呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!




曹操 魏王

 

「許田打囲」とは?…

曹操(そうそう)献帝(けんてい)とその臣下たちと狩りに出かけたとき、

自分に不満を持つ者たちをあぶり出すために、わざと献帝の弓を取り上げて獲物を射て、

献帝に向けられた臣下たちの万歳を遮って自分が受けたことを言います。

三国志演義』の創作部分です。

 

関羽 大暴れ

 

→これを見た関羽は、曹操の無礼さに激怒し、曹操を切り捨てようとしましたが、

劉備が止めたので実行されることはありませんでした(もちろん、この部分も『演義』の創作)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




これに対する総評

関羽神様

 

さて、このシーンについての毛宗崗本『三国志演義』の第二十回「曹阿滿 許田に打囲す」の総評では、

関羽(かんう)曹操を殺そうとしたのは、人臣として大義を明らかにするものである。

劉備が殺そうとしなかったのは、君父のための謀は万全でなければならないからである。

君側の悪を除くことは最も難しい。

前後左右、みなその腹心爪牙であるため、

これを殺せば我が身に禍が及ぶだけでなく、君父に及ぶ可能性がある

 

と述べられています。

つまり、関羽の行動が人臣としての大義ではあるが、劉備の判断が正しいとされているのです。

その典拠とされているのが、関羽を止める劉備のセリフの中に出てくる「投鼠、器を忌る」です。

これは、『漢書』賈ギ伝を典拠とする俚諺であり、君側の奸を除こうとして、その混乱により、

君主を傷つけることを恐れる喩えのことです。

この場面だけであれば、この俚諺によって関羽と劉備それぞれの行動が正当化されます。




「義釈曹操」

曹操を逃す関羽

 

「義釈曹操」とは?…

赤壁から敗走する曹操を華容道で待ち受けていた関羽が、

意図的に曹操を見逃す場面。『演義』の作り話。

 

この場面の生む矛盾

曹操 関羽LOVE

 

関羽は、許田では「今日あの国賊を殺しておかなければ、のち必ず悪事を働きましょう」

と言っておきながら、華容道では、その国賊を故意に見逃すことになります。

すると毛宗崗本は、許田では関羽が曹操を殺さないということも「義」とすることになり、

曹操への対応が正反対であるこれらの二つの行為をともに

「義」と評価してしまう矛盾に陥ってしまいますよね

(ややこしいし論理ですが、頑張ってついてきてください)。

 

これに対する総評

 

 

そこで、毛宗崗は、第五十回「関雲長、義もて曹操を釈す」の総評にこう記します。

 

ある人は、関公と曹操について、なぜ、曹操を許田の時には殺そうとしたのに、

華容道では殺さなかったのか疑問であるという。

許田で曹操を殺そうとしたのは忠である。華容道で殺さなかったのは、義である。

順逆が分かたれていなければ忠をなすことはできず、

恩讐が明らかでなければ、義をなすことはできない。

関公は、忠は天をしのぎ、義は日を貫く。まことに千古のうちに一人のお方である。

 

 

と述べ、「ある人」の疑問としてこの矛盾を指摘しています。

毛宗崗も、矛盾に気づいていたんですね。

では、この矛盾に対して、毛宗崗はどう対処したのでしょうか。

 

関連記事:あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?

関連記事:何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの?

 

毛宗崗の論理

関羽 神様

 

さて、毛宗崗本は、許田での関羽の行為を「忠」とし、

華容道での行為を「義」としています。

献帝を危険にさらさないという「忠」を曹操殺害という「義」より優先権するのです。

ただし、それは、義を棄てて中心を優先したというわけではありません。

毛宗崗本が「読三国志法」の中で、「三国志(※演義のこと)はその義を述べることを目的とする」

と尊重する『春秋』は、動機主義を取ります。

少し厄介なお話になりますが、説明してみましょう。

現在の刑法でも議論のある、殺そうとして殺せなかった者と、

殺す気はなかったが殺してしまった者と、どちらの方が罪が重いのか、という問題について、

『春秋』は、圧倒的に前者の罪が重いとします。

動機が行為より優先する、動機主義を取るからです。

 

関連記事:世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

関連記事:決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選

 

毛宗崗的結論

顔良と関羽

 

となれば、許田において、関羽は曹操を殺そうという動機を持っているので、既に義です。

そのうえで、献帝を危険な目に遭わせない、という忠を義よりも優先しました。

つまり、関羽は義であり忠なのです。

毛宗崗は、二つの作り話の間に生じた、曹操を殺そうとしたり、

殺さなかったりする矛盾を、関羽が忠義を備えているとの主張により、解消したのでした。

 

関連記事:ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

関連記事:蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!?

 

三国志ライター・秋斗のつぶやき

秋斗

 

書いていて思いました。

毛宗崗の言いたいことはよく分かります。

三国志演義』が成立した頃には既に関羽は神として崇められていて、

それに合わせなければならなかったのもよく分かります。……でも。

でも、強引過ぎるやろう、と。

しかし同時に、どうせ庶民が読む『三国志演義』なのにそういった細部までこだわってしまう

毛宗崗の作者としてのプライドには、

文章を書く人間としては、少し共感してしまうところもありますね。

さて。引き続き『関羽の義』について掘っていきますよ。

どうぞ次のページに進んでくださいませ。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 西遊記 孫悟空 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁…
  2. 袁紹と曹操 袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介
  3. 蒋琬 蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!?
  4. 三国志に出てくる海賊達と甘寧 【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦
  5. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  6. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?
  7. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??
  8. 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム45
  2. 小松帯刀
  3. 孔明
  4. 呂布に暗殺される董卓
  5. 沖縄そばを食べる関羽
  6. 西夏の旗の兵士

おすすめ記事

  1. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? 孔明による出師の表
  2. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 凌統
  3. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  4. 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  5. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大天
  6. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?

三國志雑学

  1. 呂布と劉備
  2. 人望のある劉備
  3. 劉璋(りゅうしょう)
  4. 曹仁
  5. 過労死する諸葛孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙雲子龍
  2. 2つの持論を展開する費禕
  3. はじめての三国志編集長kawauso
  4. 荀攸と曹操
  5. 孔明

おすすめ記事

燃える本能寺 明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか? 曹丕 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫 嬴政(始皇帝) 史実の嬴政(秦始皇帝)は漫画と違い大量虐殺を行った暴君だった 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進む! 馬超と韓遂 【衝撃】馬超は漢語が出来なかった?韓遂との不仲の原因を考える 玄宗皇帝 杜牧が詠ったIF三国志「もしも曹操が赤壁で勝ったら」 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ 橋本左内には写真が存在するの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP