キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用コンテンツです。

 

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

理想的な君臣の出会いと評される、劉備(りゅうび)

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の三顧の礼の逸話。

天才的な才能を持つ、若い軍師と、知名度はあるけど、補佐に恵まれない

将軍の出会いは三国志の名シーンです。

しかし、孔明の神算鬼謀は、残念ながら三国志演義の演出でしかありません。

そうであれば、山奥に引きこもる、孔明のどこに劉備は惹かれたのでしょう?




三国志演義を排除して見えてくる劉備の深慮遠謀

徐庶と出会う劉備

 

三国志演義の視点に立つと、劉備が孔明を得ようとした理由は

とても簡単で、ハッキリしています。

曹仁(そうじん)夏侯惇(かこうとん)の軍勢を計略で瞬殺した

徐庶(じょしょ)が劉備の元を去る時に、

「自分よりも凄い天才軍師がいるから安心して」と

友人である孔明を紹介したからです。

 

つまり、孔明さえ得れば、曹操(そうそう)なんか余裕で瞬殺だから、

劉備は、孔明をスカウトするんだな、と読者は誰でも分かります。

孔明は演義においては、リーサルウェポンだからです。

 

孔明

 

しかし、現実の孔明は、演義のような派手な戦勝を重ねたりはしません。

ならば、どうして劉備は、わざわざ自ら、隆中(りゅうちゅう)の山奥に

自分より20歳は年下の孔明を三度も尋ねるという面倒臭い事をしたのでしょうか?




ただのニートでは無かった、孔明の背後の華麗なる人脈

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

孔明は、隆中(りゅうちゅう)で田畑を耕して晴耕雨読する事、

17歳から27歳までの10年の長きに及びました。

 

いかにも、長閑な隠居生活に思えますが、トラクターも何もない古代です。

弟の諸葛均(しょかつ・きん)と、何名かの下僕程度で、

余暇に本を読める悠々自適な生活なんか出来たのでしょうか?

 

10年の間には、豊作も不作もあったと思いますし、

孔明が本当に農業だけで、自活できたか疑問なのです。

そこで、調べてみると孔明を中心に連なる、

驚くべき華麗な人脈が浮かんできます。

 

孔明の嫁、妹、着々と築かれる人脈

諸葛瑾

 

孔明の父は、諸葛珪(しょかつ・けい)といい、章氏という妻との間に、

諸葛瑾(しょかつ・きん)、亮、均、そして、娘を儲けたとされています。

父の珪は、元々は、荊州の人間ではなく、琅邪(ろうや)国の隣の太山郡の丞でした。

丞(じょう)は郡太守の補佐ですが、都には遠く、お世辞にも高い地位とは言えません。

 

諸葛珪は、寿命には恵まれず、孔明が幼い頃に死去し、

以後、孔明は、その頃の習わしに従い、叔父の諸葛玄(しょかつ・げん)に率いられて、

太山郡から、陽都(ようと)、陽都から、南昌(なんしょう)と南下していきます。

そして、最後に落ち着いたのが、荊州の襄陽(じょうよう)でした。

 

因みに孔明より7歳年長の諸葛瑾は、

諸葛玄の元から離れて自立し別行動を取っています。

 

ここで、落ち着いた孔明は、ようやく好きな勉学に力を入れますが、

孔明17歳の時に、一族を庇護(ひご)してくれた諸葛玄も亡くなります。

病死説も戦死説もありますが、本筋に関係ないので詳しく触れません。

 

しかし、玄の遺産は残されていたので、孔明や、均(きん)は、

すぐに喰うに困るというような事はありませんでした。

 

さらに諸葛玄は、さりげなく孔明の今後を案じて、手を打っていました。

孔明の姉(或いは妹)を襄陽の名士、龐徳公(ほうとくこう)の息子の

龐山民(ほうさんみん)に嫁がせました。

 

龐家は資産家でしたので、孔明には、姉(或いは妹)の援助も期待でき、

贅沢が出来る身分ではありませんが、喰うに困る事は無かったのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第8部
  2. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  3. 王騎の矛はどういう武器なの?矛と槍との違いも徹底解説!
  4. 董卓はどうしてデブになったの?真面目に考察してみた
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  6. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  7. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり…
  8. 世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志

おすすめ記事

  1. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  2. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  3. 経営者こそ『論語』を学ぶべき!その理由とは…? 孔子と儒教
  4. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  5. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  6. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 周瑜はナルシスト
  3. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた! 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!? 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 時空を超える関羽、琉球の民話に登場 はじめての三国志編集長 kawauso 【祝】はじめての三国志TVチャンネル登録者5000人突破 三国志で人気の陸遜の経歴を振り返ってみよう! 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】

おすすめ記事

  1. 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚してた?
  2. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた
  3. 程普(ていふ)ってどんな人?孫家三代に仕え、数々の戦を戦った孫呉の重鎮
  4. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  5. 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら
  6. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力
  7. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  8. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP