朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!

この記事の所要時間: 157




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用コンテンツです。

 

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

理想的な君臣の出会いと評される、劉備(りゅうび)

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の三顧の礼の逸話。

天才的な才能を持つ、若い軍師と、知名度はあるけど、補佐に恵まれない

将軍の出会いは三国志の名シーンです。

しかし、孔明の神算鬼謀は、残念ながら三国志演義の演出でしかありません。

そうであれば、山奥に引きこもる、孔明のどこに劉備は惹かれたのでしょう?




三国志演義を排除して見えてくる劉備の深慮遠謀

徐庶と出会う劉備

 

三国志演義の視点に立つと、劉備が孔明を得ようとした理由は

とても簡単で、ハッキリしています。

曹仁(そうじん)夏侯惇(かこうとん)の軍勢を計略で瞬殺した

徐庶(じょしょ)が劉備の元を去る時に、

「自分よりも凄い天才軍師がいるから安心して」と

友人である孔明を紹介したからです。

 

つまり、孔明さえ得れば、曹操(そうそう)なんか余裕で瞬殺だから、

劉備は、孔明をスカウトするんだな、と読者は誰でも分かります。

孔明は演義においては、リーサルウェポンだからです。

 

孔明

 

しかし、現実の孔明は、演義のような派手な戦勝を重ねたりはしません。

ならば、どうして劉備は、わざわざ自ら、隆中(りゅうちゅう)の山奥に

自分より20歳は年下の孔明を三度も尋ねるという面倒臭い事をしたのでしょうか?




ただのニートでは無かった、孔明の背後の華麗なる人脈

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

孔明は、隆中(りゅうちゅう)で田畑を耕して晴耕雨読する事、

17歳から27歳までの10年の長きに及びました。

 

いかにも、長閑な隠居生活に思えますが、トラクターも何もない古代です。

弟の諸葛均(しょかつ・きん)と、何名かの下僕程度で、

余暇に本を読める悠々自適な生活なんか出来たのでしょうか?

 

10年の間には、豊作も不作もあったと思いますし、

孔明が本当に農業だけで、自活できたか疑問なのです。

そこで、調べてみると孔明を中心に連なる、

驚くべき華麗な人脈が浮かんできます。

 

孔明の嫁、妹、着々と築かれる人脈

諸葛瑾

 

孔明の父は、諸葛珪(しょかつ・けい)といい、章氏という妻との間に、

諸葛瑾(しょかつ・きん)、亮、均、そして、娘を儲けたとされています。

父の珪は、元々は、荊州の人間ではなく、琅邪(ろうや)国の隣の太山郡の丞でした。

丞(じょう)は郡太守の補佐ですが、都には遠く、お世辞にも高い地位とは言えません。

 

諸葛珪は、寿命には恵まれず、孔明が幼い頃に死去し、

以後、孔明は、その頃の習わしに従い、叔父の諸葛玄(しょかつ・げん)に率いられて、

太山郡から、陽都(ようと)、陽都から、南昌(なんしょう)と南下していきます。

そして、最後に落ち着いたのが、荊州の襄陽(じょうよう)でした。

 

因みに孔明より7歳年長の諸葛瑾は、

諸葛玄の元から離れて自立し別行動を取っています。

 

ここで、落ち着いた孔明は、ようやく好きな勉学に力を入れますが、

孔明17歳の時に、一族を庇護(ひご)してくれた諸葛玄も亡くなります。

病死説も戦死説もありますが、本筋に関係ないので詳しく触れません。

 

しかし、玄の遺産は残されていたので、孔明や、均(きん)は、

すぐに喰うに困るというような事はありませんでした。

 

さらに諸葛玄は、さりげなく孔明の今後を案じて、手を打っていました。

孔明の姉(或いは妹)を襄陽の名士、龐徳公(ほうとくこう)の息子の

龐山民(ほうさんみん)に嫁がせました。

 

龐家は資産家でしたので、孔明には、姉(或いは妹)の援助も期待でき、

贅沢が出来る身分ではありませんが、喰うに困る事は無かったのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  2. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  3. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  4. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  5. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  6. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  7. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め…
  8. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  2. 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了
  3. 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末
  4. 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー
  5. キングダムの時代に開花した法家の思想
  6. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏 始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】
  2. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ)
  3. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  4. 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明
  5. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  6. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  7. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物
  8. 卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP