朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった

この記事の所要時間: 246




始皇帝 キングダム

 

秦の始皇帝の死後民衆達や滅ぼされた六国の王の子孫達が反乱を行ったことがきっかけで、

秦は滅亡してしまいます。

 

張良㈭ 広武山決戦編03 劉邦と項羽

 

そして中国は群雄割拠の時代に突入することになるのですが、

劉邦(りゅうほう)項羽(こうう)が頭角をあらわし、

このふたりのどちらか勝った方が天下を握ることになります。

劉邦のライバルであった項羽は非常に戦が強い人でしたが物事に飽きっぽい性格でした。

しかし気概の高さは尋常ではなかったようです。

今回は項羽の性格である飽きっぽさと気概の高さについてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




項羽の飽きっぽい性格:幼少期からすぐに飽きてしまう性格

項羽と鍾離昧

 

学問をおろそかにしていれば戦で活躍することはできないんじゃない。

だって戦は頭を使うから・・・・。

と思っている人は多いと思います。

しかし項羽は勉学を身につけることはしませんでした。

項羽の叔父である項梁(こうりょう)は彼を幼少期から面倒を見ておりました。

そのため彼が少年になったとき学問を学ばせます。

だが項羽はすぐに学問に飽きてしまいます。

そこで項梁は剣術ならしっかりと身につけることができるであろうと考えて、

項羽に剣術の先生を付けて学ばせることにします。

だが項羽はある程度の剣術の技術を身につけると剣術を学ばなくなってしまいます。

項梁はせっかく家庭教師をつけてあげたのにすぐに放り出してしまう項羽に激怒し

「お前いくら飽きっぽいからといってすぐに放り出すのはよくないだろう」と叱責。

項羽は項梁の叱責に対して「勉強は自分の名前さえかければ十分で、

剣術は一人を仕留めるだけの技術です。

私が一番学びたいのは数千・数万を倒す技を磨いていきたいのです。」と述べます。

このことを知った項梁は項羽の願いである兵法家を家庭教師の先生に付けます。

項羽はすぐに兵法にのめり込んでいき、色々なものを吸収していきますが

兵法もすぐに飽きてしまって学ぶことをやめてしまいます。

 

関連記事:【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽

関連記事:項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察】




項羽の気概の高さがやばい!!

項羽

 

秦の始皇帝は天下統一後幾度も天下を見て回っておりました。

項羽と叔父項梁が住んでいた会稽(かいけい)にも始皇帝は旅行をしにきます。

この時ふたりは遠くからですが始皇帝の姿を見ておりました。

項羽は始皇帝の姿を見たときに「俺はあいつより偉くなってみせる」と

周りに聞こえる声でつぶやきます。

項羽の独り言を聞いた項梁は急いで彼の口を塞いで「バカ野郎。

バレた一族全員皆殺しになってしまうぞ。滅多なことを口にするな」と激怒。

しかし項羽の気概が物凄く高いことを知った項梁は彼に一目置くことになります。

 

関連記事:范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師

関連記事:【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は項羽の性格と気概の高さをご紹介しました。

幼少期から飽きっぽい性格であったから後年劉邦と天下を争うことになった時に

城攻めがあまり上手くなかったことが

この飽きっぽい性格に起因することになるのではないのでしょうか。

また気概の高さについては当時項羽のように向こう見ずにこのような発言をしているのは

あまり多くはありません。

彼のようなことを口走った人物は、

彼のライバルとして立ちふさがって漢帝国を作った初代皇帝である高祖・劉邦です。

劉邦も一度始皇帝を見たことがあったそうで、その時彼も項羽のような言葉を口走っております。

この時は周りに大勢居ないところで口走っただけなので大事にいたりませんでしたが、

気概の高い人物はこのように自分の気持ちを口走ってしまう傾向にあるのでしょうか。

 

参考文献 司馬遷史記 和田武司・山谷弘之訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:国士無双の韓信が滅びるきっかけを作ったのは劉邦のせいだった?

関連記事:【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おん…
  2. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  3. 若き日の曹操の優れた危機察知能力と後漢王朝への忠義心
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  5. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲…
  6. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をて…
  7. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけ…
  8. 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孔明の北伐の目標はどこだったの?
  2. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  3. 【新企画予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』9月23日(土)から連載開始!
  4. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?
  5. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  6. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【8/28〜9/3】 大富豪と国獲り要素を併せ持つ新感覚iPhone向けアプリ『三国大富豪大戦』をAppStoreにて配信をスタート そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる! キングダム 532話 ネタバレ予想:信の刃

おすすめ記事

  1. 史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?
  2. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  3. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  4. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  5. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  6. 3連休に三国志の美少女たちを放置プレイしない?三国志系ゲーム『放置少女』
  7. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  8. 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP