗本は、許田では関羽が曹操を殺さないということも「義」とすることになり、

曹操への対応が正反対であるこれらの二つの行為をともに

「義」と評価してしまう矛盾に陥ってしまいますよね

(ややこしいし論理ですが、頑張ってついてきてください)。

 

これに対する総評

 

 

そこで、毛宗崗は、第五十回「関雲長、義もて曹操を釈す」の総評にこう記します。

 

ある人は、関公と曹操について、なぜ、曹操を許田の時には殺そうとしたのに、

華容道では殺さなかったのか疑問であるという。

許田で曹操を殺そうとしたのは忠である。華容道で殺さなかったのは、義である。

順逆が分かたれていなければ忠をなすことはできず、

恩讐が明らかでなければ、義をなすことはできない。

関公は、忠は天をしのぎ、義は日を貫く。まことに千古のうちに一人のお方である。

 

 

と述べ、「ある人」の疑問としてこの矛盾を指摘しています。

毛宗崗も、矛盾に気づいていたんですね。

では、この矛盾に対して、毛宗崗はどう対処したのでしょうか。

 

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

関連記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

 

毛宗崗の論理

関羽 神様

 

さて、毛宗崗本は、許田での関羽の行為を「忠」とし、

華容道での行為を「義」としています。

献帝を危険にさらさないという「忠」を曹操殺害という「義」より優先権するのです。

ただし、それは、義を棄てて中心を優先したというわけではありません。

毛宗崗本が「読三国志法」の中で、「三国志(※演義のこと)はその義を述べることを目的とする」

と尊重する『春秋』は、動機主義を取ります。

少し厄介なお話になりますが、説明してみましょう。

現在の刑法でも議論のある、殺そうとして殺せなかった者と、

殺す気はなかったが殺してしまった者と、どちらの方が罪が重いのか、という問題について、

『春秋』は、圧倒的に前者の罪が重いとします。

動機が行為より優先する、動機主義を取るからです。

 

関連記事:世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

 

毛宗崗的結論

顔良と関羽

 

となれば、許田において、関羽は曹操を殺そうという動機を持っているので、既に義です。

そのうえで、献帝を危険な目に遭わせない、という忠を義よりも優先しました。

つまり、関羽は義であり忠なのです。

毛宗崗は、二つの作り話の間に生じた、曹操を殺そうとしたり、

殺さなかったりする矛盾を、関羽が忠義を備えているとの主張により、解消したのでした。

 

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

 

三国志ライター・秋斗のつぶやき

秋斗

 

書いていて思いました。

毛宗崗の言いたいことはよく分かります。

『三国志演義』が成立した頃には既に関羽は神として崇められていて、

それに合わせなければならなかったのもよく分かります。……でも。

でも、強引過ぎるやろう、と。

しかし同時に、どうせ庶民が読む『三国志演義』なのにそういった細部までこだわってしまう

毛宗崗の作者としてのプライドには、

文章を書く人間としては、少し共感してしまうところもありますね。

さて。引き続き『関羽の義』について掘っていきますよ。

どうぞ次のページに進んでくださいませ。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  2. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  3. 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  4. 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  5. 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  6. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで…
  7. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  8. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志で例えるよ】初心者でも『エドワード黒太子』が分かる。西洋史の基礎&豆知識!
  2. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法
  3. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  4. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  5. ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった!
  6. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書 はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から? 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

おすすめ記事

  1. 呂布、ナイスシュート!
  2. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  3. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  4. 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立
  5. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  6. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  7. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  8. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP