編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師

この記事の所要時間: 348




李儒と董卓

 

董卓(とうたく)の知恵袋と呼ばれる李儒(りじゅ)ですが、

大きく取り上げられているのは三国志演義だけです。

それも政略面での進言が多く、軍事面・こと戦場においての活躍はほとんど見られません。

仮に李儒が董卓の軍師であり、董卓軍の戦歴に貢献していたとすると想像は膨らみます。

 

李儒と三国志

 

今回は李儒がどれくらい凄かったのか、想像してみましょう。

果たして名軍師と呼ばれる諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)や、

「軍師連盟」の主役である司馬懿(しばい)と肩を並べるような活躍ができるのでしょうか。

 

関連記事:コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?

関連記事:李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師




丁原(ていげん)との戦い

騎馬兵 三国志

 

皇帝警護の任・執金吾であった丁原(ていげん)は気骨のある武人です。

騎射が得意で、配下にはその後、最強の武将として名を高めることになる呂布(りょふ)がいました。

涼州から洛陽までは気の遠くなるような距離があります。

 

 

上洛した董卓は三千の兵しか連れてこられず兵力は不足していました。

そこで、李儒は暗殺された大将軍の何進の兵を自陣に巧みに取り込みます。

なにせ董卓の背後には新帝がいましたから、自然の成り行きを装うことができました。

次は董卓勢力に抗おうとする丁原の対応です。

 

表情 呂布

 

新参兵をぶつけてみましたが、呂布に軽くあしらわれます。

呂布の武勇に目をつけた李儒は、呂布と同郷の李粛を使者に内応の約束を取り付けるのです。

主簿に過ぎなかった呂布は、主君である丁原を斬って騎都尉に出世します。

丁原の兵と呂布を味方につけて董卓の勢力は一気に大きくなりました。

 

関連記事:【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

関連記事:こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯




反董卓連合との戦い

反董卓軍010

 

西暦190年(初平元年)関東の諸侯が袁紹を盟主に立ち上がります。反董卓連合の結成です。

最前線では河内太守の王匤が黄河の河陽津に兵を集めます。本陣はさらに東の陳留です。

李儒はまずこの河陽津の兵を倒すことを進言します。

ここを潰して連合軍の意気を消沈させるのが狙いです。

伏兵を配して、逸る王匤の兵を挟撃します。

王匤の兵は壊滅し、王匤は命からがら泰山に逃げ帰りました。

本陣の袁紹(えんしょう)はこの戦いぶりをみて早期決着を危ぶみます。

対陣が長引くにつれて連合軍の結束は乱れていき、

待ちきれなくなった済北の相である鮑信が抜け駆けします。

 

%e6%9b%b9%e6%b4%aa03

 

賛同したのは曹操(そうそう)です。鮑信(ほうしん)、曹操の両軍は河南伊の滎陽郡まで突出します。

李儒は中郎将の徐栄(じょえい)に策を授けて出陣させました。

勢いに任せて突進してくる鮑信、曹操の兵に対して徐栄は李儒の策通りに伏兵を配して迎撃します。

 

%e6%9b%b9%e6%b4%aa02-%e6%9b%b9%e6%b4%aa%e3%80%81%e6%9b%b9%e6%93%8d

 

鮑信と曹操は完全に受け身になり、かつ背後の汴水まで追い詰められます。

曹操は配下の馬を借りて逃げ回り、鮑信は弟を討ち取られます。またも連合軍は敗戦するのです。

 

関連記事:あれほど豪華なメンツが揃っていた反董卓連合軍が董卓に負けた理由

関連記事:【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?

 

遷都強行

李儒

 

王匤、鮑信、曹操の兵を倒しましたが、連合軍の本隊は健在です。

それに対して洛陽を守るために董卓の軍は東西に大きく伸びていました。

董卓軍にとっては不利な地理ではあったのです。

ここで李儒は革新的な進言をします。

皇帝となった献帝の身柄ともども都を西の長安に移すというものです。

移動距離にして約400㎞。

 

ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

 

洛陽にある財宝はもちろんのこと、兵糧から住民に至るまですべてを移すという広大な計画です。

三国志では有名な「長安遷都」になります。

これを連合軍に気づかれずに李儒はやり遂げたのです。

連合軍が気が付いたのは燃えさかる洛陽の都の炎を見たときでした。

時すでに遅し。すべては遥か西方に消え去っていました。

兵糧に問題のあった連合軍はこれより先に兵站を伸ばせずに膠着します。

李儒の目論見は見事に当たり、連合軍はこれより1年の間に瓦解するのでした。

 

関連記事:【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

と、まあ、董卓軍の成功事例をすべて李儒の献策ということで取り上げてみました。

こうしてみるとなかなかの活躍ぶりです。名軍師と呼んでも過言ではありません。

あと取り上げるとすると、あの「連環の計」くらいなものでしょうか。

 

貂蝉 董卓 呂布

 

司徒の王允(おういん)が呂布と董卓の間に離間の策を仕掛けるものです。

李儒は危険視するも見破れずに董卓は暗殺されます。

三国志演義では同時に李儒も刑死することになりますが、

後漢紀によると連座は免れており、李傕によって復職しています。

本当に李儒は王允の策を見抜けなかったのでしょうか?

何らかの理由で李儒が王允に手を貸していたとすると、

連環の計すらも李儒の手柄ということになりますが、さすがにこれは飛躍しすぎですね。

今回は史実に沿って李儒の活躍を想像してみましたが、いかがだったでしょうか。

まったくあり得ない。とはいえないところが歴史の面白いところです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

関連記事:極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  2. 字で考える三国志 「字(あざな)」について詳しく解説
  3. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(…
  4. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…
  5. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  6. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だ…
  7. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  8. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】
  2. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  3. よりぶりんって、何者?
  4. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  5. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  6. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは? 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの? くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違うのだよザクとは…

おすすめ記事

  1. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  2. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  3. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  4. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  5. 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  6. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座
  7. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)
  8. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP